TechTargetジャパン

提供:東日本電信電話株式会社
「クラウドインフラ」アンケート結果:IaaS/PaaSの用途から課題まで徹底調査
キーマンズネットは、読者を対象にクラウドインフラに関する調査を実施した。本レポートでは、クラウドの利用傾向や導入目的、分野ごとの課題などをまとめている。(2017/3/23)

ユーザー企業はコード開発に集中
IaaS、PaaSとはどう違う? 「サーバレスコンピューティング」の特徴とは
サーバレスコンピューティングによって、開発者はプロビジョニングや管理の作業から解放されるかもしれない。本稿は、サーバレスコンピューティングと、IaaS、PaaSの違いを紹介する。(2017/3/17)

アメックスからのスピンオフ企業がiPaaSを導入
クラウドファーストの切り札か? 年商2兆円企業もほれ込んだ「iPaaS」の実力
American Expressから分離独立したビジネストラベル会社が、クラウドファースト戦略の推進に当たって「iPaaS」を採用した。そのいきさつや選定の背景を探る。(2017/3/16)

ガートナーの提言
自社に適した「賢いPaaS選択」 どれを選べばいいの?
多くのベンダーがPaaSを提供している中で、自社が選択すべきPaaSはどれなのか。PaaSの種類やアーキテクチャの違い、サービス選択のポイントを紹介する。(2016/3/30)

IT部門もアジャイル、DevOpsで行こう【第3回】
Dockerが提唱する“Container as a Service”とは、早い話がPaaSである
DockerとPaaSは、DevOpsを支援する技術として相反するもののように見えるが、実際は対立関係ではなく協力関係にある。具体的にどういうことか。両者の仕組みを図で解説する。(2016/3/24)

IT部門もアジャイル、DevOpsで行こう【第2回】
アプリケーションの開発と運用を加速するDockerとPaaS、両者の違いは?
コンテナ技術の活用で注目を集めるDockerと、運用に必要な環境をサービスとして提供するPaaS。どちらもDevOpsの推進に適した仕組みだ。この2つはどう違い、どのように使い分けるべきなのだろうか。(2016/2/26)

「Pivotal ジャパン サミット 2015」リポート
ヤフー、“開発効率10倍”を目標にPaaS利用に本腰
今、開発効率の向上は企業にとって大きな関心だ。ヤフーはそのためにPaaS利用に乗り出す。Pivotalジャパンが2015年12月に開催した「Pivotalジャパンサミット 2015」の講演から狙いを探る。(2015/12/14)

Elementalの買収額は3億3000万〜5億ドルと予想
AWSはPaaSの会社へ、大型買収で加速するAWSのモバイル開発
米Amazon Web Servicesが米Elemental Technologiesを買収した。これはモバイルアプリ開発用のプラットフォームの強化を目指す同社にとって、過去最大規模の買収となった。(2015/10/1)

従来型仮想マシンの脅威となる存在
進撃の「Docker」はPaaSプロバイダーをなぎ倒すのか
米DockerとPaaSプロバイダーが提供する機能は似ている。そのため、コンテナプラットフォームはPaaSの代替となり得る。だとすると、DockerはPaaSに完全に取って代わるのだろうか。(2015/8/10)

新規参入相次ぐ
次の注目市場「IoT PaaS」とは? ウオッチすべき4社の名前
「モノのインターネット」(IoT)がその潜在能力を発揮するには、クラウドプラットフォームの構成要素が整っていることが条件となる。IoT PaaS市場に最近参入したベンダー4社から、IoTの活性化に役立つ選択肢を探る。(2015/4/19)

ガートナー 飯島氏が見据えるPaaSの現在【後編】
変わる企業アプリケーションの境界――どのPaaSを選ぶかよりも大切なこと
企業がPaaSを選ぶ際に持つべき視点とは。Salesforceのようなプロプライエタリか、Cloud FoundryやBluemixのようにオープンソースか、はたまた――? これからの企業アプリケーションの在り方を取材した。(2015/4/3)

ガートナー 飯島氏が見据えるPaaSの現在【前編】
PaaS注目の裏側には何が? 変わりつつある“アプリケーション”の意味
アプリケーションという企業活動を支える重要なパーツは今、大きな変革のときにある。その変化をドライブする役割を果たすPaaSの現状についてガートナーの飯島氏に聞いた。(2015/4/2)

「AWS Lambda」「Amazon EC2 Container Service」から分かること
「IaaSのAWSはもう古い」、PaaS進出で何が変わる?
AWSのIaaS導入は始まりにすぎなかった。「AWS Lambda」や「Amazon EC2 Container Service」のようなサービスが、IaaSとPaaSを次のレベルに引き上げた。(2015/3/31)

AWSの反応は?
IBMのPaaS「Bluemix」がAWSの強力なライバルになり得る理由
米IBMのIaaS「IBM SoftLayer」を使用する開発者は同社の「IBM Bluemix」プラットフォームと「Watson API」を絶賛している。だが、IBMは他の開発者の心をつかめるのだろうか。(2015/2/25)

クラウド最適化への道
AWS派? Azure派? IaaSをPaaSに移行する3つの方法
クラウドが普及するにつれて、IaaSからPaaSへの発展はごく簡単な作業であるように見える。ただしその方法は1つではない。PaaS実現への最適な道を見つけるには、本稿で紹介する3つの方法を行き来することになるだろう。(2014/12/9)

老舗ベンダーとクラウド世代ベンダーを比較
iPaaSベンダー新旧対決、主要6サービスの好評と不評
ソフトウェアテスターの筆者が主要iPaaSベンダーをレビューし、老舗企業とクラウド世代の新興企業のどちらを選ぶべきかについてアドバイスする。(2014/10/23)

Microsoft、Amazonの反応は?
IaaSとPaaSの一体提供は当然の進化? Googleがもくろむ“大胆な一手”
Googleは、IaaSとPaaSが一体化したサービス群を提供したいと考えている。市場の成熟に伴い、他の大手パブリッククラウドベンダーもこれと同じ方向で環境を丸ごと網羅しようとしてくるものとみられる。(2014/9/29)

クラウド流開発スタイルで効率アップ
DevOps環境も5クリックで構築――次世代の開発環境はPaaSで作る
開発と運用が協力し、アジャイル開発とアプリケーション基盤の運用効率向上が図れるDevOps環境。これを実現するのにPaaSの活用は有力な選択肢だ。(2014/8/27)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】クラウドインフラ(IaaS/PaaS)の利用状況に関する読者調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「クラウドインフラ(IaaS/PaaS)」についてお伺いします。(2014/8/18)

PaaSベンダー混戦模様
「PaaS」と「IaaS」の区別はつきますか? 誰も分からないクラウドの境界線
2013年にさまざまなサービスが登場し話題を呼んだPaaS。2014年は本格的にPaaSの導入が進む見通しだ。だが、SaaSやIaaSとの区別がつきにくい、まだ標準が存在しないなど普及への課題が潜む。(2014/2/5)

クラウド時代の開発製品紹介:サイボウズ編
業務を改善するノンプログラミングPaaS「kintone」を解剖する
カスタマイズ機能や基幹システムとの連携機能を搭載するなど、業務への適用範囲を拡大し続けているkintone。大企業での導入事例も増えているというkintoneのコンセプトや特徴を解説する。(2013/8/16)

見えてきたIBMのオープンクラウド戦略
PaaSにもオープンクラウド? 「TOSCA」まで押さえておこう
ベンダーロックインの問題からなかなか導入が進まなかったPaaS。だが、TOSCAというPaaSの規格に準拠することによって、これまでは困難だったアプリケーションのクラウド間移行が容易となる。(2013/6/13)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
プライベート、IaaS、ハイブリッド、PaaS――企業が本当に求めるクラウドとは?
クラウドと一言でまとめられることが多いが、実際は「プライベートクラウド」「IaaS(Infrastructure as a Service)」「ハイブリッドクラウド」「PaaS(Platform as a Service)」などに分けられる。果たして、自社に最適なクラウドとは?(2013/5/30)

NEWS
NTTデータ イントラマート、エンタープライズ向けPaaSを発表
既存のWebシステム開発/実行基盤をPaaSとして提供。他のクラウドサービスとの連携性を高めるとともに、基盤上で稼働する業務アプリケーションをパートナー企業と共同で開発・提供する。(2013/3/27)

PaaSベンダー6社ミーティング【後編】
【製品紹介】主要PaaSベンダー6社が語る 気になる料金プラン
注目のPaaSベンダー6社が一堂に会し、6社7サービスについて語った会の後編。料金プラン、今後の機能強化ポイントなどが明らかになった。(2013/2/25)

PaaSベンダー6社ミーティング【前編】
【製品紹介】主要PaaSベンダー6社が語る「うちの強みはこれだ!」
注目のPaaSベンダー6社が一堂に会し、6社7サービスの特徴やターゲットについて語ったミーティングの前編。「どんなPaaSがあるのかが分からない」「サービスの違いがよく分かない」という人は必見!(2013/2/20)

オープンクラウドの潮流【第2回】
【技術動向】主要PaaSの動きが一気に分かる、林 雅之のOpen PaaSリポート
IaaSのコモディティー化が進み、PaaS市場が活況を帯び始めている。今後、Windows Azureに代表される「Proprietary PaaS」に加え、「Open PaaS」の流れが進むだろう。(2013/1/8)

アナリストに聞く PaaS市場動向
【市場動向】2012年はPaaS元年にならず、市場拡大は2014年以降か?
「2012年はPaaS元年」という見方があった。実際の2012年の市場はどの程度拡大したのか。ITの調査会社であるIDC Japanに市場動向を訊いた。(2012/12/18)

データ保存場所や権限、ファイルシステムに注目
PaaS契約前に確認すべき3つのセキュリティ課題
PaaSの利用を検討する際、考慮すべきなのがセキュリティだ。ベンダーと契約を締結する前に検討しておきたい、PaaSの主要なセキュリティ課題を取り上げる。(2012/11/29)

クラウドがソフトウェア開発にもたらすリスク【後編】
セキュリティと財務基盤は別物? 新興PaaSベンダーにまつわる不安
PaaSベンダーとの契約では、企業としての安定性と財務基盤をめぐる懸念が妨げになる可能性がある。優れたソリューションを提供していても、新興ベンダーという理由で契約を断念する企業もあるようだ。(2012/10/19)

クラウドがソフトウェア開発にもたらすリスク【前編】
クラウドセキュリティのリスク増大を招くSaaS/PaaSの利用
パブリッククラウド上でソフトウェア開発する際も、セキュリティに関して第一義的な責任を負うのは企業自身であることを認識しなければならない。SaaS/PaaS利用の注意点を解説する。(2012/9/28)

PaaS市場を分析する【後編】
移植性と相互運用性が肝に、長く付き合えるPaaSベンダー選択の指針
長期にわたって信頼できるPaaSベンダーを選ぶにはどうすればよいのか。大手ITベンダーと小規模独立系PaaSベンダーの違いを取り上げる。(2012/9/7)

PaaS市場を分析する【前編】
パブリック vs. プライベート vs. オープン、PaaSを選ぶ基準は?
PaaSベンダーはタイプによって2種類に分類できる。既存の大手ベンダーのグループと、小規模な独立系PaaSベンダーのグループだ。また、PaaSはパブリック、プライベート、オープンの3種類に分類できる。(2012/9/3)

PaaS事業者を3つに分類
特定の言語に縛られたPaaSは時代遅れ、注目はハイブリッド型PaaS
今後、企業システムは複数のクラウドと連携し複雑化することが予想される。柔軟なクラウド基盤を構築するためには、適切なPaaSモデルを選ぶことが重要だ。ハイブリッド型PaaSは有力な選択肢となるだろう。(2012/6/27)

ヴイエムウェア vs. レッドハット
【徹底比較】2大Open Paas、Cloud FoundryとOpenShiftの強み/弱み
Cloud FoundryとOpenShiftはプロダクト展開がかなり似通っている。両者の強みと弱みを考えるには、ヴイエムウェアとレッドハット両社の強みと弱みを第一に考えなくてはならない。(2012/6/18)

「Proprietary PaaS」と「Open PaaS」の違い
オープンソースのPaaSはなぜ注目されるのか 〜Open PaaSの魅力と課題
2012年は“Open PaaS元年”として、Open PaaSを採用したクラウドサービスの登場が予想される。なぜ今Open PaaSが注目されるのか、そもそもOpen PaaSとは何か、Open PaaSの仕組み、最新動向を解説する。(2012/3/2)

9つのPaaSの違いが分かる比較表付き!
主要PaaSの機能とユーザーの開発トレンドを解説
PaaSの多くは、複数のプログラミング言語や開発フレームワークなどに対応し、料金体系も多岐にわたる。本稿では、言語やフレームワークのユーザー動向、主要PaaSの機能、料金体系のトレンドを紹介する。(2012/4/26)

PaaSを3つに分類
注目のPaaSを一挙に紹介! 〜Cloud Foundry、OpenShift、Herokuなど
Cloud FoundryやOpenShift、Herokuなど、今注目のPaaSを一挙に紹介する。主要コンポーネント、対応言語やデータベース、想定用途などをまとめた。(2012/3/21)

クラウドガバナンス座談会【前編】
2011年クラウド業界を振り返る 〜IaaSの発展、混沌としたPaaS業界の行方
2011年は日本においてIaaSが非常に発展した年だった。専門家8人が、2011年印象に残ったクラウドサービス、今後注目のPaaS、事業継続におけるクラウドの活用について語り合った。(2011/12/27)

オープンソースPaaS基盤ソフトウェア活用事例
楽天がプライベートPaaSを構築――「Cloud Foundry」を選んだ4つの理由
「世界市場で勝つには技術力も必要」という思想の下、内製主義にこだわる楽天。同社はオープンソースのPaaS基盤ソフト「Cloud Foundry」のカーネルで、自前の“プライベートPaaS”を構築。その取り組みを紹介した。(2011/11/28)

どれを選ぶ? パブリッククラウド比較【第2回】
代表的な4つのPaaSを比較、使いやすいものはどれだ?
企業利用の視点に立って代表的なPaaS(Amazon EC2、Google App Engine、Force.com、Windows Azure)の機能やサービスを比較した。(2011/10/27)

Loading