TechTargetジャパン

事例
IaaS活用事例15選:タカラトミーが基幹システムの運用管理コストを20%削減
 IaaS(クラウド基盤サービス)やデータセンターを活用し、自社のIT基盤そのものをクラウド化することで、一体どのような効果を得られるだろうか? 例えば、グローバル事業の強化を経営目標に抱えているタカラトミーでは、従来基幹システムを設置していたオンプレミス環...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
大企業と同等の機能を実現、中堅・中小企業が選びたいクラウドERPは?
 あらゆる業務領域の情報を一元管理し、可視化するERPは、経営の効率化に非常に有効な武器となり、企業の強力な経営基盤となる。しかし、従来のERPは、特に中堅企業や中小企業にとって導入のハードルが高かった。 例えば、ビジネスプロセスの再設計は、それが必要だと分...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
ERPをわずか3カ月で導入して少人数で運用、外資系アパレル企業が成功した秘訣は?
 米国発のワークカジュアルブランド「ディッキーズ」の日本法人として2011年に設立されたウィリアムソン・ディッキー・ジャパン。その事業開始に向け、基幹システムを早急に構築する必要のあった同社が採用したのが、クラウドERPだった。 世界110カ国で展開するグローバ...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
EDI導入で取引のリードタイムを短縮、管理の効率化とコスト削減のポイントは?
 受発注取引の効率化やコスト削減などを目的として導入されているEDI(電子商取引)。例えば、取引先から発注データを受信して各種データ変換を行い、自社の基幹システムまで自動的に取り込めるため、取引業務のスピード化や効率化には欠かせない。 また、受注側は、受...(2017/7/13 提供:株式会社インターコム)

技術文書
1回の操作勉強会だけでデータ活用が活発化、コープ自然派に学ぶBIツール導入
 基幹システムには、ビジネスチャンスにつながる有用なデータが蓄積されているが、そのデータを有効活用できない組織も少なくない。農薬・化学肥料を使わない有機野菜など安全な商品の提供に取り組むコープ自然派事業連合も、そうした組織の1つだった。 約1万点に及ぶ商...(2017/7/4 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
ERPのクラウド移行、トプコンがコストと運用負荷を大幅削減できた秘訣とは?
 先端技術を利用したモノづくりはITが重要な役割を担っている。光学機器メーカーとして1932年に創業したトプコンは、2015年に国内のグループ企業6社の基幹システムをSAP ERPに刷新した。売り上げや発注に関わる日報のフォーマットやタイミングが各社で異なっていたため...(2017/6/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
CRMは3カ月必要……Microsoft Azure連携含めわずか1カ月で作った情報可視化基盤
 セゾン情報システムズでは、長年にわたって事業報告資料の作成にExcelを用いてきたが、直感的に情報が伝わりにくく、現場でのExcel入力に多くの手間が発生するなど運用上の課題がいくつも顕在化していた。そこで、新たに情報が容易に可視化できる仕組みづくりに取り掛か...(2017/6/23 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現
 BCP対策で近年考慮すべきポイントとして浮上しているのが伝送データ量だ。IoTの活用などにより今までにないデータも増えており、基幹業務システムが日々生成するデータは膨大な量になる。小松製作所が取り組んだバックアップ環境の見直しでも、基幹システムのデータ量が...(2017/6/9 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドの進化形、リソース単位で拡張できる次世代型ITインフラ
 IoT技術の台頭などにより基幹システムが取り扱うデータは急増しており、オンプレミス環境でもクラウドサービスのような拡張性や柔軟性を取り込む必要が出てきている。そのためには迅速な仮想サーバ環境の構築に加え、物理サーバやDockerコンテナなどを混在できるものが...(2017/6/8 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
BI導入で情シスに分析依頼が殺到……とは無縁の楽々分析ツール
 クレーンなどで名を知られる大阪の中堅メーカー・大洋製器工業。約200人が働く社内では、基幹システムに蓄積されたデータを活用し、さまざまな分析作業が行われていた。 ところが導入していたBIは分析パターンが固定されているうえに、ユーザーライセンスが高く利用者...(2017/5/16 提供:株式会社ジャストシステム)

Webキャスト
ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今
 ストレージは「フラッシュファースト」の時代だ。SSDの高速性ばかりが求められた段階を過ぎ、今はプライベートクラウドを含めた仮想化や基幹システム、サービス基盤など用途が拡大し、要件も多様となっている。 比較検討する際には、HDDストレージにフラッシュを搭載し...(2017/4/28 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/4/18 提供:富士通株式会社)

事例
ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方
 テレワークやフリーアドレスの導入によって、「定時に出社し、島型に並べた机で仕事をする」という、従来のオフィスワーカーの働き方は変わりつつある。だがそれだけがワークスタイル変革ではない。製造ラインの作業員や、設備保全に関わる保守担当者、外回りの営業担当...(2017/3/13 提供:富士通株式会社)

事例
シンプル運用で高信頼化を実現、京都岡本記念病院の「止まらない医療システム」
 電子カルテなどの基幹システム以外にも、停止してはならないシステムを多数抱える医療機関にとって、医療システムの可用性確保は最重要課題だ。しかし、医療業界でもITシステムの複雑化が進んでおり、コストや運用工数を抑えつつ医療システムの信頼性を向上させる方法が...(2017/2/21 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
e-文書法対応はペーパーレス化だけではない――ワークフロー連携でさらに効率化
 2016年に行われたe-文書法の改正を受け、スマートフォンやスキャナーなどで領収書を取り込み、電子データとして保存できるようになった。これにより「紙の保管場所がない」「決裁済み書類が見つからない」といった問題が解消されるが、電子化のメリットはそればかりでは...(2017/1/23 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

レポート
「ネットワーク分離」の安全性を奪う“やってはいけないこと”とは?
 自治体や金融機関を中心に、インターネット接続環境と基幹システムや機密情報取扱い環境の「ネットワーク分離」を採用する動きが広がっている。重要情報が格納された業務システムにまで攻撃者を侵入させないための手段として、ネットワーク分離は大きな力を発揮する。標...(2017/1/16 提供:NTTソフトウェア株式会社)

製品資料
「魔法の箱」? 基幹システム・リプレースの考え方が劇的に変わる
 ハードウェア保守契約終了に合わせて、基幹システムを5年ごとにリプレースするケースは多い。そしてOSやミドルウェア、さらにアプリケーションまでも一斉にバージョンアップしなければならず、思いのほか手間もコストも大きくなり、その割に新サービスや新技術へのキャ...(2017/1/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ERP/CRM/Eコマースを統合、クラウド型基幹システムが業務を変える6つの理由
 分業化が進んだ現在のビジネスは、顧客管理や在庫管理、会計、営業支援、Eコマース、人事管理などを行うさまざまなシステムによって支えられている。従来は、これらを独立して運用し、分散したマスターデータやトランザクションデータの同期・連携を図ってきた。 その...(2017/1/5 提供:Shearwater Japan株式会社)

事例
「営業部員が主体的に動き出した」 むさし証券に学ぶデータ分析の全社活用
 埼玉県を中心に全国で地域密着型の事業を展開するむさし証券。同社では、基幹システムのデータに基づく経営分析を行っているが、以前はそのデータの取り込みにExcelを利用していた。その結果、経営数値の推移を1つ見るだけでも、多くの手間と時間がかかっていた。 その...(2016/12/26 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2016/12/26 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
クラウドとオープン系システムの手薄な運用監視、強化に役立つ2種類のサービス
 稼働監視が徹底されている基幹システムと比較して、業務系および情報系システムは導入だけでなく運用についてもユーザー主体となっていることが多い。そのためIT部門の目が届きにくい傾向があるうえ、パブリッククラウド上に構築して利用されることが増えており、さらに...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
パフォーマンス低下の原因はOffice 365? 導入前に考えたいインフラ最適化
 業務におけるモバイル活用やワークスタイルの多様化などへの高いニーズを背景に、新しいクラウドサービスが次々と登場している。その中で企業が採用するクラウドサービスの数は年々増加し、「Office 365」のようなクラウドベースのオフィススイーツの導入も進んでいる。(2016/10/6 提供:テクマトリックス株式会社)

事例
SAPの本番環境までAzure上に移行、東洋合成工業が少人数で移行できた方法とは?
 SAPなどの基幹システムをオンプレミスで運用する場合、どうしても避けられないのがハードウェアの老朽化や保守期限切れ、ユーザー数の増加に伴うパフォーマンス低下だ。そのため、近年は基幹システムのクラウド移行も検討されるようになってきた。 この取り組みにおけ...(2016/10/4 提供:富士通株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 データ分析など特定用途で従来使われてきたフレッシュストレージの市場が拡大している。技術革新や供給の拡大によって容量当たりの価格が下落し、HDDと変わらない製品も登場。基幹システムなど幅広い用途で使われるケースが多くなってきた。 当コンテンツはフラッシュ...(2016/9/23 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

レポート
既存のIT資産とモバイルやクラウドを連携させる「APIの管理・運用」
 基幹システム上で扱われる機密性の高い情報をWebサービスに活用するため、サービス指向アーキテクチャ(SOA)への移行が、かつて盛んに行われた。これにより、顧客の個人情報や取引情報などを参照しないと実現しない多様なサービスが開発され、IT資産の有効活用が進めら...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
「APIエコノミー」で既存資産を収益化、企業間で基幹データを連携する方法
 ポイントサービスなどを異業種企業と連携して運用する場合、これまでは、窓口になるシステムを別途構築し、必要な情報を基幹システムから抽出して運用するのが一般的な流れだった。しかし、こうした手法はコストを増大させ、拡張や新たな機能追加などの対応スピードが遅...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Oracle DBからMySQLへ、DB移行プロジェクトの実践ノウハウを専門家が徹底解説
 ビッグデータやIoTなどの活用が進んだことで、トランザクション単位でデータの整合性を担保できる旧来のデータベース管理システム(DBMS)の重要性が再認識されている。この動きのなかには、商用DBMSからオープンソースソフトウェア(OSS)のDBMSへの移行も見られる。 ...(2016/9/20 提供:SCSK株式会社)

製品資料
個々の属性をリアルタイムに把握、顧客ニーズを捉える分析基盤の条件は?
 マーケティングや開発戦略において、個々の顧客属性に合わせたサービスを展開することの重要性は以前から指摘されていた。そこで多くの企業では、年齢、職業、性別、家族構成などの属性データを集めてグループ分けをし、顧客分析を行ってきた。 しかし、多くの顧客は必...(2016/9/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading