新型コロナの「ワクチンパスポート」は今どうなっているのか?オフィスワーク再開に役立つ「ワクチンパスポート」の今【前編】

COVID-19の流行が収まらない中、企業がオフィスでの業務再開を進める上で役立つのが「ワクチンパスポート」だ。国やベンダー、医療機関は、ワクチンパスポートにどう取り組んでいるのか。動向を追う。

2021年07月28日 05時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

 「オフィスワークを再開するために、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の『ワクチンパスポート』(ワクチン接種証明書)を活用しようと考えている企業は、データ管理の課題に全部門総出で取り組む必要がある」。そう語るのは、調査会社Forrester Researchのプリンシパルアナリストであるハイディ・シェイ氏だ。

 シェイ氏は2021年3月に同社が発表した、ワクチンパスポートに関する報告書「The Opportunity, the Unknowns, and the Risks of Vaccine Passports in the Workplace」を共同執筆した。ワクチンパスポートの活用を始める企業は、議論のための社内委員会を発足させることが必要だとシェイ氏は指摘。社内委員会にはIT、セキュリティ、人事、個人情報保護、法務、リスク管理など、あらゆる部門の代表が参加すべきだと主張する。

知っておきたい「ワクチンパスポート」を取り巻く動き

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...