TechTargetジャパン

レポート
小売・流通専門家に聞く:オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
 海外の小売業では数年前からオムニチャネルを推進する動きが活発となり、あらゆる購買チャネルをシームレスにする「シームレスリテーリング」という言葉も登場した。そして、遅れて日本でも企業での取り組みが本格化し始めている。もちろん、これまでも小売業のECサービ...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

技術文書
クラウド活用を成功に導く「ロードマップ」の作り方
 クラウドのメリットを最大限に生かすためには、クラウド活用のロードマップが大いに役立つ。自社に望ましいクラウド環境とはどういうものか、最初に導入すべきワークロードは何か、各部門の支持を得るために何をしたら良いのかという3つのポイントを踏まえ、ロードマッ...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
現在のPOSシステムの先にあるもの、統合コマースプラットフォームによる未来とは
 全米小売協議会(NRF)とアリゾナ大学が2014年に発表した報告書によると、70%の小売企業が今後3年間のうちに老朽化するPOSソフトウェアの更新を計画しているという。そこで注目されているのが「統合コマースプラットフォーム」の構築だ。これは従来の複数システム上に...(2015/10/30 提供:デマンドウェア株式会社)

技術文書
どれくらい安くなる? セットでお得な「au でんき」の魅力を分析
 電気料金の新プランを検証するシリーズ――。2016年4月から始まった電力の小売全面自由化の中で注目されているのが、大手通信キャリアの参入だ。その中で、KDDIは電力事業「au でんき」をスタートさせている。 電力の小売全面自由化により多くの事業者が参入する中、au...(2016/7/19 提供:KDDI株式会社)

事例
ムラウチドットコムを支えるシステム基盤――10年以上も止まらない秘訣を探る
 ムラウチドットコムは、PC、家電、家具、アパレル、DIY、生活雑貨など幅広い商品をネット通販で提供する企業だ。販売窓口であるECサイトに不具合が生じたり、レスポンスの遅延が起きたりすることは、売り上げに直結する経営問題となる。従って、24時間365日にわたる安定...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
キーワードをざっくり解説!いまさら聞けない「新電力」
 電気料金の値上げが相次ぐなか、自治体を中心に「新電力」へ契約を切り替える動きが活発になってきた。現在のところ自治体や企業を対象に自由に電力を販売できるのは、電力会社と新電力だけである。 今から16年前の2000年3月、電力の小売自由化が始まった時に「新電力...(2016/6/20 提供:KDDI株式会社)

技術文書
【動き出す電力システム改革】企業向け新電力シェアが10%近くに
 電力市場の構造を抜本的に変える「電力システム改革」の第2弾として、小売の全面自由化が4月1日に始まってから1カ月近くが経過した。改革の第1弾で発足した「電力広域的運営推進機関」(広域機関)が小売全面自由化に伴う契約変更(スイッチング)の申込件数を毎週金曜...(2016/6/7 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
インダストリアルIoT、状態監視でビジネス機会の損失をなくす?【事例で学ぶ状態監視】
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
【導入事例で学ぶ】製造現場に革新をもたらすタブレット端末活用
 IT専門調査会社のIDC Japanが実施した「国内エンタープライズモビリティ市場調査」によると、2020年の国内企業におけるタブレット端末の稼働台数は972万台で、スマートフォンの稼働台数は625万台になるという。 これまで、小売、サービス、教育といった産業分野が同市...(2016/8/2 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
自動車業界は「5G」をどう捉えているのか?
 現在、通信業界では「5G(第5世代移動通信)」の実現に向けて、あらゆる人々とモノ(自動車を含め)をつなげるため、精力的な活動を展開している。 5G規格について、通信業界は「ミッションクリティカルな用途向けに、2ミリ秒を下回る遅延(レイテンシ)を実現できる」...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「au でんき」が採用した顧客情報管理システムには関西電力のノウハウが詰まっている!
 関電システムソリューションとNECは、小売電気事業者向けの顧客情報管理システム「NISHIKI」の代理店契約を締結。NISHIKIは、関電システムソリューションが関西電力のシステムを開発・運用してきたノウハウを集約してパッケージ化したもので、電気料金の計算機能をはじ...(2016/7/19 提供:KDDI株式会社)

事例
小売業界で変化した「分析の目的」 顧客生涯価値を最大化するための分析とは
 消費者は常時スマートフォンやSNSを活用し、買い物をする際の販売チャネルを問わなくなった。そのような状況で小売業者は、価格、ロケーション、品ぞろえなど、従来考慮してきた要因の分析だけで差別化を図るのは難しい。小売業者にとっての課題はもはや消費者との取引...(2014/10/8 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【前編】
 PC向けOSとして広く普及している「Windows」のバリエーションの中に、組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」があることをご存じだろうか? Windows Embedded/IoTとは、特定用途向けに提供されている組み込みOSのことで、世の中にあるさまざまな組み込み機器...(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
個々の属性をリアルタイムに把握、顧客ニーズを捉える分析基盤の条件は?
 マーケティングや開発戦略において、個々の顧客属性に合わせたサービスを展開することの重要性は以前から指摘されていた。そこで多くの企業では、年齢、職業、性別、家族構成などの属性データを集めてグループ分けをし、顧客分析を行ってきた。 しかし、多くの顧客は必...(2016/9/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
顧客体験のパーソナライズ化がもたらすマーケティングの変動
 今日のマーケットは極めて複雑なものになっている。 コミュニケーションの主導権は顧客側にあることが明らかな今、マーケティング担当者の課題は、顧客とのエンゲージメントをより深化させるため、迅速に、時には先回りした顧客対応を取ることが必要となっている。 す...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
エンドユーザーの経験に学ぶ、オールフラッシュをビジネスの成功につなげる方法
 オールフラッシュストレージの導入は順調に伸びているが、だからといって単純にその超高速I/O性能を説明しても、経営層を納得させることはできない。経営層はオールフラッシュストレージが、具体的にどんなビジネスメリットを生み出すのかを聞きたがっている。 高性能...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
攻撃者はどうやってマイナンバーを盗むのか? 手口別の対策方法
 2016年からマイナンバーが本格稼働しているものの、まだ企業にとっては扱い方に慣れていない状況だ。これは言い換えれば、攻撃者にとってマイナンバーは格好の攻撃目標であり、企業にとっては大きな懸念材料だということになる。 標的型攻撃、内部不正による情報漏えい...(2016/8/9 提供:日本電気株式会社)

事例
「無印良品」の良品計画に学ぶ、顧客情報の漏えいを防ぐ監視と水際対策
 顧客情報漏えい事故の中には、外部からの攻撃だけでなく、内部関係者の持ち出しや、ミスによるものも少なくない。そのため、重要情報を外部に持ち出す場合、上長の承認やデータ暗号化などの運用ポリシーに基づき実施するのが一般的だ。 しかし、顧客情報を確実に保護す...(2016/9/9 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
SAP導入効果を事前検証、自社データを使って希望のSAP環境でテストする方法
 どんな製品でも、実際に導入すると、予想したほどの効果が得られないケースがある。特にエンタープライズ向け製品ではこうしたリスクを避けるため、評判の高い技術であっても、十分な事前検証をしてから導入することが重要となる。 さまざまなデータ活用に圧倒的な効果...(2016/9/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
5大Webサイト攻撃を総まとめ そして今必要な対策とは?
 2013年度は、多くのWebサイトへの攻撃が発生し、個人情報が漏えいしたり、Webサイトに訪問しただけでマルウェアに感染したりと、被害が増大した。このような被害を受けた場合、「損害賠償」「調査・対策費用」「風評被害」など、平均1〜2億円の被害が出ていることが分か...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
構成別価格がまる分かり、低コスト・高性能ストレージ選びの“目の付け所”
 フラッシュストレージの低価格化が進み、エントリー価格の製品でも高いパフォーマンスが得られるようになった。そのため、中小規模の企業でも高性能なストレージ環境への移行が進んでいるが、選択肢も増えていることから製品選びに悩むケースも見られる。 低コスト運用...(2016/9/13 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
分離ネットワークと次世代ファイアウォールを活用した高品質データ転送とは?
 情報漏えいした場合に多大な損害が発生する重要データを大量に扱う企業にとって、データ転送の使いやすさと安全性を同時に確保することは重要な課題だ。 このような企業向けに開発されたのが、分離ネットワークと次世代ファイアウォールを活用した高品質データ転送の手...(2016/9/13 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
オープンソースの利用が広がる中、なぜSASを使い続けるのか?
「市販のアナリティクス・ソフトウェアとオープンソースを併用すべきか、それともいずれか一方を選ぶべきか」。誰もが一度は迷ったことがあるだろう。もしくはずっと迷い続けているかもしれない。 どちらがより良い方法かを企業が迷う中、ニュークリアス・リサーチ社が最...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
IBMが贈るデジタルマーケティングを成功させる「10の秘訣」
 2015年はマーケティング担当者にとって大きな節目となった年だ。なぜならば、行動マーケティングの考え方を具体的な施策に落とし込むテクノロジーが数多く出現し、それらを活用して大きな成果を上げる企業が続々と登場し始めたからである。ただし、こうした企業も、まだ...(2016/9/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ロイヤリティープログラム活用の「5つの課題」――課題解決の処方箋はあるか
 「ロイヤリティープログラム」は、一定の収益を上げるだけでなく、顧客のさらなるロイヤリティー(忠誠度)向上を促すマーケティング施策である。このプログラムは高価格帯商品を対象にするものと考えられてきたが、最近では幅広い価格帯の商品で試されて効果を上げてい...(2016/9/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
アナリティクス向けのデータ管理、5つのベストプラクティス
 データ・サイエンティストの多くは、モデル開発にかかる時間の50〜80%をデータの準備に費やしている。洞察を導く作業に使えるはずの時間が、それだけ犠牲になっているのだ。 SASでは、高度なアナリティクスの活用と洞察の深化をサポートするためのデータ管理プロセスに...(2016/9/6 提供:SAS Institute Japan株式会社)

Loading