テレワークしたいITエンジニアが「原則出社」を受け入れる“あの条件”とは?ITエンジニアの給与・採用事情【後編】

テレワークが当たり前になる中、ITエンジニアがあえてオフィスワークを選ぶ理由はあるのか。あるとすれば、それは何なのか。採用市場を分析したレポートから探る。

2022年11月16日 08時15分 公開
[Clare McDonaldTechTarget]

関連キーワード

ERP | プログラマー | 在宅勤務


 転職支援サービスを手掛けるHiredは、2019年1月から2022年6月までに同社が仲介した90万7000件以上のITエンジニアの面接を分析した。その結果を基に同社がまとめたレポートから、ITエンジニアの採用市場の動向を読み解く。

テレワーカーでも原則出社を受け入れる“あの条件”

 特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行以降、テレワークの需要が高まっている。それだけではなく、テレワーカーの給与が伸びていることを調査書は示唆する。テレワークのみの職を探している求職者は、2021年6月の13%から2022年6月には32%に増加した。

 テレワーカーの平均給与は米国、英国、カナダで2022年、過去最高の16万2000ドルとなった。英国では2022年、テレワークのみのITエンジニアの平均給与は7万9345ポンドで、2021年の7万3146ポンド、2020年の6万8651ポンドから上昇している。

 給与がテレワーカーにとって魅力的であることを示す、ある数値がある。完全または部分的なテレワークをしている回答者の33%は、「給与が増えれば完全な対面業務に切り替える用意がある」と答えた。一方で「自由な働き方」は、2021年から2022年にかけて求職者が求める待遇の筆頭だった。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...