TechTargetジャパン

レポート
小売分析の「6つのトレンド」――小売業界の先例に学ぶデータ分析の傾向
 小売ビジネスも、いまや店舗に在庫を並べて売れるのを待つだけというスタイルでは通用しなくなっている。小売業や消費者向け製品を扱う企業の多く、特にリーダー企業が既に分析戦略を優先的に進めるようになっており、そのデータを経営陣や社員に開示する傾向も強まって...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

事例
通販事業に耐えるサーバを低コストで実現、テモナが選んだ運用・構築法とは?
 リピート通販事業者向けクラウドサービスを展開するテモナ。同社のサービスは、美容・健康食品業界を中心に1000社以上が利用している。同社がこのサービスを開始するに当たって頭を悩ませたのがサーバの選定だった。顧客の多様なニーズに応えるには、柔軟かつ短時間にサ...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」
 デジタル変革は、顧客接点から従業員の働き方、業務プロセスや商品・サービスそのものまで、さまざまな変革を企業にもたらす。デジタル変革はあらゆる業種・業態の企業に恩恵をもたらすものだが、特に小売業を中心としたB2Cビジネスではデジタル変革による競争が激しく...(2017/5/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
AI、IoTからVRまで――注目の技術分野から探る次世代ITインフラの条件
 「AR(拡張現実)/VR(仮想現実)/MR(複合現実)」「IoT」「AI/ディープラーニング」の3分野の技術が、近年、脚光を浴びている。これらの技術を活用するには、いずれもリアルタイム性が重要なポイントとなる。特にAR/VR/MRでは、その実現のためにストレージに極め...(2017/7/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
この一冊でセキュリティ最新動向が分かる  セキュリティ脅威レポート2017年版
 シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)が発行された。世界最大級の民間脅威情報収集ネットワークが157を超える国や地域の脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

その他
受注業務の効率化とコスト削減を両立、EDI受注業務システムの8つのポイント
 EDI(電子商取引)では、商取引に関する各種情報を発注側/受注側双方のコンピュータが通信回線を介してやりとりを行う。このとき受注側に設置されるEDI受注業務システムでは、受注データを納品書や請求書、出荷の手配などに利用できるため、取引業務の一元管理、あるい...(2017/7/13 提供:株式会社インターコム)

製品資料
出荷のロスと機会損失を低減、誰でも60〜90%の精度で受注予測できる方法とは?
 卸売業やメーカーの受注予測は、精度が悪いとロスや機会損失が発生し、業績悪化の原因となる。しかし、受注予測は現場のベテラン担当者の経験や勘に依存しているケースも多く、担当者のスキルによって精度にばらつきが出てしまったり、退職や異動により業務に支障が出て...(2017/8/8 提供:株式会社ノーチラス・テクノロジーズ)

Webキャスト
IoTが変えた小売業の未来──顧客トレンドを予測して在庫・機会ロスをなくす
 在庫ロスや機会ロスは、小売業には付き物の悩みだ。売れ筋商品を入荷した途端にトレンドが去ってしまう、ニーズはあるのに仕入れが遅れて商品がない、といった事態は多くの店舗責任者が経験してきたことだろう。 IoTは、そうした事態を減少させる。大量生産された膨大...(2017/3/31 提供:インテル株式会社)

技術文書
【動き出す電力システム改革】企業向け新電力シェアが10%近くに
 電力市場の構造を抜本的に変える「電力システム改革」の第2弾として、小売の全面自由化が2016年4月1日に始まってから1年以上が経過した。改革の第1弾で発足した「電力広域的運営推進機関」(広域機関)が小売全面自由化に伴う契約変更(スイッチング)の申込件数を毎週...(2017/4/14 提供:KDDI株式会社)

製品資料
先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由
 新たなイノベーションや機会の創出によってビジネスの変革が目まぐるしく進む状況下で、企業が競争上の優位性を保ちつつビジネス目標を達成するためには、クラウドを活用しつつ、システムのスピードや効率、柔軟性を高めていく必要がある。 クラウド戦略の具体的なアプ...(2017/6/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
次世代仮想化基盤の鍵、「ネットワーク仮想化」で得られる3つの効果とは?
 ソフトウェア定義(Software-Defined)という概念の実現によって、サーバ、ネットワーク、ストレージの仮想化が進んでいる。中でもサーバの仮想化は、既に多くの企業に導入され、ハードウェアコストや運用負荷の削減という大きなメリットを生んでいる。 しかし、サーバ...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
インカム通話や業務用SNSをスマートフォン1台に集約、現場間の作業効率を変える
 日常業務から、工場、店舗、イベント業務など、ビジネス全般においてコミュニケーションの課題を抱える現場は多い。広大な作業現場や工場などのように、離れた場所からコミュニケーションをとることが多い現場では、適切な通信手段を確保することが意外と難しい。複数の...(2017/8/7 提供:富士通株式会社)

技術文書
検出回避方法を学ぶマルウェアの機能を徹底解説、防御の具体策とは?
 マルウェア攻撃が猛威を振るっている。サイバー犯罪者の手口は高度化を続け、企業のセキュリティ防御を回避できる適応型の脅威やマルウェアを日々作成している。それと同時に、ハッカーは企業のネットワークに侵入しようと創意工夫を重ねている。オープンなパブリックネ...(2017/6/1 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

技術文書
償却期限間近の企業システムを迅速・低コストに移行する方法とは?
 業務アプリケーションを含めたインフラ全体をクラウドに移行する企業は、年々増えてきている。その狙いとしては、サポートが終了したOSやレガシーソフトウェアを維持するための時間やコストを削減し、パフォーマンスと信頼性の課題を回避することなどが挙げられる。 中...(2017/8/7 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

その他
優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス
 企業の成長にとって優れたカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の提供は欠かせないものだ。その実現のためには、顧客との接点で行われる一連のやりとりを「カスタマージャーニー」として捉え、総合的なエクスペリエンスを考えていく必要がある。 重要なのは、カスタ...(2017/8/1 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ
 本コンテンツは、シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)である。157を超える国や地域で脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析し、アナリストが以下のような調査...(2017/6/19 提供:株式会社シマンテック)

レポート
“簡単に攻撃できる企業”と思わせないために今すぐやるべき11のリスト
 テレビや新聞など幅広いメディアで報道される、サイバー攻撃による情報漏えい事件。その知名度や規模から、有名企業や大企業の事件の報道が目立ちがちだ。だが攻撃者の魔の手は企業規模を問わず、あらゆる企業に及んでいる。 Symantecの調査によると、個人情報の流出が...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月5日号:CIOが果たすべき3つの役割
 Computer Weekly日本語版 7月5日号は、以下の記事で構成されています。■世界に広がる安全対策プロジェクト、きっかけは軽井沢スキーバス転落事故■リアル店舗強化中のトイザらス、iPad導入で販売数400%増■HPEのCTOに聞くメモリ主導型コンピュータ「The Machine」の...(2017/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「固定資産管理システム」統合事例:グループ全体の最適化で効率化とコスト削減
 ソニーグループのリテール事業部門が独立する形で誕生したスタイリングライフグループ。雑貨小売、通信販売、美容・健康などの分野で事業を展開する同グループは、2012年から、グループ全体の経営プラットフォームとして人事・経理・総務等の間接業務サービスの集約・標...(2017/5/29 提供:株式会社プロシップ)

事例
パブリッククラウドで金融機関が求めるセキュリティに対応――事例に学ぶ導入法
 安政2年の創業以来、江戸末期・明治・大正・昭和・平成……と時代の変化を乗り越え、コンピュータ用連続用紙であるビジネスフォームの製造などを手掛けてきたイセトー。同社は、情報処理サービス分野のビジネス領域を拡大するため、デジタル化の進む金融業界の環境変化...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する?
 小売業の発注業務を支援する在庫最適化システムは便利なものだが、従来は販促プロモーションなどのイレギュラーな需要に対応しきれない点が課題となっていた。需要予測ができず、販促の初期段階で在庫不足になったり、販促終了時に過剰な在庫を抱えてしまったりといった...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラの見極め方――重要ポイントを徹底検証
 現在、多くの企業がサーバ、ストレージ、SANの3階層アーキテクチャから、統合ソリューションへのアップグレードを図っている。その有力な選択肢であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)にも、さまざまな選択肢があり、どの製品を選べばよいのか判断できずにいる企業...(2017/7/28 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
ERPをわずか3カ月で導入して少人数で運用、外資系アパレル企業が成功した秘訣は?
 米国発のワークカジュアルブランド「ディッキーズ」の日本法人として2011年に設立されたウィリアムソン・ディッキー・ジャパン。その事業開始に向け、基幹システムを早急に構築する必要のあった同社が採用したのが、クラウドERPだった。 世界110カ国で展開するグローバ...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
デジタルトランスフォーメーション時代に企業がAPI管理に注目すべき理由とは
 今、企業のIT関係者が最も関心を寄せている概念が「デジタルトランスフォーメーション」だ。この概念を実現するためにIT担当者は何をすべきなのか。その手段は多岐にわたるが、その1つに「APIの管理」がある。APIの管理では「統合と構築」「保護」「開発加速」「価値の...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

製品資料
APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ
 銀行を取り巻く環境は、ここ数年で大きく変化した。その役割を果たしたのが、拡大する顧客の期待、決済方法の新しい選択肢、他社との競争という3つの収束トレンドである。さらに、「EU決済サービス指令の改訂版(PSD2)」のような新しい規制は、銀行が顧客情報をサード...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

事例
顧客情報を集約してスマートフォンで活用、日本パレットレンタルの名刺整理術
 名刺をファイルなどに入れて管理し、営業活動に利用している企業は今も多い。しかし、名刺は重要な顧客情報であるため、営業車の中などに置いておくわけにもいかず、肌身離さず持ち歩くことになる。 物流商材レンタルの老舗、日本パレットレンタルも、そんな企業の1つ...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

プレミアムコンテンツ
白物家電設計におけるモータードライバICとIPM技術の最新動向
 白物家電メーカーは激しい競争が続く市場において、消費者にとって自社製品をより魅力的なものにする必要があります。同時に、ENERGY STARや92/75/ECといった環境ガイドラインに従って動作音が小さく動作寿命の長い、高集積度/高エネルギー効率の機器を開発しなくては...(2017/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
低コストで耐障害性・安全性を強化、天野実業に学ぶ帳票基盤のクラウド移行
 アサヒグループの一員として食品事業を展開する天野実業。同社は、オンラインショップを通じて、フリーズドライ食品やレトルト食品などの販売を行っているが、その業務を支える請求書発行システムの運用に課題を抱えていた。 個人情報を扱うシステムであるため、障害対...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

レポート
セキュリティ調査レポート:「シャドーIT」がクラウド導入に与える影響は?
 近年、企業が採用するクラウドサービスには、さまざまな形態や規模が存在する。いずれもコスト削減や柔軟な組織運用を可能にするものだが、このような技術の変化は、セキュリティ対策の負担も増加させている。中でも深刻な問題となっているのが「シャドーIT」だ。 セキ...(2017/6/30 提供:マカフィー株式会社)

Loading