2008年04月03日 19時38分 UPDATE
ニュース

NEWSNTT東、VPN障害時の「原因」や「回復状況」を伝えるサービスを開始

VPNサービスの一メニューとして、有料でネットワーク障害時の工事情報、回復状況を電話やメールでユーザーに伝える。

[TechTargetジャパン]

 NTT東日本は、フレッツ網を利用する企業向けVPNサービス「フレッツ・オフィス」において、工事や故障に関する情報を契約企業に通知するサービス「フレッツVPNあんしんサポート インフォメーションプラス」(以下、あんしんサポート」を4月4日より開始する。フレッツ網障害時の復旧情報をより詳細に伝えたり、リポートの作成・提供を行う。サービスエリアはNTT東のフレッツ・オフィス/フレッツ・オフィス ワイドの提供地域となる。

 あんしんサポートは、フレッツ・オフィスおよびフレッツ・アクセスポートの付加価値サービスとして、ネットワークが障害などで利用できなくなった際に(1)復旧手配や回復状況の通知、(2)障害発生の日時や原因のリポート提出、(3)サービスに影響を与えるフレッツ網内の工事情報の通知、の3つを提供するもの。

 専任のサポートデスクが24時間体制で、(1)については問い合わせに対して原因の切り分け/復旧手配、さらに電話/電子メールによる30分または1時間ごとの回復状況の通知を行う、(3)についてはフレッツ網内の工事/故障情報やアクセス回線サービスであるBフレッツの工事情報を電子メールで通知する、といったインフォメーションサービスを実施する。また(2)では、故障原因がNTT東にある場合に発生/回復日時、原因、回復措置を事故発生日翌日にリポート形式で報告する。

 あんしんサポートの利用料は月額制で、登録拠点数により異なる。例えば、30分ごとの回復状況通知では11拠点までで1万2600円、51拠点までで6万3000円となる。また60分ごとの通知の場合は、11拠点までで1万1500円、51拠点までで5万7500円(いずれも税込み)。別途初期工事費として2100円が必要だ。

関連ホワイトペーパー

VPN | NTT(エヌティーティー)


ITmedia マーケティング新着記事

news086.jpg

Domoが企業のデジタル変革に向けた機能強化、データから導かれるインサイトをAIが自動提案
データサイエンス、AI/機械学習、大企業向けガバナンス、新アプリとIoTソリューションの...

news062.jpg

藤田 晋社長がAbemaTVに挑む背景 広告業界における「一番クリティカルな問題」とは?
「何を言われても執念深く最後までやり切ろうと思っている」。藤田 晋社長は広告代理店向...

news022.jpg

「オンラインで完全なプライバシー確保は不可能」と考えている人が過半数――カスペルスキー調べ
日本を含む世界21カ国を対象に実施した、オンラインにおける個人のプライバシーに関する...