2008年10月02日 18時49分 公開
ニュース

NRIが個別対応型OSS導入サービスをパッケージ化、既存システムのリプレースを促進 NEWS

「OpenStandia」のサービスの1つである「OSS基盤構築サービス」を、今までの導入実績を基にサービスパッケージ化。手軽にオープンソースを導入でき、情報システムにおけるTCO削減を推進する。

[TechTargetジャパン]

 野村総合研究所(NRI)は10月2日、オープンソースワンストップサービス「OpenStandia」の1つである「OSS基盤構築サービス」をサービスパッケージとして提供開始した。

 同社では従来、OSS基盤構築サービスをオープンソース導入時の支援サービスとして、個別対応(オーダーメード型)で提供してきたが、170を超えるプロジェクトでの導入実績から得たノウハウを基に今回サービスを標準化し、以下の4つのサービスパッケージとして提供する。

サービス名 価格
Webアプリケーションサーバ導入サービス 25万円から/サーバ1台
Webアプリケーションサーバ基盤構築サービス 50万円から/サーバ1台
データベース導入サービス 50万円から/サーバ1台
オープンソース・システム基盤構築サービス 250万円から

 「Webアプリケーションサーバ導入サービス」は、Tomcat、JBossの導入サービス。パラメータ設計、インストール作業を行う。「Webアプリケーションサーバ基盤構築サービス」は、Tomcat、JBossに加え、ApacheやDBMS(Oracle、MySQLPostgreSQL)との接続のための設計・設定作業を加えたサーバ基盤設計・構築サービス。パラメータ設計、インストール作業、疎通確認テストを行う。「データベース導入サービス」は、MySQL、PostgreSQLの導入サービス。パラメータ設計、インストール作業を行う。「オープンソース・システム基盤構築サービス」は、Tomcat、JBoss、MySQL、PostgreSQLを活用したWebシステムにおけるシステム基盤全体を設計・構築するサービス。Webアプリケーションサーバ2台、データベースサーバ2台の合計4台構成で、冗長性を考慮したシステム基盤を構築する。パラメータ設計、インストール作業などのほか障害テストも行う。

 標準化されたパッケージ型サービスの活用により、企業はより手軽にオープンソースを導入でき、商用製品からオープンソースへのリプレースや、情報システムにおけるTCO削減が可能になるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...