TechTargetジャパン

レポート
“簡単に攻撃できる企業”と思わせないために今すぐやるべき11のリスト
 テレビや新聞など幅広いメディアで報道される、サイバー攻撃による情報漏えい事件。その知名度や規模から、有名企業や大企業の事件の報道が目立ちがちだ。だが攻撃者の魔の手は企業規模を問わず、あらゆる企業に及んでいる。 Symantecの調査によると、個人情報の流出が...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
小売・流通専門家に聞く:オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
 海外の小売業では数年前からオムニチャネルを推進する動きが活発となり、あらゆる購買チャネルをシームレスにする「シームレスリテーリング」という言葉も登場した。そして、遅れて日本でも企業での取り組みが本格化し始めている。もちろん、これまでも小売業のECサービ...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

事例
Office 365のファイル保存時間はたった2秒、家電メーカーに聞くアプリ高速化の秘密
 米国ウィスコンシン州に本拠地を置く高級家電製品メーカーのSub-Zero Group。同社のIT環境は、関連流通業者6社がそれぞれ独自環境を配備していた。こうした状況を改善し、ローカルアプリケーションのパフォーマンスに慣れているエンドユーザーにWAN上でも同様のパフォー...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
【動き出す電力システム改革】企業向け新電力シェアが10%近くに
 電力市場の構造を抜本的に変える「電力システム改革」の第2弾として、小売の全面自由化が4月1日に始まってから1カ月近くが経過した。改革の第1弾で発足した「電力広域的運営推進機関」(広域機関)が小売全面自由化に伴う契約変更(スイッチング)の申込件数を毎週金曜...(2016/11/10 提供:KDDI株式会社)

技術文書
クラウド活用を成功に導く「ロードマップ」の作り方
 クラウドのメリットを最大限に生かすためには、クラウド活用のロードマップが大いに役立つ。自社に望ましいクラウド環境とはどういうものか、最初に導入すべきワークロードは何か、各部門の支持を得るために何をしたら良いのかという3つのポイントを踏まえ、ロードマッ...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
モバイルコマース調査:コンバージョン率の高いECサイトは何をしているのか?
 ECサイトでのモバイル端末からの購入率は年々増加している。2016年の第2四半期の調査では、モバイル経由の購入が国内小売業者におけるECサイトでの売り上げシェアの52%を占め、成長率では前年比で11ポイントの伸びを見せた。 この調査を実施したCriteoによると、モバ...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

事例
ECサイト/Web通販売り上げ向上、人手不足のモールこそ使いたいCVR改善ツール
 Web通販では、売り上げを伸ばすために新規顧客の獲得やお試し購入者の引き上げなどを目的としたさまざまなキャンペーンを実施する。その効果は「CVR」「引き上げ率」「クロスセル率」などで測定され、さらに効果の高いキャンペーンへとつなげていく。 しかし、時間や人...(2016/9/29 提供:TEMONA株式会社)

事例
日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択
 業務システムにバックアップは欠かせないが、その運用に掛かる手間やコストを適正化できていない企業は多い。国内外で小売業を展開するドン・キホーテも、複雑化したバックアップ環境の運用に掛かる手間とコストを課題としていた。 同社は物理環境として12のシステムを...(2016/11/24 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由
 自社運営の企業向け仮想データセンター「SmartVDC」を基盤に、プライベートクラウドサービス「VMホスティング」などを提供しているスマートバリュー。VMホスティングでは、利用者の増加に合せてストレージを拡張してきたものの、従来使用してきた機種では、拡張を続けて...(2017/1/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

事例
スマホアプリで顧客と理想的な関係を構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣
 「今年の採用はアプリから」――GYAOは、常に学生が持ち歩くスマートフォンに着目し、2017年から新卒採用の全てをアプリ経由でのエントリーとした。Webサイトからのエントリーもできなくしたことに、学生はどのように反応したのだろうか。 採用という観点からは、エン...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

事例
自社アプリで集客/購買を促進――スキル不要で開発から顧客育成まで一気に実現
 2016年から2020年にかけて、スマートフォンアプリのダウンロード数は倍増すると予想されている。この流れを受けて、自社アプリを活用した集客促進や購買促進に取り組む企業が増えているが、実際のマーケティング効果はどのくらいあるのだろうか。 あるスポーツウェアメ...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

事例
AWS導入事例:ECサイトや社内システムの耐障害性と柔軟性を高めるには?
 近年、ECサイトや社内システムのようなミッションクリティカルなシステムのクラウド移行が進んでいる。その背景には、Amazon Web Services(AWS)に代表される、耐障害性やセキュリティに優れたクラウドサービスの存在がある。 しかし、信頼性の高いAWSであってもシス...(2017/1/12 提供:クラスメソッド株式会社)

製品資料
これまでの延長では追い付けない、巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは
 ビッグデータの活用が本格化している中、多くの企業で課題となるのは「データ量の爆発的な増加にどう対応していくか」というものだ。総務省の調査によれば、データの流通量は9年間で約9.3倍にもなると見込まれている。 これだけ巨大となると、従来の延長線上ではすぐに...(2017/1/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
AI導入が現実的な選択肢に――ASP・SaaS型Watsonではじめるテキストマイニング
 人工知能「IBM Watson」の登場により、これまで困難とされてきた自然言語解釈技術を活用したテキストマイニングを一般企業でも手軽に行えるようになった。その結果、クレーム、問い合わせ、SNSなどの顧客の声を分析し、傾向把握や課題発掘をする手法が一般的なものとな...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

レポート
急拡大するアジアEC市場の勝敗はどこで分かれる? EC基盤が直面する3つの課題
 2018年までにアジアは世界のEC売上の60%以上を占めるようになり、世界有数のEC市場になると見込まれている。その背景には、インド・中国・日本・韓国におけるEC市場の爆発的な成長と、東南アジアを含むアジア全体における中流世帯の購買力の強まりがある。また、スマー...(2016/12/28 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
メールやSNSの問い合わせまで漏れなく返信、統合管理ツールで対応業務を効率化
 顧客からの問い合わせは、メール・電話・Webサイトの受付フォームなど、さまざまな窓口から寄せられる。さらに近年は、SNS上で企業とコミュニケーションを取りたいと考える人も増えており、顧客接点はさらに拡大する傾向にある。 しかし、対応業務が効率化されていない...(2016/12/15 提供:スタークス株式会社)

事例
まだ1年前の機能を使っているの? いつでも進化する「AutoCAD」の真価
 オートデスクでは2014年から順次、ライセンス体系の変更を進めてきており2016年8月に全ての製品のライセンスを「ライセンス買い取り型」から「サブスク リプション型」に切り替えた。これに伴いCAD製品である「AutoCAD」も全面的にサブスクリプション型へ移行。さらに20...(2016/12/6 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
エンタープライズクラウドが明日のIT担当者を救う「10の理由」
 過去10年ほどの間、ITインフラはバラバラなリソースを積み上げる形で変化してきた。しかし、多くの企業が自社のデータセンターに対して、俊敏性やシンプル性、成長に合わせた拡張性を求めるようになったことで、このような流れにも変化が現れている。 特に注目すべきは...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
会計システムのトレンド調査:ユーザーは何に不満を感じているのか?
 消費増税や会計基準変更、ワークスタイルの多様化などにより、会計システムへのニーズは年々変化してきている。その一方で、会計システムを長期に渡って利用する企業は増加傾向にあり、近年はニーズとマッチしない状況が目立ち始めている。 ミロク情報サービスとZDNet ...(2016/12/9 提供:株式会社ミロク情報サービス)

レポート
現在のPOSシステムの先にあるもの、統合コマースプラットフォームによる未来とは
 全米小売協議会(NRF)とアリゾナ大学が2014年に発表した報告書によると、70%の小売企業が今後3年間のうちに老朽化するPOSソフトウェアの更新を計画しているという。そこで注目されているのが「統合コマースプラットフォーム」の構築だ。これは従来の複数システム上に...(2015/10/30 提供:デマンドウェア株式会社)

レポート
購入経路の多様化により、あらゆる局面でのマーケティング努力が必要に
 従来のマーケティング手法では、消費者が購入へと至る経路を直線的に捉えてきた。しかし、近年の消費者は、実店舗で商品を購入する前に、ネット検索や口コミ情報を活用するなど、各フェーズでさまざまな顧客接点を利用するようになっている。 消費者のたどる経路は消費...(2016/11/21 提供:アドビ システムズ 株式会社)

技術文書
どれくらい安くなる? セットでお得な「au でんき」の魅力を分析
 電気料金の新プランを検証するシリーズ――。2016年4月から始まった電力の小売全面自由化の中で注目されているのが、大手通信キャリアの参入だ。その中で、KDDIは電力事業「au でんき」をスタートさせている。 電力の小売全面自由化により多くの事業者が参入する中、au...(2016/7/19 提供:KDDI株式会社)

製品資料
仮想化環境の隠れた課題を可視化、健康診断サービスで運用改善とコスト削減
 業務を支える仮想化基盤の安定的な稼働と十分なパフォーマンスの確保は、多くの企業が重要課題としている。しかし、コスト面の制約もある中で、環境や運用の最適化や、ハードウェアリソースの適正なサイジングを実現することは容易ではなく、運用を健全化できずにいるケ...(2016/11/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月16日号:Windows Server 2016のココが凄い
 Computer Weekly日本語版 11月16日号は、以下の記事で構成されています。■もう未来の技術ではない──銀行・政府機関で進むブロックチェーン導入■盗聴の可能性? 英国で閣僚のスマートウォッチ禁止令■競合他者も驚いた、ダンキンドーナツのデータアナリティクス戦...(2016/11/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
THE BIG BANG 拡大するデジタルデータ、クラウドが変えるレジリエンスとは?
 デジタルユニバースの規模は6兆にまで達する。この数字はわずか3年前、スーパーコンピュータIBM Watsonが、クイズ番組「Jeopardy」で卓越した2人の出場者に勝利した際に必要だったデータの3億7500万倍にもなる。 システム、マーケティングイニシアチブ、お客さまとの対...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
自社の製品保守にIBMの保守サービスインフラ 障害受付・出張・リモート対応、部品供給まで
 IBMは創業当初より、製品販売だけでなく保守まで含めたエンドトゥエンドでの製品価値提供を行ってきた。世界中で稼働しているIBM製品を、今日も世界中のIBM技術員が保守している。 場所によらず均質な保守サービスを提供するIBMの保守サービスインフラを、IBM以外のメ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
大手企業が次々にpcAnywhereから乗り換え先として選択するリモートコントロールツールとは
 社内ユーザー向けヘルプデスクや遠隔地にある無人サーバメンテナンスを中心に、リモートコントロールツールとして利用されている「pcAnywhere」は、2016年4月にサポートが終了した。現在pcAnywhereを利用している場合には、注意が必要だ。 pcAnywhereを使い続けるリス...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

製品資料
Office 365連携製品を徹底活用――4事例で分かるコスト削減/業務改善効果
 既に多くの企業が導入し、コスト削減や業務効率化、ワークスタイル変革などに活用しているOffice 365。ある程度の成果を上げている企業ほど見落としやすいことだが、これらの効果はOffice 365連携製品によってさらに大きなものとなる。 その成功例の1つが、ダイレクト...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading