TechTargetジャパン

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 データ分析など特定用途で従来使われてきたフレッシュストレージの市場が拡大している。技術革新や供給の拡大によって容量当たりの価格が下落し、HDDと変わらない製品も登場。基幹システムなど幅広い用途で使われるケースが多くなってきた。 当コンテンツはフラッシュ...(2016/9/23 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

レポート
既存のIT資産とモバイルやクラウドを連携させる「APIの管理・運用」
 基幹システム上で扱われる機密性の高い情報をWebサービスに活用するため、サービス指向アーキテクチャ(SOA)への移行が、かつて盛んに行われた。これにより、顧客の個人情報や取引情報などを参照しないと実現しない多様なサービスが開発され、IT資産の有効活用が進めら...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
「APIエコノミー」で既存資産を収益化、企業間で基幹データを連携する方法
 ポイントサービスなどを異業種企業と連携して運用する場合、これまでは、窓口になるシステムを別途構築し、必要な情報を基幹システムから抽出して運用するのが一般的な流れだった。しかし、こうした手法はコストを増大させ、拡張や新たな機能追加などの対応スピードが遅...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Oracle DBからMySQLへ、DB移行プロジェクトの実践ノウハウを専門家が徹底解説
 ビッグデータやIoTなどの活用が進んだことで、トランザクション単位でデータの整合性を担保できる旧来のデータベース管理システム(DBMS)の重要性が再認識されている。この動きのなかには、商用DBMSからオープンソースソフトウェア(OSS)のDBMSへの移行も見られる。 ...(2016/9/20 提供:SCSK株式会社)

製品資料
個々の属性をリアルタイムに把握、顧客ニーズを捉える分析基盤の条件は?
 マーケティングや開発戦略において、個々の顧客属性に合わせたサービスを展開することの重要性は以前から指摘されていた。そこで多くの企業では、年齢、職業、性別、家族構成などの属性データを集めてグループ分けをし、顧客分析を行ってきた。 しかし、多くの顧客は必...(2016/9/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
個人情報を扱う窓口業務を支えるストレージ基盤選び――群馬県太田市の視点
 重要な個人情報を扱う企業や組織を中心に、仮想デスクトップ環境の導入が進んでいる。その主な目的はセキュリティの強化と基幹システムの全体最適化だが、業務のピーク時に仮想デスクトップを安定稼働させるためには高いストレージ性能が求められる。 22万人の人口を有...(2016/9/20 提供:富士通株式会社)

Webキャスト
Watsonとマーケティングの融合で生まれるリアルタイムの戦略支援
 IBMがグローバルで実施した調査によると、6割以上のCMO(Chief Marketing Officer)が「もっとパーソナルな体験を提供したいが対応できない」と考えている。そして、分析作業について「データの爆発的増加に対応できる」と答えたCMOは、4割にも満たなかった。 基幹シス...(2016/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ECアプリの優先順位付けで顧客転換率を向上、Webサービス基盤構築に必要な条件
 Webサービスが競争力の源泉となっている企業にとって、パッケージソフトやSaaSなど“既成品”を利用して新規サービスを展開することは、将来的にスピードや柔軟性の面で機能の制約を設けることにつながる。サービスを他社に先駆けて提供するためには、その開発力でしの...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
基幹システムのTCOを削減、スケールアウト型オールフラッシュ製品の選び方
 オールフラッシュストレージ製品の選定では、用途に応じたチェックポイントが幾つかある。例えば基幹システムやビッグデータ分析などに活用する場合は、フラッシュに最適化され、スケールアウト型として確固たる実績を持つ製品が望ましい。 一貫して安定したレスポンス...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
インフラ統合とクラウド活用に必要な「自動化と集中管理」の手法
 仮想化技術によって、企業が管理するデータセンターのリソースは大きく効率化が進んだ。また、これらのリソースをオンデマンドでユーザーへ提供し、新しい環境を構築する際のスピードを大幅に短縮するクラウド化についても、多くのユーザーが活用し、ビジネスとITの関係...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
開発/テスト/デモ環境をクラウドで構築する際に注意すべきポイントとは?
 クラウド上にアプリケーションの開発/テスト/デモ環境を構築すると、海外を含め複数の拠点で共同作業がしやすくなる。しかし、こうした環境が構築されると、短期間で多数のプロジェクトが同時に進行するため、適正なリソース提供を速やかに行う必要が出てくる。また...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
SAPの本番環境までAzure上に移行、東洋合成工業が少人数で移行できた方法とは?
 SAPなどの基幹システムをオンプレミスで運用する場合、どうしても避けられないのがハードウェアの老朽化や保守期限切れ、ユーザー数の増加に伴うパフォーマンス低下だ。そのため、近年は基幹システムのクラウド移行も検討されるようになってきた。 この取り組みにおけ...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

製品資料
Azureベースの独自クラウド、導入・運用の不安を解消するサービスとは?
 近年、ITシステムの変化を促す要因が多様化していることから、法制度やエネルギー・環境問題のような社会状況にも迅速に対応できるクラウドへの移行が進んでいる。しかし、不慣れなクラウドサービスの導入や運用には不安を感じる企業も少なくない。 そんな企業が注目し...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

事例
住友理工が900種に及ぶ帳票フォームを移行・共通基盤化することで得たメリットとは
 住友理工株式会社は、高分子材料技術・総合評価技術を基盤に、防振ゴム・ホースなどの自動車用部品・精密クリーニングプレード・精密ロールなどIT関連部品、各種産業資材など事業領域を拡大してきた。 世界に通用するブランド力の構築を目指し、経営戦略の遂行を支える...(2016/8/8 提供:ウイングアーク1st株式会社)

Webキャスト
クラウド型地図サービスを営業に活用、SFAデータ連携で顧客訪問を最適化する
 営業活動における顧客訪問を最適化するために、SFAデータと地図を連携させた営業支援を行う企業が増えている。既に利用しているSFAデータを取り込むだけで、顧客情報を地図上で可視化できるクラウドサービスが登場したことで、システム導入のハードルが大幅に下がったか...(2016/8/5 提供:富士通株式会社)

技術文書
MySQLとOracle ClusterwareのHA構成、従来環境との違いや構築手順を徹底検証
 MySQLは、世界中で多くのユーザーを持つデータベース管理システム(DBMS)だ。国内では、基幹システムなどでも広く利用されているが、従来は高い可用性が求められるシステムでの利用には、クラスタソフトなどを組み合わせる必要があった。 そのため、障害発生時にはMyS...(2016/8/3 提供:SCSK株式会社)

事例
標的型メール攻撃をクラウド型サンドボックスで防御、南総通運の統合対策とは?
 小売業や製造業における変革が急速に進むなか、そのビジネスを支える物流業界にもサービスの品質やスピードの向上が求められるようになりつつある。そのため、市場変化に即応できるIT基盤への刷新が急がれているが、その際、合わせて考えなければならないのがセキュリテ...(2016/7/29 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
日々のインシデント業務を省力化――西武グループやイオングループが選んだITサービス管理ツールとは?
 業務中に突然かかってくる問い合わせの電話、各地の店舗や事務所からメールやFAXで寄せられる修理要請、受信フォルダにたまる質問の山。このようなインシデント対応に追われ、本来なすべき業務に手が回らず、負担ばかりが増えていく。多くのIT部門が抱える現状である。(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

製品資料
基幹システムのクラウド化――妥協してはいけない「3つの条件」
 近年見られる大きな変化の1つに、基幹システムのクラウド移行がある。以前はミッションクリティカルなシステムをクラウドで運用することに否定的な声があったが、実際にコスト削減などを果たす事例が現れ始めたことで、方向転換を図る企業が増えている。 このクラウド...(2016/6/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
基幹システムの投資利益率を最大化する「サーバリソースの黄金比」とは?
 企業活動の基盤となる基幹システムの停止は、ビジネスにおける大きな損失を意味する。そのため、業務で想定される最大の負荷に備えてリソースサイズを決定するのが一般的だが、ROI(投資利益率)の観点から見たとき、この考え方には大きな弱点がある。 それは、リソー...(2016/6/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
基幹システムのクラウド移行を“賭け”にしない堅実な運用方法
 企業ITにおいて、常に効率化とコスト削減で悩まされるのが基幹システムだ。24時間365日稼働、安定的な処理性能の確保、災害対策、内部統制、セキュリティ対策など、優先すべき課題が多く、コストや運用負荷は二の次とされやすい。 そのため、基幹システムのクラウド移...(2016/5/26 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
楽天生命保険が1週間かかったテストデータを2日で作成――鍵は「自動化」
 大規模なシステム開発では、本番データの個人情報部分をマスキングしたテストデータで検証を行うことが多い。しかし、こうしたテストデータの作成には多くの時間と労力が必要となる。開発の進捗やテストの精度にも大きく影響するこの作業の効率化は、システム開発の大き...(2016/5/16 提供:株式会社システムエグゼ)

講演資料
ストレージの次なる課題、「フラッシュアレイのボトルネック」解消法
 データベースやデスクトップ仮想化の領域から普及が始まったフラッシュアレイだが、近年はeコマース、基幹システム、アプリケーション統合、サービスプロバイダーなどの領域でも活用が進んでいる。それに伴い、オンライン処理やリアルタイム化に適したフラッシュアレイ...(2016/4/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
NTTドコモが6600万ユーザーの課金/決済システム基盤を刷新、その理由と効果
 NTTドコモが、パートナー企業と付加価値を創造する「+d(プラスディー)戦略」を支える基幹インフラである料金システム「MoBills」。この刷新に踏み切った最大の理由は、システム負荷の増大であった。回線契約数の増加に伴うトラフィック量の増大や、新サービス追加に...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
雲の上は楽園ではなかった? TCO削減できないクラウド移行の原因
 TCO削減を目指して、これまでの企業システムをプライベートクラウドやパブリッククラウドへ移行する企業は多い。情報系システムだけでなく、基幹システムの移行事例も登場する一方、想定していた効果が得られない結果に終わったケースもある。問題はどこにあったのか。(2016/4/19 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
基幹システムの刷新にOSS RDBMSを採用、80%のコスト削減と安定性向上に成功
 オープン化された基幹システムの刷新では、ライフサイクル管理の徹底と関連コストの削減が大きな目標とされる。ハードウェアのリプレースによってミドルウェアやアプリケーションでも大幅な変更は避けられないので、ハードとソフトの両面でライフサイクル管理を徹底でき...(2016/4/18 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
紙文書の検索・照会を省力化、探す・回送・承認など業務改善の鍵は文書の電子化
 業務のIT化が進んでも、オフィスには依然、大量の紙文書が存在している。特に申込書、契約書などの紙文書を扱う業務や、審査や証憑帳票の監査を行う業務では、大量の文書の中から必要書類を探すことや、文書の回送状況や承認状況の確認をすることに多くの時間を費やして...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

レポート
“米軍仕込み”のクラウドセキュリティガイドが公開 その気になる中身は
 クラウドを既に活用している企業にとっても、活用を検討している企業にとっても大きな関心事なのがセキュリティだ。企業へのクラウドの普及が進み、基幹システムにクラウドが利用されることも珍しくなくなり、クラウドが企業システムにおける当たり前の選択肢となる中...(2016/3/10 提供:アイティメディア株式会社)

Loading