TechTargetジャパン

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「インターネプコン ジャパン」展示会レポート
マウンターやはんだ、レーザー加工技術など、エレクトロニクス機器の多様化と高性能化を支える最新技術が集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回...(2017/5/18 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

レポート
内部犯行を防止する「特権ID管理」、一番大変な「人」をどうコントロールするか
 特権ID管理で注意すべきは、一方的な管理強化では現場業務の効率性が低下しかねないことだ。本ホワイトペーパーでは、その点を踏まえて「信頼」と「セキュリティ」のバランスが重要と指摘し、具体的な実践手法を提示している。例えば、特権ID管理の仕組みに必要な機能は...(2016/8/1 提供:CA Technologies)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
プライベートクラウドの仮想サーバ構築を自動化、コストはどこまで削減できるか
 酒類・飲料メーカーのキリングループ約230社のシステム開発・運用・保守などを行うキリンビジネスシステムでは、2015年からグループ全体で稼働する400のシステムと2000台のサーバの移行に取り組んでいる。 同社に課せられた使命は、サーバの老朽化対策と増え続ける運用...(2016/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
【比較表】主要統合型バックアップアプライアンス、機能比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型バックアップアプライアンス」と「統合型バックアップアプライアンス」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を...(2017/3/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか?
 近年は、最新のWeb技術やアプリケーションAPIを活用したサービス開発があらゆる領域で行われている。このようなアプローチの1つである「FinTech」も、今では金融機関の周辺業務だけでなく、基幹業務の領域での活用が進んでいる。 その実現の鍵となるのが、常に最新技術...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?
 Uberのような新たなプレイヤーがITを武器にビジネスに参入してくる時代では、データ活用の重要性はあらゆる業界で急速に高まっている。しかし、多様なデータをさまざまなシステムが個別に保有している結果、限定的なデータ分析しか行えない企業は少なくない。 必要とな...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
コスト最適化が難しい中規模環境のバックアップ、選ぶ価格と機能の条件とは?
 事業継続計画(BCP)や災害対策の観点から、多くの企業がバックアップ製品を導入している。しかし、中規模なシステムを運用する企業の中には、バックアップコストを最適化できずにいるケースが少なからず見られる。 その理由としては、物理/仮想サーバが混在した数十...(2016/7/12 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
月10万枚の印刷費用を削減、コカ・コーラウエストに学ぶ帳票システム効率化
 西日本の2府16県で事業を展開するコカ・コーラウエスト。統合を重ねて成長してきた同社には膨大な種類の帳票が存在しており、それが管理業務の多大な負荷を生んでいた。加えて、帳票の種類ごとに異なるシステムを利用しなければならないなど、業務も煩雑になっていた。(2017/4/7 提供:ブレインセラーズ・ドットコム株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
超高速開発ツールの実力は? ノンコーディングで構築できる4種のアプリ
 モバイルやクラウドとの連携、OSの多様化などにより、アプリケーション開発現場では「変化に対応できる柔軟性」と「生産性の向上」という2つの重要課題に直面している。しかし、この頭の痛い問題も、設計・実行エンジン型の超高速開発ツールが解決してくれるかもしれな...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

技術文書
ハイブリッドクラウドの利用を支える、次世代運用管理の3つの鍵
 業務部門がIT部門の手を借りることなく、迅速かつ柔軟に利用できるIT環境が、クラウドの普及で実現した。その反面、管理の目が行き届かないシャドーITも生まれ、仮想マシンの乱立など、これまでの運用手法では企業全体のIT最適化に大きな課題がある。 パブリッククラウ...(2017/1/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
これまでの延長では追い付けない、巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは
 ビッグデータの活用が本格化している中、多くの企業で課題となるのは「データ量の爆発的な増加にどう対応していくか」というものだ。総務省の調査によれば、データの流通量は9年間で約9.3倍にもなると見込まれている。 これだけ巨大となると、従来の延長線上ではすぐに...(2017/1/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
マンガで読み解く! 業界別「バックアップのお悩み解決法」
 この数年で、企業や組織におけるデータ保護の重要性に対する認識は一気に高まった。そのこと自体は望ましいことだが、その一方でIT担当者がバックアップ/リカバリー運用に関して突然困難な要求を突きつけられる場面も増えている。 運用の効率化、システム冗長化、遠隔...(2016/12/6 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
Webサイトの弱点をつぶせ! 脆弱性対策の基礎知識
 システムインテグレーターに開発を任せる際に、自社システムのセキュリティ対策をどこまで対応し、どのように伝えるべきか悩むことはないだろうか? 言われなくてもきちんとやってもらえると暗黙のうちにうやむやにしてしまっていないだろうか? 本資料では前半セクシ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
普段使わないから選択に困る「データ保護製品」を選ぶための5つの理由
 万が一に備えてデータ保護の用意は欠かせない。だが平常時には出番のない備えだからこそ、いざ障害が起きてしまってから「リストアに想定外の時間がかかる」などの問題が明らかになるケースも多い。 そうならないための「データ保護ソリューションを選ぶ5つの理由」を...(2016/12/13 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
 サーバおよびストレージの運用・導入をシンプルかつ簡単に実現するハイパーコンバージドインフラを取り入れる企業が増加している。ハイパーコンバージドインフラを導入する中規模環境での事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策で、想像以上に大きな負担となるバック...(2016/12/9 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
もう先送りできない、レガシーシステムの「安全な引退方法」を考える
 いち早くITを活用し始めた企業ほど悩まされる課題がある。いわゆる「サーバやデータベースの塩漬け」問題だ。昔から利用してきたシステムが時代遅れとなりつつあるのは分かっているが、その刷新は手間とコストが現実的ではなく、手つかずのまま使い続けざるを得ない。 ...(2016/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?
 センサーの小型化とワイヤレスなどコミュニケーション機能の向上により、IoTの普及はさらに進んだ。現在、多くの企業は、センサーから送られたデータを蓄積してから分析することに重きを置いているが、今後はデータを保存する以前のデータストリームを分析することが重...(2016/11/30 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
セントラル短資FXに学ぶDBレプリケーション、リアルタイムBI活用を支える5要件
 データ分析にリアルタイム性が求められるようになったことで、データベース(DB)の可用性に対する考え方も大きく変わった。近年はリアルタイムBIを活用する上で、本番DBに負荷をかけずにリアルタイムに近い複製ができるレプリケーション環境が欠かせないものとなりつつ...(2016/11/10 提供:クエスト・ソフトウェア)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading