TechTargetジャパン

製品資料
商社・卸売業の課題を解決、販売管理システム向け最新テンプレート
 グローバル化や顧客のニーズ変化で商社や卸売業界が変革を迎えている。柔軟で効率的なビジネス展開には高機能な販売管理システムが欠かせない。しかし、商社や卸売業界には独特の商慣習があり、既存のパッケージ製品ではなかなか対応できない。そこで役立つのが業界ごと...(2012/7/31 提供:株式会社日立製作所)

事例
事例に学べ! Web受発注システムで業務効率化と顧客満足度を向上、売上増を実現
 得意先からの電話やFAXによる注文や問い合わせ対応は、通信費に加え、人件費が発生する。手間が多く、繁忙時にはミスやトラブルの原因にもなる。この注文や問い合わせ対応をWeb化することで業務効率化を図り、人件費を削減することができる。また、顧客の利便性が向上す...(2014/10/22 提供:株式会社アイル)

製品資料
カスタマイズ型ERPがワンシステムで基幹業務をカバーできる理由
 ERPには、販売管理、生産管理、会計管理の組み合わせによって「単体集合型」「会計付属型」「業務統合型」の3パターンがある。その1つである業務統合型ERPは、販売管理、生産管理、会計管理に必要な機能を搭載しており、経営に必要な情報を正確かつタイムリーに把握でき...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

レポート
具体的なポイントを解説「販売管理に求められるIFRS対策」
 IFRSの適用にあたっては、会計システムの仕様のみに目がいきがちだが、販売管理システムへも影響が出るケースがあるので注意が必要である。強制適用条件に合致しない企業でも、取引先によっては対応を求められるケースもある。販売管理業務をシステム化している、または...(2011/1/31 提供:株式会社富士通マーケティング)

事例
成功企業のSalesforce×Fintechを活用した電子請求の構築事例
 これまでスクラッチ開発や個別カスタマイズが当たり前だった業務管理の領域でも、クラウドサービスによる低コスト化が急速に進んでいる。しかし、販売管理や会計などのシステム連携が不十分で、その隙間を運用で補わなければならないなど、クラウド化のメリットを生かせ...(2017/2/1 提供:株式会社Cloud Payment)

製品資料
「食の安全」を支える食品業界に特化した販売/生産管理、3つのポイントとは
 食品業界の在庫管理には、不定貫、荷姿管理、賞味/消費期限・製造日管理といった食品業界特有の仕様があり、汎用的なERPでは対応しきれず、カスタマイズが必要だった。 「AZCLOUD SaaS 食品」は、上記のような食品加工業特有のさまざまな仕様に対応した業務システムに...(2015/5/22 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

レポート
プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化
 ITや広告などのプロジェクトや案件単位で業務を扱う企業では、プロジェクトの収支管理が重要となる。しかし、プロジェクトマネジャーの経験や勘に頼って運営されているプロジェクトでは、その収支や進捗(しんちょく)が十分に把握されていないことも多い。 その解決策...(2017/8/23 提供:ネットスイート株式会社)

製品資料
会計システムへの不満はどこにある? アンケート調査で分かった製品選びのコツ
 財務・経理や人事・総務などのバックオフィス業務の重要性が増したことで、会計システムにはさらに多くの機能が求められるようになった。中でも「経費精算」「販売管理」「資産管理」などの業務システムとの連携機能に対するニーズが高まっている。 MJSとZDNet Japanが...(2017/5/2 提供:株式会社ミロク情報サービス)

事例
会計/販売管理/在庫管理システムの個別運用を統合しクラウド化するには?
 「JINS(ジンズ)」のブランド名で知られるアイウエア事業を中心に、高機能・高品質を追求しながら、既成概念にとらわれない事業戦略でビジネスを追求するジェイアイエヌ。同社では、会計/販売管理/在庫管理システムの個別運用がビジネスのボトルネックとなり、業務効...(2014/7/14 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
Excelの生産管理ではもう限界、海外工場の成功から国内拠点の導入までの事例解説
 FAケーブルメーカーの太陽ケーブルテックは、2009年、タイのアユタヤに工場を構えた。当初はExcelを利用して生産・販売管理を行っていたが、ビジネス規模の拡大とともに限界がでてきた。生産の工程実績や進捗状況など、意思決定を行うための重要な情報がリアルタイムに...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
3カ月で受発注システムを構築、基幹業務システムを短期立ち上げできた秘訣とは
 日々ビジネスのスピードが速まる現在、ますます業務の効率化と迅速なビジネス判断が求められている。市場の環境変化に柔軟に対応するためにも、基幹業務の短期立ち上げが大きな課題となっている。こうした場合、クラウド型ERPの利用は「必要なときに、必要な機能を、必...(2015/10/6 提供:富士通株式会社)

事例
大崎コンピュータエンヂニアリング、社内インフラ刷新で運用効率が大幅に向上
 情報通信の総合インテグレーターとして成長を遂げてきた大崎コンピュータエンヂニアリング。同社はICTのエキスパートであることの強みを生かし、社内インフラの整備・拡充、ガバナンスやセキュリティの確保に積極的に取り組んでいる。 その中でも重要な位置を占めるの...(2017/1/31 提供:株式会社ネットワールド)

事例
運送業の赤帽が基幹システムをクラウドに移行、配送効率向上とコスト削減を両立
 1都3県の約3500人で構成される赤帽首都圏軽自動車運送協同組合では、基幹システムの老朽化に対応するため、システムを刷新。配車システム、物品販売管理、組合員管理などを新たに構築した。 導入検討のポイントは、コストと開発の容易さ、および将来の利用範囲拡大にも...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

事例
海外拠点との受発注業務を効率化、CKDの生産性を向上させたデータ連携法とは?
 受発注業務では、商品の手配遅れや納品遅れ、誤出荷は絶対にあってはならないが、これらのミスをなかなか減らせずにいる企業は多い。このようなケースでよく見られるのが、電子メールやFAXで送られてきた帳票を手入力するような受発注管理だ。 自動機械装置などを製造...(2016/8/2 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
中堅企業の販売管理業務を効率化し経営を支えるERPとは?!
 EnterpriseVisionはJBCCの豊富な基幹システム構築実績によって実務現場に即応する処理機能を装備。●きめ細やかな単価設定取引先別に8種類の条件設定が可能。●柔軟な締処理対応請求・支払処理に仮締と本締を用意。部門単位の締処理も選択可能。●リベート管理機能取引...(2011/9/26 提供:日本ビジネスコンピューター株式会社)

事例
バッチ処理時間を10分の1に短縮 基幹システム仮想化統合の成果に迫る
 和洋菓子、アイスクリーム、パン、飲料の製造販売およびフランチャイズ(FC)店を全国展開するシャトレーゼ。同社では、商品開発から生産、販売、物流までの業務において、生産・調達システム、会計システムをはじめ、出荷・販売管理システム、顧客管理システム、物流シ...(2013/3/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
多商品・多店舗展開の「成長企業」が抱える3つの課題と対策
 小売専門店を運営する経営者は、企業の成長に伴い商品数や店舗が増加することで、「発注や在庫管理等の負荷増大」「最適な品ぞろえ・商品販売計画を行う分析機能不足」「接客を行う販売員への支援機能不足」といった問題に直面するのではないだろうか。 本資料は、専門...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

Webキャスト
見れば納得、食品業界に特化したERP型クラウドサービスのメリット
 食品業界の在庫管理には、業界特有の仕様があり、汎用的なERPでは対応しきれない。本コンテンツでは、食品業向けのソリューションに会計システムなどの共通業務ソリューションを組み合わせたERP型のクラウドサービス「AZCLOUD SaaS 食品」を紹介する。 経営者、情報シ...(2014/12/26 提供:株式会社富士通マーケティング)

事例
ワークフローシステム事例 販売管理連携によるペーパレス化・業務効率化
 基幹システムの再構築と同時にSOAを全面的に取り入れることで、ビジネス環境の変化に柔軟に対応できるようにした。この構築の中で販売管理の承認プロセスが曖昧だった部分の改善、ペーパレス化の促進を進める必要があり、受注登録システムと販売管理システムを連携させ...(2010/4/19 提供:富士電機システムズ株式会社)

事例
昭和30年代の基幹システムの限界。属人化する販売業務から脱却しグローバル展開へ
家庭用ミシンのトップメーカーとしてグローバル展開する蛇の目ミシン工業株式会社。昭和30年代に開発された基幹システムがメインフレーム上で稼働しており、当時500以上存在した店舗網を本社で集中管理していました。しかし、家庭環境や人口構成、嗜好など時代の移り変わ...(2013/5/15 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
「中堅・中小企業が求める4つのポイント」を実現するクラウド型ビジネスプレイスとは?
 中堅・中小企業の経営者が経営判断をサポートする情報を入手したり、専門家の助言を仰いだり、ITシステム構築を行うには、それなりの時間と労力、費用が必要だったのは過去の話だ。ITと経営支援のサポートの入り口となるクラウドサービスが登場した。SMB市場が求める「...(2014/3/3 提供:日本電気株式会社)

製品資料
迫る消費税改正、ここだけは気をつけたいシステム対応のポイント
 2014年4月1日より消費税率が8%に引き上げられる。さらにその1年半後の2015年10月には10%へと2段階で税率引上げが実施される予定だ。今回の消費税法改正では、税率アップと一定要件に関して現在の消費税率が適用される経過措置が設けられている点に注意したい。システ...(2014/2/26 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
事例で分かる セミオーダー方式による販売管理システムの導入効果
 細かい商慣習が多くある商社や卸売業界では、「標準プロセスを重視するパッケージソフトウェアは使いづらい」というのが定説だ。しかし、セミオーダー方式で高い柔軟性を持つ販売・会計統合ソリューションが登場し、パッケージの低コスト、短期導入のメリットを得られる...(2012/7/31 提供:株式会社日立製作所)

事例
海外に進出する中堅・中小企業の不安を取り除く ──失敗しない基幹システム構築3つのステップ
 中堅・中小企業の海外進出の流れが加速する中、海外拠点の基幹システム(財務会計/販売管理/生産管理など)構築に頭を悩ませる企業が増えています。 海外拠点は法制、商習慣、税制など国ごとの事情があります。また、正しい段取りを踏み、プロジェクトを推進しなけれ...(2013/8/1 提供:リコーITソリューションズ株式会社)

技術文書
ERPか手組みか? 多様化する顧客やグローバル化へ対応するIT基盤の最適解
 市場のリーダーシップは顧客側に移りつつある。企業が売り上げを確保・拡大するためには、従来のプロダクト・アウトの発想ではなく、顧客側の嗜好や購買チャネルの多様化に企業側から積極的に歩み寄っていく必要があるということになる。 そのためには、多様なニーズや...(2012/11/5 提供:デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社)

製品資料
貴社のバックアップ体制は本当に大丈夫? 低コストでデータ保全を更に高める手法とは!
 各種サーバしかバックアップ体制を講じていない企業は少なくない。しかしそれだけで十分とは言えない。なぜなら受発注情報などの販売管理データや取引先とのメールデータなど、損失により業務に支障をきたすデータは基幹サーバからPCまでさまざまなHDDに分散しているか...(2008/12/2 提供:株式会社インターコム)

Loading