NTT東、VPN障害時の「原因」や「回復状況」を伝えるサービスを開始NEWS

VPNサービスの一メニューとして、有料でネットワーク障害時の工事情報、回復状況を電話やメールでユーザーに伝える。

2008年04月03日 19時38分 公開
[TechTargetジャパン]

 NTT東日本は、フレッツ網を利用する企業向けVPNサービス「フレッツ・オフィス」において、工事や故障に関する情報を契約企業に通知するサービス「フレッツVPNあんしんサポート インフォメーションプラス」(以下、あんしんサポート」を4月4日より開始する。フレッツ網障害時の復旧情報をより詳細に伝えたり、リポートの作成・提供を行う。サービスエリアはNTT東のフレッツ・オフィス/フレッツ・オフィス ワイドの提供地域となる。

 あんしんサポートは、フレッツ・オフィスおよびフレッツ・アクセスポートの付加価値サービスとして、ネットワークが障害などで利用できなくなった際に(1)復旧手配や回復状況の通知、(2)障害発生の日時や原因のリポート提出、(3)サービスに影響を与えるフレッツ網内の工事情報の通知、の3つを提供するもの。

 専任のサポートデスクが24時間体制で、(1)については問い合わせに対して原因の切り分け/復旧手配、さらに電話/電子メールによる30分または1時間ごとの回復状況の通知を行う、(3)についてはフレッツ網内の工事/故障情報やアクセス回線サービスであるBフレッツの工事情報を電子メールで通知する、といったインフォメーションサービスを実施する。また(2)では、故障原因がNTT東にある場合に発生/回復日時、原因、回復措置を事故発生日翌日にリポート形式で報告する。

 あんしんサポートの利用料は月額制で、登録拠点数により異なる。例えば、30分ごとの回復状況通知では11拠点までで1万2600円、51拠点までで6万3000円となる。また60分ごとの通知の場合は、11拠点までで1万1500円、51拠点までで5万7500円(いずれも税込み)。別途初期工事費として2100円が必要だ。

関連ホワイトペーパー

VPN | NTT(エヌティーティー)


ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...