2007年12月10日 20時08分 公開
ニュース

ウイングアークとキヤノンソフト情報システムの協業でFAXと帳票の連携を実現NEWS

業務文書のWeb入力フォーム開発ツール「StraForm-X」および帳票開発ツール「Super Visual Formade」と、多回線対応FAXサーバシステム「ライトニングFAX」との製品連携を開始

[TechTarget]

 ウイングアーク テクノロジーズとキヤノンソフト情報システムは12月10日、ウイングアーク テクノロジーズの業務文書Web入力フォーム開発ツール「StraForm-X」および帳票開発ツール「Super Visual Formade(以下、SVF)」と、キヤノンソフト情報システムの多回線対応FAXサーバシステム「ライトニングFAX」との製品連携を発表した。今回の製品連携により、FAX帳票の情報活用を視野に入れた生産性向上のためのソリューションを提供するとしている。

 両社が提供するソリューションの具体的なフローとして、通常は紙で受信するFAXをライトニングFAXで電子化されたイメージとして受信し、そのままOCRで読み込みデータをCSV形式に変換。そのデータをStraForm-Xを介してWebブラウザ上で元のイメージを参照しながら修正を行った後、XMLに変換してデータベースに登録することができる。また、登録されたデータを活用してSVFで新たな帳票を作成し、手元のPCから自動FAX送信が可能。送受信したFAXはライトニングFAXにログとともに電子化保存される。すべてをパッケージの組み合わせで構築するため、FAXフローをスクラッチで一から開発するよりもコストと工数を抑えられるとしている。

関連ホワイトペーパー

帳票 | キヤノン | OCR | XML


ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...