TechTargetジャパン

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「CATIA」
 航空宇宙、船舶、自動車分野などの大規模アセンブリの設計・開発において、存在感を示しているのがフランスDassault Systemes(ダッソー・システムズ)が手掛けるハイエンド3D CAD「CATIA(キャティア)」である。 フランスの航空機メーカーDassault Aviation(ダッソ...(2017/10/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
2017年7月版セキュリティレポート、標的型サイバー攻撃の最新トレンドと対策
 近年、標的型サイバー攻撃では、標的のPCにインストール済みのツールを悪用するケースが目立つ。このような「ツールの現地調達」が大きなトレンドとなっている背景には、攻撃者が脆弱性を見つけるためのコストが上がっていることがある。 そして、もう1つのトレンドと...(2017/10/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理
 企業内の全てのシステムを監視し、異常アクティビティーを検出するセキュリティ体制を構築したいところだが、現実には限界がある。そこで、リスク回避の最優先施策として取り組みたいのが、侵害されれば企業に甚大な被害をもたらす可能性がある「特権アカウント」の管理...(2017/9/29 提供:CA Technologies)

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/10/26 提供:富士通株式会社)

技術文書
「SQL Server 2017」徹底解説:サーバコンポーネントを移行する際の注意点
 他社データベースから「SQL Server 2017」への移行に当たっては、その機能の一端であるサーバコンポーネントについての知識習得が欠かせない。認証やアクセス権限、暗号化といったセキュリティに関するものから、ファイル構成や読み取り専用領域設定などのストレージ...(2017/10/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
2017上半期脅威動向レポート:「Apache Struts」脆弱性攻撃などの被害状況は?
 本資料は、IBMが全世界8拠点の「セキュリティー・オペレーション・センター(SOC)」で観測した1日当たり200億件という膨大なデータから、主に日本国内の企業で観測された2017年上半期の脅威動向を分析・解説したレポートだ。その中では、セキュリティ脅威動向として以...(2017/10/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策
 メーカーサポートが終了したOSが、業務システムを運用する企業にとって大きな問題となることがある。その最たるものが、ミッションクリティカルなアプリケーションが稼働するレガシーシステムが、技術的、財政的な理由で新規システムに移行できないケースだ。 そのため...(2017/10/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策
 「Amazon Web Services」(AWS)は、高いスキルがなくても手軽にサーバを立ち上げられる半面、セキュリティに関して十分に検討・対策がされていないケースも見られる。 AWSの基本的なインフラ部分は、AWS側で効果的なセキュリティが用意されているが、ゲストOS、ミドル...(2017/10/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴
 企業にとって、社員が私用でインターネットアクセスすることを完全に禁止するのは、現実的にはなかなか難しい。とはいえ、社員のアクセスによってセキュリティにほころびが出る事態も避けたいところだ。機密データの流出だけでなく、コンプライアンス面でも懸念が生じ...(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「SOLIDWORKS」
 ミッドレンジ3D CADとして、製造業を中心に幅広く活用されている「SOLIDWORKS(ソリッドワークス)」。本稿ではその歴史と特長、注目機能および次期バージョンに搭載予定の新機能を紹介する。 1995年、業界に先駆けてWindows完全準拠の3D CADとして「SolidWorks 95」が...(2017/9/19 提供:アイティメディア株式会社)

事例
Oracle DBからIBM Db2へ移行、九州電力のデータ管理サーバはどう変わった?
 九州電力の重要システムの開発・保守を担う正興電機製作所では、電力業界の環境変化を受けて、データ管理サーバのリプレースに取り組むことになった。現行環境の後継製品への移行はライセンスの見直しがあり、コスト面で難しい。新環境では、コスト削減とともに、十分な...(2017/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハイブリッド環境の特権アカウント保護をレベルアップさせる12の必須要件
 企業のIT環境は、クラウドコンピューティングと仮想化の登場によって複雑化の一途をたどっている。中でも課題となるのがアカウント情報の管理と保護だ。かつてないほど重要で複雑になった特権アカウントを管理するには、包括的なシステム対応が欠かせない。 そこで、本...(2017/9/29 提供:CA Technologies)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月6日号:乗るしかない この802.11ac Wave 2に
 Computer Weekly日本語版 9月6日号は、以下の記事で構成されています。■ネットワークの広帯域化にシリコンフォトニクスが有望な理由■Dockerに最適の超軽量ディストリビューション「Alpine Linux」■ハイパーコンバージド移行で1億3700万円のコスト削減と速度向上を実...(2017/9/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策
 大型ストレージを保有する企業にとって、正規メーカーの保守期間終了、いわゆるEOSL(End of Service Life)が大きな負担になっている。新規システムへ移行するまでのつなぎや、コスト削減のためのシステム延命という意味でも、どうしても延命保守サービスが必要になる...(2017/8/7 提供:株式会社エスエーティ)

製品資料
ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は?
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などハードウェアのサポート期限切れは、どの企業にとっても悩ましい課題だ。リプレースの費用はもちろん、安定稼働しているシステムに予期せぬエラーが起こるリスクなどについても考えなければならない。 しかも、現実には「現行...(2017/8/1 提供:ブレイヴコンピュータ株式会社)

レポート
「インターネプコン ジャパン」展示会レポート
マウンターやはんだ、レーザー加工技術など、エレクトロニクス機器の多様化と高性能化を支える最新技術が集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回...(2017/5/18 提供:株式会社アペルザ)

レポート
内部犯行を防止する「特権ID管理」、一番大変な「人」をどうコントロールするか
 特権ID管理で注意すべきは、一方的な管理強化では現場業務の効率性が低下しかねないことだ。本ホワイトペーパーでは、その点を踏まえて「信頼」と「セキュリティ」のバランスが重要と指摘し、具体的な実践手法を提示している。例えば、特権ID管理の仕組みに必要な機能は...(2016/8/1 提供:CA Technologies)

事例
3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは
 メーカー保守が終了したシステムを移行させるには、コスト負担が大きくなってしまう。平均故障間隔が20〜30年の機器でも、メーカー保守は6〜7年の短期間で終了してしまうことも多く、その度にシステム移行を行っていては大幅な予算増となる。そこで既存のシステムを利用...(2017/8/9 提供:株式会社フィールドワン)

技術文書
ハイパーコンバージドに苦手な処理はあるのか? 主要ワークロードで徹底検証
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)にはクラウドのような柔軟性や拡張性、シンプル性など多くの魅力があるが、苦手な処理への懸念もある。例えば、サーバとストレージリソースの両方を使用するトランザクション中心のアプリケーションでは、パフォーマンスが不安定に...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

事例
旭化成がSAP HANA基盤を刷新、処理量増大にも柔軟に対応できるわけ
 早くからデータ活用に取り組んできた旭化成は、2011年に「SAP HANA」を導入し、リアルタイムのERPデータを分析レポートに利用していた。しかし、処理スピードの圧倒的な速さから、想定以上にレポートが作られるようになり、データ量が急増。システムパフォーマンスの維...(2017/8/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣
 近年、多発している情報漏えいや不正侵入などのインシデントでは、システムの管理者権限(特権ID)の誤用や乱用、不正な利用が原因であるケースが少なからず見られる。そのため、このようなセキュリティリスクへの有効な対策として、特権ID・証跡管理製品が注目され始め...(2017/7/25 提供:エンカレッジ・テクノロジ株式会社)

事例
プライベートクラウドの仮想サーバ構築を自動化、コストはどこまで削減できるか
 酒類・飲料メーカーのキリングループ約230社のシステム開発・運用・保守などを行うキリンビジネスシステムでは、2015年からグループ全体で稼働する400のシステムと2000台のサーバの移行に取り組んでいる。 同社に課せられた使命は、サーバの老朽化対策と増え続ける運用...(2016/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
GPUで高集積化が進むAI/深層学習向けHPC基盤のポイントは?
 High Performance Computing(以下、HPC)は、大気シミュレーターや流体シミュレーションといった大規模な物理演算などに特化した利用がほとんどだった。しかし、AI・人工知能、機械学習、深層学習、さらには、ビッグデータのビジネス活用の普及によって、HPCシステムで...(2017/7/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策
 今、多くの企業で、さまざまなIoT機器から生成されるビッグデータを分析し、ビジネスに積極的に活用しようという動きが活発化しつつある。IoT時代におけるIT基盤では、ビッグデータに特化したサーバハードウェアの導入だけでなく、ビッグデータ基盤を自動的に構築する仕...(2017/7/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

Loading