TechTargetジャパン

事例
通販事業に耐えるサーバを低コストで実現、テモナが選んだ運用・構築法とは?
 リピート通販事業者向けクラウドサービスを展開するテモナ。同社のサービスは、美容・健康食品業界を中心に1000社以上が利用している。同社がこのサービスを開始するに当たって頭を悩ませたのがサーバの選定だった。顧客の多様なニーズに応えるには、柔軟かつ短時間にサ...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない
 従来のマスマーケティング効果が薄れていく中、近年脚光を浴びているのが、個々の顧客に最適なマーケティング施策を実行するOne to Oneマーケティングである。もちろんこうした高度な施策は一朝一夕にできるものではなく、ツール整備を含めさまざまな環境を整えなければ...(2017/3/1 提供:株式会社フュートレック)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

レポート
“簡単に攻撃できる企業”と思わせないために今すぐやるべき11のリスト
 テレビや新聞など幅広いメディアで報道される、サイバー攻撃による情報漏えい事件。その知名度や規模から、有名企業や大企業の事件の報道が目立ちがちだ。だが攻撃者の魔の手は企業規模を問わず、あらゆる企業に及んでいる。 Symantecの調査によると、個人情報の流出が...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
小売・流通専門家に聞く:オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
 海外の小売業では数年前からオムニチャネルを推進する動きが活発となり、あらゆる購買チャネルをシームレスにする「シームレスリテーリング」という言葉も登場した。そして、遅れて日本でも企業での取り組みが本格化し始めている。もちろん、これまでも小売業のECサービ...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

事例
Office 365のファイル保存時間はたった2秒、家電メーカーに聞くアプリ高速化の秘密
 米国ウィスコンシン州に本拠地を置く高級家電製品メーカーのSub-Zero Group。同社のIT環境は、関連流通業者6社がそれぞれ独自環境を配備していた。こうした状況を改善し、ローカルアプリケーションのパフォーマンスに慣れているエンドユーザーにWAN上でも同様のパフォー...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素
 消費者が自ら情報を発信し、膨大なコンテンツが氾濫するデジタルチャネル時代。口コミ情報の影響力は大きく、既存チャネルを通じて企業が主導するマーケティングだけでは、効果的にアプローチすることが難しくなっている。これは、マーケターが意識すべきカスタマージャ...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
クラウド活用を成功に導く「ロードマップ」の作り方
 クラウドのメリットを最大限に生かすためには、クラウド活用のロードマップが大いに役立つ。自社に望ましいクラウド環境とはどういうものか、最初に導入すべきワークロードは何か、各部門の支持を得るために何をしたら良いのかという3つのポイントを踏まえ、ロードマッ...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/3/14 提供:Talend株式会社)

事例
CRM/DMPとポイント管理を統合、「顧客囲い込み」を実現するマーケティング基盤
 激しい競争が行われている現在のオンラインビジネスでは、獲得した顧客を囲い込むための「リテンションマーケティング」が勝敗を左右する。そのため、Webサイト運営では、一人一人の顧客に最適化したサービスを提供し、顧客満足度を高めることが重要となっている。 従...(2017/3/6 提供:エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社)

製品資料
進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法
 データは適切に活用してこそ、成果につながる。ビジネスにおいてはデータに基づく洞察の大切さはもちろん、成果を得るには迅速な行動が不可欠だ。できることなら、業務遂行上のさまざまな意思決定を自動化させていくことが望ましい。 自動化は判断の遅れを避け、意思決...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
I/O性能が3倍以上のシステムに数日で移行、ピーチ・ジョンに学ぶインフラ刷新
 ランジェリー通販を手掛けるピーチ・ジョンは、顧客に最適なサービスを提供するためにICTの活用を進めている。その中で情報システム部は、新サービス開発に向けた提案から、インフラ環境の改善まで、幅広い活動をしている。 例えば、スマートフォンやSNSを通じて女性用...(2017/1/31 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
5大Webサイト攻撃を総まとめ そして今必要な対策とは?
 2013年度は、多くのWebサイトへの攻撃が発生し、個人情報が漏えいしたり、Webサイトに訪問しただけでマルウェアに感染したりと、被害が増大した。このような被害を受けた場合、「損害賠償」「調査・対策費用」「風評被害」など、平均1〜2億円の被害が出ていることが分か...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
クラウド移行動向調査:移行における重要課題とベストプラクティスは?
 企業におけるクラウドの重要性は年々高まっている。オンプレミスサーバからクラウドへのシステム移行は、既に大きく進んでいるが、そこにはさまざまな目的や手法が存在する。今後、移行を検討する企業にとって、これらの企業の戦略に学ぶことは大きな意味を持つ。 そこ...(2017/3/15 提供:三井情報株式会社)

レポート
売れてるECサイトは金曜日にメルマガを送る? 調査で分かった配信のコツ
 スマートフォンの普及により活況が続くWebビジネス。そのなかでも「メールマーケティング」は、ECサイトの成功に欠かせないものとなった。とはいえ、大量のメールをやみくもに配信するだけでは、ユーザーとの距離はさらに広がってしまう。 それでは、“売れてる”ECサ...(2017/3/9 提供:ユミルリンク株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり
  Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
経費管理製品導入戦略ガイド
 英国企業は年間約100億ポンドもの経費申請を処理しているが、ITを使ってその出費を管理している企業は驚くほど少ない。本稿では経費管理アプリケーションによっていかに組織のコストと時間を節減できるかを解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■経費...(2017/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

事例
工業用バーコードリーダ読み取り入門ガイド〜基礎知識からリーダの選び方まで〜
「工業用バーコードリーダ読み取り入門」は、一次元バーコードや二次元マトリックスコードの種類や特徴から、コードのマーキング方法、バーコードリーダの種類とそのメリット・デメリットや選び方、用語集、ユーザー事例まで幅広い内容で構成。また、バーコードリーダ選定...(2017/2/28 提供:コグネックス株式会社)

レポート
モバイルコマース調査:コンバージョン率の高いECサイトは何をしているのか?
 ECサイトでのモバイル端末からの購入率は年々増加している。2016年の第2四半期の調査では、モバイル経由の購入が国内小売業者におけるECサイトでの売り上げシェアの52%を占め、成長率では前年比で11ポイントの伸びを見せた。 この調査を実施したCriteoによると、モバ...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

事例
ECサイト/Web通販売り上げ向上、人手不足のモールこそ使いたいCVR改善ツール
 Web通販では、売り上げを伸ばすために新規顧客の獲得やお試し購入者の引き上げなどを目的としたさまざまなキャンペーンを実施する。その効果は「CVR」「引き上げ率」「クロスセル率」などで測定され、さらに効果の高いキャンペーンへとつなげていく。 しかし、時間や人...(2016/9/29 提供:TEMONA株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない
 2016年に発生したマルウェア「Mirai」による大規模なDDoS攻撃は、グローバルな規模でIoTデバイスを悪用した攻撃が既に実行可能であることを明らかにした。しかし、自動車や医療機器のような安全性が求められる分野でさえ、もはやIoTデバイスは欠かせないものとなってい...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
イノベーションの実現を支える3D CADのあるべき姿と将来への構想
 2016年1月31日〜2月3日(米国時間)に開催された「SOLIDWORKS World 2016」(開催地:テキサス州ダラス)。 5000人を超えるユーザーが世界中から参加する“「SOLIDWORKS」の祭典”では、将来の設計・デザイン業界の変革を見据えた数々の新機能や新製品/ソリューション...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
研修期間が1カ月から1週間に――銀座メガネの従業員はなぜ自主学習できるのか?
 店頭で単価の高い商品を販売する場合、その売り上げは従業員の接客スキルによって大きく左右される。そのため、多くの企業が、現場で積極的な商品提案ができる人材の育成を目指し、マナーや作法、商品情報や業界トレンド、競合情報などの知識を習得するための社内研修を...(2017/2/1 提供:インフォテリア株式会社)

レポート
2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策
 データの復旧と引き換えに身代金を要求するランサムウェア攻撃が、国内で本格化してきた。セキュリティベンダーの調査によれば、国内のランサムウェアの検出台数は2016年で前年比9倍以上と急激な伸びを見せている(2016年1月11日時点でのTrend Micro Smart Protection N...(2017/2/14 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル
 完璧なビジネスが不可能である以上、企業は苦情から逃れられない。そこで、苦情を避けるのでなく、むしろ顧客が苦情を伝えやすい環境を積極的に作り、企業の問題解決力を高めるべきだと説く「Customer Experience 3.0」(以下、CX 3.0)が注目されている。 そもそも顧...(2017/2/7 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか?
 民間および官公庁の調査を専門とするPonemon Instituteは、アプリケーション開発やセキュリティプロセスに携わる人を対象に、セキュリティが確保されていないモバイルアプリケーションのリスクをどのように軽減しているか、の調査報告を上げた。 回答者の77%が「アプ...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
これで失敗しない! モバイルバッテリーの賢い選び方
 スマートフォンを外出先で頻繁に使うビジネスパーソンにとって、気になるのがバッテリー切れだ。「大容量バッテリー」「省エネ」をうたうスマートフォンも増えつつあるものの、ノートPCやタブレット並みのバッテリーの持ちを期待するのは難しい。GPSを利用した位置情報...(2017/2/27 提供:KDDI株式会社)

製品資料
人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想
 2016年のサイバーセキュリティを振り返るとき、一番に注目されるのがバングラデシュ中央銀行の不正送金事件に用いられた「自律的マルウェア」だ。このマルウェアは、人工知能の先駆けとなるコードを含んでおり、資金の引き出し方法を学習するように設計されていた可能性...(2017/2/24 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている?
 仮想化技術やクラウドサービスの導入が進んだ現在、可用性の重要性は以前にも増して大きくなっている。それはバックアップや災害復旧(DR)計画などへの要求が高まったことだけではなく、アプリケーションの大半がミッションクリティカル、ビジネスクリティカルなものへ...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

Loading