TechTargetジャパン

製品資料
運用管理の人的ミスを防げ 運用管理者が異動したその日からミスなく作業を進める方法
 企業の情報システムは急速な大規模集約化が進み、仮想環境やクラウド環境の急増により複雑化したシステムの効率的な運用は大きな課題だ。例えば、定期的なサーバのパスワード変更作業は、台数が多くなると作業時間が増え、人的ミスが発生する恐れがある。また、システム...(2013/10/10 提供:株式会社日立製作所)

その他
JP1/Desktop Navigationクイックリファレンス
 中堅中小企業のPC運用管理を任されている管理者に朗報だ。 業務で必要になるアプリケーションをはじめ、さまざまなITの管理を任されている中堅中小企業の管理者は多いだろう。1つ1つの専門家にはなれないから、新しく導入するソフトウェアのマニュアルは分かりやすく...(2010/6/1 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
JP1で会社を守ろう 情報セキュリティ対策のススメ
「情報漏えい」だけでなく、「ウイルス感染」や「不正アクセス」など、さまざまな脅威から、御社のシステムを守るのが「情報セキュリティ対策」だ。対策は社内すべてのパソコンに施す必要があり、たった1台の対策漏れからも、甚大な被害を招いてしまう。それがセキュリテ...(2011/2/14 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
データバックアップのススメ、「3つの復旧パターン」
 業務データの保護はビジネス上の重要な課題である。ハードウェアやソフトの障害、人的ミス、ウイルスなどでデータを損失した場合、業務停止だけでなく、結果として利益損失、信用や競争力の低下など大きな影響を及ぼす。こうしたデータ損失を防ぐために最も基本的かつ必...(2015/9/28 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
システム全体で考える災対&省電力化に対する日立の取り組み〜ハードウェアから業務の運用まで〜
 現在、企業の緊急課題となっている事業継続性の確保と省電力化。 これらの課題に対し、JP1/日立ストレージ+VMwareで支援する災害対策と省電力化支援ソリューションを紹介する。■省電力化の推進 ・省電力ハードウェアと仮想化導入 ・サーバ電源制御/縮退運用 ・節電...(2011/8/22 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
会社の見えない「ムダ」や「キケン」を排除するPC運用管理ツール
 「JP1 Ready Series」は、国内外のお客さまにお使いいただいているJP1から誕生した中堅・中小企業のお客さま向けのパッケージシリーズです。 その第1弾となるJP1/Desktop Navigationは「IT機器の現状を把握できず、棚卸に時間がかかる」「ウイルス対策製品のバージョン...(2009/9/14 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
【非掲載】JP1で仮想環境のお悩み解消!仮想化成功への道しるべ
コストの削減をはじめ、仮想化が社内の業務システムにもたらすメリットは、物理サーバ数の削減による省エネ、省スペース、リソースの有効活用などさまざま。その一方でシステムが複雑化し、物理環境のときよりも、運用管理が煩雑になりがちだというデメリットもある。これ...(2010/12/6 提供:株式会社日立製作所)

講演資料
『業務(事業)継続性のための省電力化とリスク対策』におけるIT支援
 事業継続BC:BusinessContinuity)はこれまでも企業のIT部門にとって必要な取り組みだが、東日本大震災以降、企業の間で逼迫感や当事者意識を持った取り組みに変わりつつある。不測の事態にも対応できるよう、スク分散の実現や、停電・災害時の対応策が必要だ。また、社...(2011/7/7 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
JP1で仮想環境のお悩み解消!仮想化成功への道しるべ
 コストの削減をはじめ、仮想化が社内の業務システムにもたらすメリットは、物理サーバ数の削減による省エネ、省スペース、リソースの有効活用などさまざま。 その一方でシステムが複雑化し、物理環境のときよりも、運用管理が煩雑になりがちだというデメリットもある。(2010/12/6 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
こうして使おうRF デバイス:産業・民生用途で幅広く活躍するミリ波レーダ向けMMIC
 最近では車載用のミリ波レーダが一般化し、多機能で高性能のセンシング・デバイスとして注目されている。  インフィニオンでは、数GHz〜数十GHzの用途で高性能、且つ量産性を発揮できるSiGe プロセスを古くから手がけており、車載レーダ用デバイスや大容量の無線通...(2016/6/13 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

製品資料
手軽に試せる 中小・中堅企業のためのPC運用管理パッケージ
 従業員一人ひとりに行きわたり、企業活動に欠かせないツールとなったPCやソフトウェア。しかし、その管理が不十分なままでは、情報漏えいやウイルス感染といった経営リスクから逃れることはできない。 専任のシステム管理者を置くことが難しい中堅・中小企業では、いか...(2010/2/8 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
全体最適でセキュリティ対策を再点検、弱点発見のコツとは?
 新たな攻撃への対策という形で拡張されるセキュリティは、IT環境の中で最も統合運用が難しい分野だ。次々と生み出される攻撃手法への対応を続ける中では、思わぬ形でシステムの穴を残すこともある。セキュリティ対策では、定期的に俯瞰視点から見直すことも必要だ。 セ...(2016/5/2 提供:株式会社アシスト)

技術文書
こうして使おうパワーデバイス:高耐圧MOSFET編
 CoolMOS(TM) は、インフィニオンが世界で初めて量産化したSuper Junction(SJ)構造のMOSFET である。高耐圧と低オン抵抗を両立し、サーバや通信機器、産業機器の電源、ソーラ・インバータやEV/HEV、最近ではLED 照明や薄型TV などの家電機器、各種ACアダプタまで幅広く...(2016/4/1 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

レポート
SaaSは1秒1秒が勝負の時代、検討すべきは「ストレージプロセス自動化」
 SaaSは多くの企業が活用し、モバイル経由の利用シーンも当たり前になっている。実際に利用しているユーザーのロードタイムに対しての意識は、33%がモバイルもデスクトップと同じかそれ以上に速いことを望んでおり、47%が2秒未満でページがロードされることを求め、1秒...(2016/3/17 提供:SolidFire)

技術文書
セキュリティ対策で重要視される”監視カメラ設計”の課題
 監視カメラ設計では、カメラの位置決めを担うモータが重要で、監視カメラの画像品質に影響を及ぼす。一般的に、左右に動くパンや、上下に動くチルトといった動作や位置決めには、ステッピング・モータが主に採用されている。本書では、ステッピングモータ、およびステッ...(2016/2/1 提供:オン・セミコンダクター)

技術文書
電子回路が苦手な人のためのフィジカルコンピューティング「Scratch 2.0」入門
 連載企画「Scratch 2.0で学ぶ! お手軽フィジカルコンピューティング」全132ページを無料公開! 初心者向けプログラム開発環境「Scratch 2.0」を使って、電子回路があまり得意でない方にも“フィジカルコンピューティング”の楽しさを気軽に体験してもらうことを目的に...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
20万円から始める「標的型攻撃メール対策」の訓練と教育
 標的型攻撃は、バラマキ型ではなく、明確な目的を持って特定企業に不正なメールを送りつける。これを受け取った社員が開封し、添付ファイルをクリックすることでウイルスがシステム内に侵入、さまざまな重要情報が盗まれていく。この手口は日本年金機構での被害によって...(2015/10/5 提供:株式会社プロット)

講演資料
グローバル案件で活躍する現場マネジャーが語る「ストレージのOpenStack適用の勘所」
 ストレージやサーバ、ネットワークをソフトウェアで仮想化し、統一的に制御可能とすることで、ユーザーのさまざまな要求へ迅速に対応可能な、ビジネス機会を逃さないIT環境を実現できる。 こうしたITインフラ全体を統一的に制御可能とするSDI(Software-Defined Infras...(2015/9/28 提供:レッドハット株式会社)

比較資料
OpenStack環境のストレージ 選定ポイント
 OpenStack環境のインフラとしてストレージに着目し、製品選定のポイントを紹介する。最終ゴールは、OpenStackを導入する際のストレージ製品の選定ポイントを明確化することである。第1章ではOpenStackのストレージ関連コンポーネントについて、第2章では各ストレージベ...(2015/8/21 提供:アイティメディア株式会社)

事例
約8万ユーザーが使うデスクトップ仮想化環境、構築の変遷をたどる
 デスクトップ仮想化の市場が活性化している。2012年の法人向けクライアント端末における仮想化導入率は20.2%、2016年には40.4%まで到達するという予測データもある。そんな中で日立製作所は、セキュリティPC(シンクライアント)の自社導入プロジェクトを2004年に立ち...(2015/7/27 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
なぜデータ転送時間を短縮できないのか? ビッグデータ時代のデータ転送基盤の在り方とは
 近年のIT環境は「ビッグデータ」に代表される爆発的なデータ量とデータ容量の増加とその活用が大きな課題となっている。ITの進化によりさまざまな種類のデータが発生しており、国内市場が縮小する中では新興国市場の開拓のためにもデータ活用が重要な要素となる。また...(2014/3/5 提供:株式会社日立製作所)

レポート
複雑なITインフラを包括的で自動化された次世代アプローチでマネージする
 ユーザーは、常にビジネスに集中する必要があります。IT部門はテクノロジーに基づくサービスは人々に利便性をもたらすために存在する、という事実を見失うことなく、ITサービスを管理する必要があります。 このことは、ITスタッフがユーザー要求のアシストとしてサービ...(2015/4/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
ハイブリッドクラウド管理ツール主要12製品の対応クラウド 一覧表
 ハイブリッドクラウドの実現で欠かせない製品といえば、オンプレミスとクラウドを統合的に管理するクラウド運用管理ツールだ。今回は主要12製品を挙げ、サポートするクラウドサービスと提供形態を一覧表にまとめた。製品選定の一助にして頂きたい。解説記事:主要12製品...(2015/4/9 提供:アイティメディア株式会社)

事例
約600台の物理サーバを仮想化、コスト最適化と柔軟なシステム環境を手に入れた朝日新聞社
 1879年に創刊された日本三大紙の1つ朝日新聞。その発行元である朝日新聞社は、デジタル事業の展開にも注力しており、既にコンテンツデータ管理を強化したシステムに転換。新聞制作に関わるニュース分野、基幹業務を担うビジネス分野、情報基盤分野が、それぞれ本番、予...(2015/3/6 提供:株式会社日立製作所/ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
IT資産管理が抱える3つの課題をクラウドで解決
 今や1人1台のPCは当たり前、スマートフォンやタブレットなどマルチデバイスを使用する状況下で、企業のIT資産管理業務が抱える課題も浮き彫りになってきた。 1つ目の課題は、多様化するソフト/ハードウェア資産の正確な現状把握だ。IT資産導入の中長期計画や次年度予...(2013/11/15 提供:株式会社日立製作所)

事例
事例に学ぶ。オープンソースでSOAは可能か?
 アサヒビジネスソリューションズは、アサヒグループ各社の情報システムの企画立案から開発、設計、さらには運用/保守までをトータルサービスとして提供するIT専門企業だ。同社の代表取締役社長 奥木洋一氏は、「より低価格で優れたソフトウェアの重要性が高まる中、オ...(2014/10/17 提供:レッドハット株式会社)

講演資料
働き方の変革をセキュリティを高めながらスマートデバイスで実現
 スマートデバイスの業務利用が増え、働き方にも変化が起きている。社内外から業務データにアクセスできれば、隙間時間を上手に活用できるが、障壁となるのがセキュリティの問題だ。 本資料では、スマートデバイス上に“セキュア・コンテナ”と呼ばれる領域を設定し、業...(2014/1/15 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

製品資料
利益損失は1時間に数百万ドル データセンター停止を防ぐために今すべきこととは
 データセンターではアプリケーションと関連データがネットワークインフラを24時間365日往来し、社内外のユーザーに重要なサービスを提供している。そのため最悪の場合、データセンターのダウンタイムによる利益損失は、1時間に数百万ドルという容認できないレベルに達す...(2014/9/19 提供:Gigamon LLC.)

レポート
安全なPDFファイル作成は6つの“ツボ”の習得から
 PDFファイルは、社外の人との情報共有や、Webサイトで情報発信する際には便利なフォーマットだ。一方、「PDFファイルにしてさえおけば内容が変更されないので安心」と思っている人もいる。しかし、PDFファイルが保護されていない場合、PDF編集ツールを用いれば編集が可...(2014/7/7 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
統合システム運用管理JP1 ストレージ管理
 今、企業の情報システムでは、クラウドサービスの利用、また、さらなるコスト削減に向けた仮想化技術の適用など、多様化・大規模化への動きを背景に、システムの効率的なデータ保護が求められています。 JP1のストレージ管理では、複雑化するITシステムに幅広く対応し...(2009/11/24 提供:株式会社日立製作所)

Loading