TechTargetジャパン

事例
通販事業に耐えるサーバを低コストで実現、テモナが選んだ運用・構築法とは?
 リピート通販事業者向けクラウドサービスを展開するテモナ。同社のサービスは、美容・健康食品業界を中心に1000社以上が利用している。同社がこのサービスを開始するに当たって頭を悩ませたのがサーバの選定だった。顧客の多様なニーズに応えるには、柔軟かつ短時間にサ...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

レポート
“簡単に攻撃できる企業”と思わせないために今すぐやるべき11のリスト
 テレビや新聞など幅広いメディアで報道される、サイバー攻撃による情報漏えい事件。その知名度や規模から、有名企業や大企業の事件の報道が目立ちがちだ。だが攻撃者の魔の手は企業規模を問わず、あらゆる企業に及んでいる。 Symantecの調査によると、個人情報の流出が...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
小売・流通専門家に聞く:オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
 海外の小売業では数年前からオムニチャネルを推進する動きが活発となり、あらゆる購買チャネルをシームレスにする「シームレスリテーリング」という言葉も登場した。そして、遅れて日本でも企業での取り組みが本格化し始めている。もちろん、これまでも小売業のECサービ...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

製品資料
スタッフ研修のコストと時間を削減、空き時間の自主学習を促す仕組みの作り方
 小売業で顧客に商品を積極的に提案したり、単価の高い商品を販売したりできる店舗スタッフを育成するためには、接客ノウハウが欠かせない。その教育の手法として、これまでは集合研修やOJTなどが行われてきたが、近年はモバイル端末の活用が進んでいる。 その背景には...(2017/2/1 提供:インフォテリア株式会社)

事例
Office 365のファイル保存時間はたった2秒、家電メーカーに聞くアプリ高速化の秘密
 米国ウィスコンシン州に本拠地を置く高級家電製品メーカーのSub-Zero Group。同社のIT環境は、関連流通業者6社がそれぞれ独自環境を配備していた。こうした状況を改善し、ローカルアプリケーションのパフォーマンスに慣れているエンドユーザーにWAN上でも同様のパフォー...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
【動き出す電力システム改革】企業向け新電力シェアが10%近くに
 電力市場の構造を抜本的に変える「電力システム改革」の第2弾として、小売の全面自由化が4月1日に始まってから1カ月近くが経過した。改革の第1弾で発足した「電力広域的運営推進機関」(広域機関)が小売全面自由化に伴う契約変更(スイッチング)の申込件数を毎週金曜...(2016/11/10 提供:KDDI株式会社)

技術文書
クラウド活用を成功に導く「ロードマップ」の作り方
 クラウドのメリットを最大限に生かすためには、クラウド活用のロードマップが大いに役立つ。自社に望ましいクラウド環境とはどういうものか、最初に導入すべきワークロードは何か、各部門の支持を得るために何をしたら良いのかという3つのポイントを踏まえ、ロードマッ...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
I/O性能が3倍以上のシステムに数日で移行、ピーチ・ジョンに学ぶインフラ刷新
 ランジェリー通販を手掛けるピーチ・ジョンは、顧客に最適なサービスを提供するためにICTの活用を進めている。その中で情報システム部は、新サービス開発に向けた提案から、インフラ環境の改善まで、幅広い活動をしている。 例えば、スマートフォンやSNSを通じて女性用...(2017/1/31 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
モバイルコマース調査:コンバージョン率の高いECサイトは何をしているのか?
 ECサイトでのモバイル端末からの購入率は年々増加している。2016年の第2四半期の調査では、モバイル経由の購入が国内小売業者におけるECサイトでの売り上げシェアの52%を占め、成長率では前年比で11ポイントの伸びを見せた。 この調査を実施したCriteoによると、モバ...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

事例
ECサイト/Web通販売り上げ向上、人手不足のモールこそ使いたいCVR改善ツール
 Web通販では、売り上げを伸ばすために新規顧客の獲得やお試し購入者の引き上げなどを目的としたさまざまなキャンペーンを実施する。その効果は「CVR」「引き上げ率」「クロスセル率」などで測定され、さらに効果の高いキャンペーンへとつなげていく。 しかし、時間や人...(2016/9/29 提供:TEMONA株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない
 2016年に発生したマルウェア「Mirai」による大規模なDDoS攻撃は、グローバルな規模でIoTデバイスを悪用した攻撃が既に実行可能であることを明らかにした。しかし、自動車や医療機器のような安全性が求められる分野でさえ、もはやIoTデバイスは欠かせないものとなってい...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

レポート
終わることないDoS攻撃、企業が年間で受ける被害のコストは?
 今なお企業に多大な被害を与え続けているDoS(サービス妨害)攻撃。Ponemon Instituteが米国で行った「DoS攻撃の被害コスト」に関する調査によると、テクニカルサポートや生産性の低下などを含む年間平均総被害コストは、約150万ドルに上るという。 この調査は、DoS攻...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

プレミアムコンテンツ
イノベーションの実現を支える3D CADのあるべき姿と将来への構想
 2016年1月31日〜2月3日(米国時間)に開催された「SOLIDWORKS World 2016」(開催地:テキサス州ダラス)。 5000人を超えるユーザーが世界中から参加する“「SOLIDWORKS」の祭典”では、将来の設計・デザイン業界の変革を見据えた数々の新機能や新製品/ソリューション...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策
 データの復旧と引き換えに身代金を要求するランサムウェア攻撃が、国内で本格化してきた。セキュリティベンダーの調査によれば、国内のランサムウェアの検出台数は2016年で前年比9倍以上と急激な伸びを見せている(2016年1月11日時点でのTrend Micro Smart Protection N...(2017/2/14 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか?
 民間および官公庁の調査を専門とするPonemon Instituteは、アプリケーション開発やセキュリティプロセスに携わる人を対象に、セキュリティが確保されていないモバイルアプリケーションのリスクをどのように軽減しているか、の調査報告を上げた。 回答者の77%が「アプ...(2017/2/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
容量のムダを排除して運用を効率化、ファイルサーバの可視化とは?
 業務関連データの容量増加に対応するため、多くの企業ではストレージ容量を前倒しで追加し、業務に支障を来さないように備えている。ただ、そのために過剰投資と判断される状況が慢性化し、新たな課題として浮上してきている。 こうした課題を解決するためには、ファイ...(2017/2/9 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル
 完璧なビジネスが不可能である以上、企業は苦情から逃れられない。そこで、苦情を避けるのでなく、むしろ顧客が苦情を伝えやすい環境を積極的に作り、企業の問題解決力を高めるべきだと説く「Customer Experience 3.0」(以下、CX 3.0)が注目されている。 そもそも顧...(2017/2/7 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
予測レポート:2017年のサイバーセキュリティが直面する6つの事態
 近年のセキュリティインシデントは、その被害が1つの企業・組織にとどまらず、広範に及ぶようになっている。IoTデバイスが乗っ取られ、インターネット経由で大規模なシステム停止が実行されるような脅威が現実のものとなった今、その対応があらためて問われている。 ま...(2017/2/15 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
こんな会社ならMDMが無くても大丈夫……さて、あなたの会社は?
 スマートフォンやタブレット端末はビジネス現場へ急速に普及してきた。業務の効率性やスピードアップを求め、さまざまな部門が多種多様なモバイルアプリケーションを使おうとしている。従業員の私有デバイスを業務に利用するBYOD(Bring Your Own Device)の登場だ。 ...(2017/2/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
100台のiPhoneから社内システムへの安全な接続を実現――EMM導入の決め手は
 外回りや客先といったオフィスに常駐しない働き方は、モバイルをうまく活用することで作業効率を大きく改善させられる。メール確認やスケジュール調整などを移動中のスキマ時間に行えば、訪問先や常駐先では本来の業務に専念できる。 ただし、モバイル端末には常にセキ...(2017/2/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
経費精算業務を90%削減、自動化とスマホ対応で申請・承認の悩みを一挙に解決
 毎月行われる経費精算は、経理担当者だけでなく申請者、承認者、管理者にとっても大きな負担となる。特に「外出先での申請や承認ができないこと」「申請ミスの修正が大変であること」「紙文書の管理が面倒であること」などは、経費精算システムへの大きな不満となってい...(2017/2/13 提供:株式会社Donuts)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

技術文書
Webセキュリティ再入門:WAFによるWebアプリケーション保護の基本戦略を知る
 2018年末には、Webアプリケーションの保護を一般的なファイアウォールや侵入防止システムのみに頼る企業は、現在の40%から20%未満まで減るといわれている。この変化の中で、今後、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の位置付けはどのように変わっていくのだ...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
1日2000件のサイバー攻撃に対応、富士通の多層防御と即応体制のノウハウとは?
 増加・高度化するサイバー攻撃に対し、セキュリティ施策も進化を求められている。人力のみの対処はもちろん、セキュリティツールを導入しても全ての脅威に自動的に対応することは不可能だ。より視野を広げ、脅威の侵入を前提としたセキュリティの多層化、つまり「多層防...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

事例
15の事例で見るWebサイト構築:高速化/低コスト化/高品質化を実現したCMSは?
 さまざまな企業や組織のWebサイト構築に利用されるCMS(コンテンツマネジメントシステム)。近年は、Webサイトの多言語・マルチデバイス対応へのニーズも高まり、更新作業にもより多くのメンバーが参加するようになったことから、その機能や操作性が再検討され始めてい...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

製品資料
タブレット導入で店舗を情報武装 接客力向上のノウハウを紹介
 販売・集客の支援ツールとして、店舗にタブレットを導入する企業も珍しくなくなった。しかし、多くの販売現場は増え続ける商品や顧客ニーズの多様化などの対応に追われており、せっかく導入しても使いこなす余裕がないという状況も散見される。 だが、タブレットこそ...(2017/2/1 提供:インフォテリア株式会社)

技術文書
クラウドバースト製品導入戦略ガイド
 クラウドの概念が拡大している。本稿ではクラウドバーストのメリットとデメリット、オンプレミスITの役割について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■クラウドバーストのメリットとデメリット■クラウドバーストの利用が伸びない理由■クラウドバー...(2017/2/1 提供:アイティメディア株式会社)

事例
日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択
 業務システムにバックアップは欠かせないが、その運用に掛かる手間やコストを適正化できていない企業は多い。国内外で小売業を展開するドン・キホーテも、複雑化したバックアップ環境の運用に掛かる手間とコストを課題としていた。 同社は物理環境として12のシステムを...(2016/11/24 提供:arcserve Japan合同会社)

Loading