「GIF」の本当の読み方は“ジフ”なのか、それとも“ギフ”なのか?読み方を間違えやすいIT用語9選【第4回】

どう読めばよいのか、開発者を悩ませる専門用語の一つが画像フォーマット「GIF」だ。GIFの読み方には“派閥”がある。正解はあるのか。

2023年02月03日 10時15分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

関連キーワード

プログラマー | プログラミング


 世の中にあるさまざまな開発者向け専門用語のうち、読み方が分かりづらい用語とその読み方を解説する本連載。第4回となる本稿は9つ目を取り上げる。

用語9.GIF

 画像フォーマット「GIF」は「Graphics Interchange Format」(グラフィックス交換フォーマット)の略だ。広く使われているとともに、“間違った”読み方も定着している。

 GIFを「ギフ」と読む人もいれば、「ジフ」と読む人もいる。GIFを開発したスティーブ・ウィルハイト氏によれば、正しい読み方は「ジフ」だ。だが「G」は「graphics」(グラフィックス)のGだから「ギフ」と読むべきだ、と主張する人もいる。

 双方の言い分は平行線で終わりが見えない。どちらの発音も可とし、好きな方で呼べばよい。

正しい読み方よりも大切なこと

 聞き慣れない専門用語や略語に遭遇すると、正しい読み方が分からなくなる場合がある。本連載で説明したIT用語について、私が常に正しく発音できているとは言えない。私の発音はカナダ英語の発音であり、世界の他の地域では正解が異なる可能性がある。

 重要なのは、互いの言葉がきちんと通じることだ。IT用語の発音を間違えたり、正しい言い方を誰かに尋ねたりすることは、大した問題にならない。発音が分からなくても気に病まなくてよい。オンライン学習サイト「Udemy」(ユーデミー)の発音を間違えたからといって、「dummy」(ダミー=ばか)と呼ばれることはないはずだ。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...