TechTargetジャパン

レポート
小売分析の「6つのトレンド」――小売業界の先例に学ぶデータ分析の傾向
 小売ビジネスも、いまや店舗に在庫を並べて売れるのを待つだけというスタイルでは通用しなくなっている。小売業や消費者向け製品を扱う企業の多く、特にリーダー企業が既に分析戦略を優先的に進めるようになっており、そのデータを経営陣や社員に開示する傾向も強まって...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

事例
通販事業に耐えるサーバを低コストで実現、テモナが選んだ運用・構築法とは?
 リピート通販事業者向けクラウドサービスを展開するテモナ。同社のサービスは、美容・健康食品業界を中心に1000社以上が利用している。同社がこのサービスを開始するに当たって頭を悩ませたのがサーバの選定だった。顧客の多様なニーズに応えるには、柔軟かつ短時間にサ...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
【動き出す電力システム改革】企業向け新電力シェアが10%近くに
 電力市場の構造を抜本的に変える「電力システム改革」の第2弾として、小売の全面自由化が2016年4月1日に始まってから1年以上が経過した。改革の第1弾で発足した「電力広域的運営推進機関」(広域機関)が小売全面自由化に伴う契約変更(スイッチング)の申込件数を毎週...(2017/9/1 提供:KDDI株式会社)

事例
3年で国内最大級に成長したメガネ通販サイトを支えるクラウド型ERP活用法
 急成長したベンチャー企業のERPは、複雑な商品の移動や多様な販売チャネルへの対応が求められる。わずか3年で国内最大級となるメガネ通販サイトを興したオーマイグラスもまた、自社の新しいビジネスモデルに対応できるERPを探していた。 そこで、同社が採用したのが...(2017/8/23 提供:ネットスイート株式会社)

事例
流通BMSへの移行作業を効率化、トモヱ乳業に学ぶEDIシステム活用法
 メーカーや卸、小売業といった流通業界をはじめ、取引先との受発注業務のオンライン化(EDI化)や、EDIやFAXなどが混在した受発注取引の一元管理、自社の取引量に合った流通BMS対応システムの導入など、受発注業務においてさまざまな課題を抱えている企業が多い。 そん...(2017/9/26 提供:株式会社インターコム)

事例
4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」
 デジタル変革は、顧客接点から従業員の働き方、業務プロセスや商品・サービスそのものまで、さまざまな変革を企業にもたらす。デジタル変革はあらゆる業種・業態の企業に恩恵をもたらすものだが、特に小売業を中心としたB2Cビジネスではデジタル変革による競争が激しく...(2017/5/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する?
 小売業の発注業務を支援する在庫最適化システムは便利なものだが、従来は販促プロモーションなどのイレギュラーな需要に対応しきれない点が課題となっていた。需要予測ができず、販促の初期段階で在庫不足になったり、販促終了時に過剰な在庫を抱えてしまったりといった...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
この一冊でセキュリティ最新動向が分かる  セキュリティ脅威レポート2017年版
 シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)が発行された。世界最大級の民間脅威情報収集ネットワークが157を超える国や地域の脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析...(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法
 普及価格帯のヘッドマウントディスプレイや全天球カメラの登場などにより、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)が活況を呈している。既に、360度ライブ映像による水族館体験アプリや、3Dメガネを利用した不動産のバーチャル内覧アプリなどが登場し、多くの...(2017/10/13 提供:株式会社アイエンター)

製品資料
AI、IoTからVRまで――注目の技術分野から探る次世代ITインフラの条件
 「AR(拡張現実)/VR(仮想現実)/MR(複合現実)」「IoT」「AI/ディープラーニング」の3分野の技術が、近年、脚光を浴びている。これらの技術を活用するには、いずれもリアルタイム性が重要なポイントとなる。特にAR/VR/MRでは、その実現のためにストレージに極め...(2017/7/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
業界ごとに見る「創造的破壊」の現実――ビジネスの変化はどう進むのか?
 現在、あらゆる分野のビジネスにおいてデジタル化の波が押し寄せている。世界中の企業でデジタルディスラプション(デジタルによる創造的破壊)が起こっており、ビジネスモデルやビジネスプロセス、製品やサービスなどが一変してしまうケースも少なくない。 デジタルデ...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
バックアップ環境の刷新で数百万円のコスト削減、ドン・キホーテが選んだ手法は
 食品や衣料品、家電など、幅広い商品を扱う小売店として知られるドン・キホーテ。同社は、プライベートクラウドの活用を積極的に進め、数百の仮想化システムを統合運用している。この仮想環境のデータ保護についても、統合ストレージを導入することで一元化に成功した。(2017/9/28 提供:arcserve Japan合同会社)

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「CATIA」
 航空宇宙、船舶、自動車分野などの大規模アセンブリの設計・開発において、存在感を示しているのがフランスDassault Systemes(ダッソー・システムズ)が手掛けるハイエンド3D CAD「CATIA(キャティア)」である。 フランスの航空機メーカーDassault Aviation(ダッソ...(2017/10/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
検出回避方法を学ぶマルウェアの機能を徹底解説、防御の具体策とは?
 マルウェア攻撃が猛威を振るっている。サイバー犯罪者の手口は高度化を続け、企業のセキュリティ防御を回避できる適応型の脅威やマルウェアを日々作成している。それと同時に、ハッカーは企業のネットワークに侵入しようと創意工夫を重ねている。オープンなパブリックネ...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
データセンター進化の最新アプローチ、仮想化技術をどう活用すべきか?
 運用の複雑化やリソース不足、最新テクノロジーの対応の遅れなどの課題を解消できるインフラとして注目される、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)。この強力なインフラにデータセンターを移行するための最新アプローチは、大きく分けて2通りがある。 その1つが、HCI...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点
 一見しただけではグループウェアとの違いがよく分からない「営業支援システム」(SFA)。その導入段階では、「SFAではなく、グループウェアでもいいのではないか?」という声が上がることも多い。しかし、この両者には根本的な違いがある。 それは「システムとしての位...(2017/10/12 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
いまさら聞けない「統合脅威管理(UTM)」の基礎知識
 統合脅威管理(UTM)システムには多数のセキュリティ機能を搭載してあり、1台で幅広い脅威を防御できるのが特徴だ。とはいえ近年は、次世代ファイアウォール(NGFW)とUTMの機能的相違が曖昧になりつつあり、どちらも「ネットワークセキュリティのリスクを最小限に抑え...(2017/10/12 提供:シーティーシー・エスピー株式会社)

その他
受注業務の効率化とコスト削減を両立、EDI受注業務システムの8つのポイント
 EDI(電子商取引)では、商取引に関する各種情報を発注側/受注側双方のコンピュータが通信回線を介してやりとりを行う。このとき受注側に設置されるEDI受注業務システムでは、受注データを納品書や請求書、出荷の手配などに利用できるため、取引業務の一元管理、あるい...(2017/7/13 提供:株式会社インターコム)

製品資料
出荷のロスと機会損失を低減、誰でも60〜90%の精度で受注予測できる方法とは?
 卸売業やメーカーの受注予測は、精度が悪いとロスや機会損失が発生し、業績悪化の原因となる。しかし、受注予測は現場のベテラン担当者の経験や勘に依存しているケースも多く、担当者のスキルによって精度にばらつきが出てしまったり、退職や異動により業務に支障が出て...(2017/8/8 提供:株式会社ノーチラス・テクノロジーズ)

Webキャスト
IoTが変えた小売業の未来──顧客トレンドを予測して在庫・機会ロスをなくす
 在庫ロスや機会ロスは、小売業には付き物の悩みだ。売れ筋商品を入荷した途端にトレンドが去ってしまう、ニーズはあるのに仕入れが遅れて商品がない、といった事態は多くの店舗責任者が経験してきたことだろう。 IoTは、そうした事態を減少させる。大量生産された膨大...(2017/3/31 提供:インテル株式会社)

技術文書
クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方
 クラウドの導入に際して、多くの企業が運用効率やTCO、パフォーマンスなどを慎重に検討する。その一方で、プライベート、パブリック、ハイブリッドの3種類の実装モデルと、配置するワークロードの特性の親和性については、十分な検討がなされていないのが現状だ。 だが...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

製品資料
PCI DSS準拠だけでは足りない、特権アクセス管理のセキュリティ強化法
 クレジットカード情報を扱う事業者は、さまざまな規制順守のプレッシャーにさらされている。特に「PCI DSS」は、日本クレジット協会が2018年3月までの対応を求めるなど、国内の事業者にとって急務の課題となっている。中でも重要な要件が、特権アクセス管理の強化だ。 ...(2017/9/29 提供:CA Technologies)

レポート
世界トップクラスのIT部門が優先する3つの課題 日本のIT部門は大丈夫?
 顧客中心モデルへのシフトが進む中、多くのIT部門リーダーが「IT部門の役割は過去に例を見ないほど大きく変化している」と考えている。本レポートは、米国の他、日、加、英、仏、豪などで働くIT部門のリーダー2263人にアンケートを実施し、IT部門に対する役割の変化や人...(2017/9/27 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法
 ユーザーの行動が多様化している現在、多くの企業にとってデジタルマーケティングが重要課題となっている。その最適化のためには、どの媒体・広告によって、いつ、どんな成果に至ったのか、または至らなかったのか、さらにはその理由までを網羅的に把握する必要がある。(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

製品資料
「ハイパーコンパージドインフラ」の気になる最新情報・選定ポイントを大公開
 仮想化基盤の導入・運用においてはさまざまな課題が考えられる。導入までに必要なサイジング・検証にかかる時間やリソース不足、また運用開始後の設計・管理・障害対応の難しさやサーバのパフォーマンス不足、担当エンジニアのリソース不足などが問題となりやすい。 そ...(2017/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
経営者にとって「IoT導入」の価値は? 調査で見えた2つの投資回収シナリオ
 近年、大きな話題を集めるIoTだが、その注目度の高さと比べると、ビジネス環境への適用は遅れている。その要因の1つが、IoTの投資対効果(ROI)を可視化することの難しさだ。例えば、工場にIoTを導入し、大量のデータを収集・分析することで、どれだけの収益が見込める...(2017/9/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
フラッシュ導入で現場はどう変わった? 1000人のユーザー調査で見えた新事実
 フラッシュストレージの導入が急速に進んだことで、オンプレミスでHDDのみの環境を運用する企業はいまや少数派となりつつある。1000人のストレージユーザーを対象に行ったアンケート調査によれば、実に70%近くがオールフラッシュ、あるいはハイブリッドという構成でス...(2017/9/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
約半数が2秒以内の応答を期待、モバイルアプリへの高い要求に応えるには?
 モバイルデバイスの普及により、モバイルアプリケーションの性能向上が要求されている。調査によれば、ユーザーがモバイルを使用する時間の85%超がモバイルアプリに費やされていた。当然、モバイルアプリに対する要求は高く、大半のユーザーが4秒以内のロード時間、2秒...(2017/9/29 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
SAP HANA導入戦略ガイド
 SAPのインメモリデータプラットフォーム「HANA」は、ビジネスプロセスの転換を約束する。本稿では従来型のSAPアーキテクチャがHANAでどう変わったか、ある企業の顧客サービスがいかに合理化されたか、そしてHANAの実装を巡る混乱がなぜ生じるのかを解説する。 本PDFは...(2017/9/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは?
 エンタープライズ向けエンドポイントセキュリティ対策製品の性能は、ユーザーにとっては気になるところだ。この資料では、主要6社の製品を数多くの条件でテストした結果を基に脅威からエンドポイントを守る性能を比較している。 テストを実施した条件として、エンドポ...(2017/9/25 提供:Cylance Japan株式会社)

Loading