2008年01月16日 16時54分 公開
ニュース

NEC、「製番管理方式」で設計と生産を統合管理する産業機械業向けソリューションを発売NEWS

「産業機械業向け設計-生産連携ソリューション」を発売。「Obbligato II」と「IFS Applications」を連携させたソフトウェア「Obbligato II-IFS Applications連携テンプレート」とともに、システム構築・運用コンサルティングサービスを提供

[TechTarget]

 NECは1月16日、個別受注生産型の産業機械業界において、部品表や図面などの設計情報と生産計画、購買、製造指示などの生産情報を「製番管理方式(※)」を用いて一元管理する「産業機械業向け設計-生産連携ソリューション」の販売を開始した。NECのPDM(Product Data Management:技術情報管理)パッケージ「Obbligato II」とIFSのERPパッケージ「IFS Applications」を連携させたソフトウェア「Obbligato II-IFS Applications連携テンプレート」とともに、システムの構築・運用までトータルにサポートするコンサルティングサービスを合わせて提供する。

(※)受注単位(製品/半製品)に個体ごとの識別番号である製番(製造番号/工事番号)を付与し、生産計画の立案、製番に基づく部品や資材の発注を行う生産管理手法

 製番管理方式を販売や設計領域まで拡大して適用することにより、製品仕様確定前の標準部品の見込み手配や長納期部品の先行手配、設計・生産部門間での設計変更情報の迅速な共有が可能になり、生産リードタイムを短縮できるという。また、プロジェクト全体の進ちょく状況やコスト把握が可能なほか、SOA技術をベースとすることでシステム変更にも柔軟に対応できるとしている。

 NECではObbligato II-IFS Applications連携テンプレートを2008年3月より出荷開始予定。価格は1800万円から(コンサルティング料金は別途見積もり)。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | ERP | 生産管理 | SOA | システム構築 | 品質管理


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...