Appleの「Tap to Pay」が「Square」の脅威に? 投資家が混乱の訳iPhoneを「手放せない道具」に変えるAppleの戦略【後編】

Appleが「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」を発表した後、市場では「Block(旧Square)の脅威になるのではないか」との反応が広がった。それはなぜなのか。

2022年03月25日 10時15分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | 金融


 Appleが発表した「Tap to Pay」は、スマートフォン「iPhone」を決済端末に変える機能だ。調査会社TECHnalysis Researchのプリンシパルアナリストであるボブ・オドネル氏によると、AppleによるTap to Payの発表直後、投資家の間で一時的に混乱が広がった。モバイルデバイスを使ったPOS(販売時点情報管理)や決済サービスを手掛けるBlock(旧Square)にとって脅威になるのではないかという臆測が広がったという。

「Tap to Pay」が「Squareの脅威になる」と投資家が考えた訳

 「投資家の反応は、Tap to Payの機能に関する混乱が原因だった可能性がある」。オドネル氏はこう指摘する。

 Tap to Payの発表当初には「Appleが決済の一連のプロセスを担うようになり、そのためにBlockなどの関連ベンダーが打撃を受けるといううわさが広がっていた」とオドネル氏は説明する。実際のTap to Payは、POSをはじめとする決済アプリケーションにトランザクション(取引)データを渡す役割を果たす。

 AppleはTap to Pay普及のために、決済アプリケーションの開発者や決済ネットワークと協力する考えだ。「あらゆる規模の事業社が、非接触型決済をシームレスに受け付けられるようになること、そして事業成長を続けることを、今まで以上に容易にする」。AppleでApple Payおよびデジタルウォレットの「Apple Wallet」を担当するバイスプレジデント、ジェニファー・ベイリー氏はこう述べる。

 iPhoneはコミュニケーション、エンターテインメント、仕事、買い物などに役立つ機能を備えており、Tap to Payもこうした機能の一翼を担うことになる。これらの機能は、最上位モデルで1000ドル以上もするiPhoneを「『より多くの場面で、より生産的で役に立つものにする』というシンプルな戦略を体現するものだ」とオドネル氏は指摘する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。