「GIF」の本当の読み方は“ジフ”なのか、それとも“ギフ”なのか?読み方を間違えやすいIT用語9選【第4回】

どう読めばよいのか、開発者を悩ませる専門用語の一つが画像フォーマット「GIF」だ。GIFの読み方には“派閥”がある。正解はあるのか。

2023年02月03日 10時15分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

関連キーワード

プログラマー | プログラミング


 世の中にあるさまざまな開発者向け専門用語のうち、読み方が分かりづらい用語とその読み方を解説する本連載。第4回となる本稿は9つ目を取り上げる。

用語9.GIF

 画像フォーマット「GIF」は「Graphics Interchange Format」(グラフィックス交換フォーマット)の略だ。広く使われているとともに、“間違った”読み方も定着している。

 GIFを「ギフ」と読む人もいれば、「ジフ」と読む人もいる。GIFを開発したスティーブ・ウィルハイト氏によれば、正しい読み方は「ジフ」だ。だが「G」は「graphics」(グラフィックス)のGだから「ギフ」と読むべきだ、と主張する人もいる。

 双方の言い分は平行線で終わりが見えない。どちらの発音も可とし、好きな方で呼べばよい。

正しい読み方よりも大切なこと

 聞き慣れない専門用語や略語に遭遇すると、正しい読み方が分からなくなる場合がある。本連載で説明したIT用語について、私が常に正しく発音できているとは言えない。私の発音はカナダ英語の発音であり、世界の他の地域では正解が異なる可能性がある。

 重要なのは、互いの言葉がきちんと通じることだ。IT用語の発音を間違えたり、正しい言い方を誰かに尋ねたりすることは、大した問題にならない。発音が分からなくても気に病まなくてよい。オンライン学習サイト「Udemy」(ユーデミー)の発音を間違えたからといって、「dummy」(ダミー=ばか)と呼ばれることはないはずだ。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...