TechTargetジャパン

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
企業内弁護士が苦手とするOSS――法的リスクは誰がどのように抑えるのか?
 開発現場におけるオープンソースソフトウェア(OSS)の利用が急速に進んだことで、OSSの使用規模と範囲を把握できないまま開発が進むケースが見られるようになった。GPL(General Public License)などへの違反があっても誰も気が付かないような状況が、企業にとって大...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

事例
航空通信企業がOSSライセンス条件やセキュリティ脆弱性を一元管理できた理由
 航空会社、空港などに業務ソリューションを提供するグローバルカンパニー、SITA。同社はソフトウェアコードベースの知的財産管理を行うに当たり、自社開発のソフトウェアに、どんなオープンソースソフトウェア(OSS)がどの程度含まれ、各OSSコンポーネントのライセンス...(2015/3/23 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

事例
事例に学ぶ。DWHなしでデータベース仮想統合は可能か?
 紀陽銀行を中核とする紀陽フィナンシャルグループで、各種システムの開発/運営を担当する紀陽情報システム。顧客は紀陽銀行だけにとどまらず、地元の自治体や企業、さらには全国の金融機関に対し、IT化支援からITソリューションの提供まで幅広い事業活動を展開している...(2014/4/8 提供:レッドハット株式会社)

プレミアムコンテンツ
ロボット開発に学ぶ、モノづくりへのOSS活用
  オープンソースソフトウェア(OSS)の活用は、ITやWebの領域のみならず、ロボットなどハードウェアの開発においても重要なトピックといえます。ロボット開発でメジャーなフレームワーク「ROS」(Robot Operating System)はOSSですし、日本においても「HACKberry」や...(2016/12/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?
 優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。IDC Japanの調査では、このクラウドプラットフォームを本番環境に利用しようという企業は増加傾向にあり、特にICT企業では4割が既に利用または導入に向けて取り組んでいるという。 ただ、数百以上の仮想マシンを搭載...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

レポート
「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる
 オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソフトウェア開発の現場に広く浸透し、Amazon.comやGoogleのような世界的な企業も積極的に活用している。IT調査会社のガートナーは、2016年までにグローバル企業の99%で、OSSが基幹ソフトウェアに組み込まれると予想している。 ...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
マルチソース開発でのオープンソース利用で見逃されやすい2つのリスク
 システム関連コストを低減するため、オープンソースの利用が広まっている。先行する米国では、既にソフトウェアパッケージの80%以上で利用され、ミッションクリティカル用途でもオープンソースが活躍、50万〜100万ドルのコスト削減効果も生まれていると調査会社ガート...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

製品資料
基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか?
 近年は、最新のWeb技術やアプリケーションAPIを活用したサービス開発があらゆる領域で行われている。このようなアプローチの1つである「FinTech」も、今では金融機関の周辺業務だけでなく、基幹業務の領域での活用が進んでいる。 その実現の鍵となるのが、常に最新技術...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
OSS管理のベストプラクティス――アジャイル開発で自動化すべき5つの重要タスク
 近年、提供されるソフトウェアには、オープンソースコンポーネントとマイクロサービスで組み立てられた複合型製品が増えている。その背景には、ソフトウェア開発におけるスピード、アジリティ、革新性などへの要求の増大がある。 この要求に応えるため、DevOpsとアジャ...(2017/3/9 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
アジャイル開発のセキュリティ対策――OSSの脆弱性を回避するための基本戦略
 近年、アジャイルソフトウェア開発における構成要素としてオープンソースソフトウェア(OSS)を選ぶケースが増えている。開発者が新規にコードを作成する必要がなく、性能と機能を提供する上で有効な多数のコンポーネントを備えたOSSは、アジャイルプロジェクトの安定し...(2016/12/26 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
最大限のROIを引き出すために- 「オープンソースソフトウェアの運用とセキュリティリスクを管理する」
ガートナー社によれば、OSSテクノロジーは2016年にはグローバル企業の99%のミッションクリティカルなソフトウェアパッケージに含まれるようになる。技術革新、コスト面での優位性を持つOSSを使った開発が大きく加速する中で、ROIは、プログラムのガバナンスとOSS利用の管...(2013/1/24 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

事例
基幹システムの刷新にOSS RDBMSを採用、80%のコスト削減と安定性向上に成功
 オープン化された基幹システムの刷新では、ライフサイクル管理の徹底と関連コストの削減が大きな目標とされる。ハードウェアのリプレースによってミドルウェアやアプリケーションでも大幅な変更は避けられないので、ハードとソフトの両面でライフサイクル管理を徹底でき...(2016/2/8 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
事例に学ぶ。オープンソースでSOAは可能か?
 アサヒビジネスソリューションズは、アサヒグループ各社の情報システムの企画立案から開発、設計、さらには運用/保守までをトータルサービスとして提供するIT専門企業だ。同社の代表取締役社長 奥木洋一氏は、「より低価格で優れたソフトウェアの重要性が高まる中、オ...(2014/8/20 提供:レッドハット株式会社)

カタログ
OSS利用・再利用開発の価値、費用対効果はいくらなのか-UK金融サービス企業ROI算出事例
 更なる開発・生産コスト削減を求められたUK金融サービス企業において、OSS利用・再利用により、どれだけ開発時間、開発費が削減できるのか、その結果削減できた時間数、金額は? 既存の所有コードとOSSコードを共に利用した開発で効率をあげることは可能なのか、その管...(2013/10/1 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
「効果的なオープンソース ソフトウェア ポリシー作成に必要な4つのステップ」
 ガートナー社によれば、OSSテクノロジーは2016年にはグローバル企業の99%のミッションクリティカルなソフトウェアパッケージに含まれるようになる。技術革新、コスト面での優位性を持つOSSを使った開発がますます加速する中で、如何に開発スピードと柔軟性を上げ、重複...(2013/1/31 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
IoTの構築におけるオープンソースの役割
 IoT(Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行している。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されている。この“モノ”の群れには、驚くほどの多様性があり、コンピュータからインフラ機器、セ...(2016/3/28 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

製品資料
狙われやすいOSSデータベースを守る「透過的データ暗号化」とは何か
 さまざまな手法で企業の重要データを狙う攻撃者にとって、従業員の個人情報や顧客情報が格納されたデータベースは格好のターゲットとなる。そのため、特にオープンソースソフトウェア(OSS)のデータベースでは、安全性が問題とされることが多い。 しかし、最新技術を...(2016/8/3 提供:富士通株式会社)

事例
オープンソースが金融サービスを変える
 2008年の金融危機以降、欧米の銀行は効率化、コストカット、新たな規制遵守の圧力を受け、IT予算削減を余儀なくされている。そのため、商用ライセンス提供されるソフトウェアを、オープンソースソフトウェア(OSS)で代用する低コストソリューションの採用が加速してい...(2014/1/29 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
金融サービスに不可欠なオープンソースガバナンス
 2008年の金融危機はグローバルな金融サービスに規制の強化と消費者の信頼低下という大きな影響をもたらした。リスク管理に重点が置かれる一方で、ITには効率化やコスト削減が求められるようになった。金融サービスのIT運用には、透明性、保護と弾力性、スピードとアクセ...(2014/10/29 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
テレビゲーム開発・モバイルゲーム開発でオープンソース ソフトウェア(OSS)が重要なわけ
「ゲーム業界の急速な発展に、OSSが欠かせない役割を果たした」とリチャード・D/シャンク氏が、Gamedev.net「Open Source and Gaming Industry」で述べている。また、ガードナー社によれば、テレビゲームのグローバル市場は、 2015 年には 1100 億米ドル規模に達する勢い...(2014/7/22 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

事例
英大手銀行のオムニチャネル対応を支えたオープンソースの実力
 今日、あらゆる業界がオムニチャネルへの対応を迫られており、銀行や金融サービスも例外ではない。あらゆる業務でミッションクリティカルなソフトウェアを運用する銀行では、多くの技術プラットフォームで一貫してリスク管理されたシームレスなサービスを提供するのは困...(2014/11/10 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
Oracle DBからMySQLへ、DB移行プロジェクトの実践ノウハウを専門家が徹底解説
 ビッグデータやIoTなどの活用が進んだことで、トランザクション単位でデータの整合性を担保できる旧来のデータベース管理システム(DBMS)の重要性が再認識されている。この動きのなかには、商用DBMSからオープンソースソフトウェア(OSS)のDBMSへの移行も見られる。 ...(2016/9/20 提供:SCSK株式会社)

講演資料
LinuxベースVMでここまでできる IaaSにおけるOSS活用ポイント
 仮想化環境やIaaSパブリッククラウドにおけるVM(仮想マシン)には、LinuxをはじめとするOSS(オープンソースソフトウェア)が使われることが多い。VMをスケールアウトする際のライセンス費の廉価さに加え、OSやミドルウェアなどの構成において柔軟性が高く、多くのユー...(2016/12/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
大規模WebサービスをAWSで安定稼働させる「OSSベースのロードバランサ」
 B2B・B2Cを問わず、Webを利用したリッチコンテンツの提供が急増しているなか、フロントエンドのサーバにかかる負荷は日々増加している。こうしたWebサービスの構築では、高速で安定性があり、コンテンツキャッシングやロードバランシング能力の高いロードバランサを利用...(2016/4/18 提供:サイオステクノロジー株式会社)

比較資料
OSS監視ツール一覧表
 本コンテンツでは、2015年1月現在で提供されている6つの主要なオープンソースソフトウェア(OSS)ベースの運用監視ツールを取り上げ、その機能や特徴を一覧表にまとめている。なお、この一覧表を基にした解説記事は以下をご確認いただきたい。解説記事:【徹底比較】商...(2015/1/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
重要課題“ワークスタイル変革”が必要な5つの理由と解決策
 日本国内における労働人口の減少は、企業の活動に大きな影響を与えるのは間違いない。その一方で、グローバルな競争はますます激しくなっている。このような状況で、企業が競争力を高めるためには、ワークスタイル変革や業務プロセス改善をさらに進め、生産性を向上させ...(2017/6/1 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

Loading