2021年07月28日 05時00分 公開
特集/連載

Apple製デバイス管理の「Jamf」と「Fleetsmith」の違い 後悔しない選択肢は?「macOS」搭載デバイス管理の選択肢【前編】

「Jamf」と「Fleetsmith」はどちらも主要なApple製デバイスの管理ツールだ。「Mac」や「iPhone」などのデバイスを導入する企業に、より適した選択肢とは。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 「Jamf」と「Fleetsmith」は、どちらもAppleの「macOS」搭載デバイスの管理ツールだ。「Mac」などのApple製デバイスを導入している企業の管理者は、これら2つのツールの違いを知っておくとよい。

 Jamfは古くからあり、機能が豊富だ。一方のFleetsmithは設計が合理的で使いやすさに配慮している。以前はこの2つの管理ツールのいずれかを選ぶ方法は簡単だった。デバイス管理に関する、より包括的な機能を求める大規模な組織はJamfを選び、シンプルさを求める小さな組織はFleetsmithを選ぶ傾向があった。

 2020年6月にAppleがFleetsmithを提供していたFleetsmith社を買収したことで、この法則が崩れた。その結果、どちらのツールを選択すればいいのか分かりにくくなってしまった。

 AppleがFleetsmith社を買収したことで、長期的にどちらのツールがより長く存在するのかを考えるのが難しくなった。AppleはFleetsmithを変えるのだろうか。それによってApple製デバイス管理の性質が変わる可能性はあるだろうか。Jamfをはじめとするサードパーティー製ツールが脇役に追いやられることはないだろうか。

 残念ながら、ほとんどの企業はこうした疑問に対する答えをのんびり待っている時間はなく、現在得られる情報に基づいて決断を下さなければならない。

「Jamf」とは何か、何ができるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...