2008年04月22日 19時02分 公開
ニュース

日本SGIがDesktopVPNをバーションアップ、共有機能の制御が可能にNEWS

「DesktopVPN Version2.0」を提供開始。クライアントIPアドレスによるアクセス制御機能、認証機能など、セキュリティ機能を強化。ソフトバンクBBとNECビックローブのサービスメニューとして採用されている。

[TechTargetジャパン]

 日本SGIは4月22日、SaaS(Software as a Service)型リモートアクセスサービスの新バージョン「DesktopVPN Version2.0」を提供開始した。DesktopVPNは、ソフトイーサが開発したSSL VPNベースのリモートアクセスソフトウェア「PacketiX Desktop VPN」をベースに、日本SGIが2007年10月より商用サービスとして提供している。

 新バージョンでは特にセキュリティとシステム管理機能を強化。すべてのDesktopVPNクライアントに対し、HDD、プリンタおよびシリアルポート共有機能を強制的に無効に(禁止)する「共有機能無効版」と、有効・無効のどちらかを選択し設定できる「共有機能有効版」という2つの製品ラインアップを提供する。

画像 共有機能を禁止した利用イメージ

 DesktopVPN Version2.0はクライアントIPアドレスによるアクセス制御機能を持ち、DesktopVPNサーバへの外部からの不正アクセスを制御する。また、DesktopVPNサーバで新規に認証機能を追加し、パスワード認証やWindowsドメイン認証など登録ユーザーごとに利用する認証機能を指定できるほか、既存の社内認証基盤との連携も可能だ。さらに、DesktopVPNサーバ設定ツールの実行ユーザー制限、DesktopVPNサーバPCのWindowsイベントログの出力とsyslogサーバへの転送が可能となった。

 ソフトバンクBBとNECビッグローブはサービスメニューとしてDesktopVPNを採用。ソフトバンクBBは、法人企業向けSaaS型サービス「TEKI-PAKI」で「リモートアクセス DesktopVPN」としてメニュー化し販売を開始しており、NECビッグローブは法人企業向けサービス「BIGLOBEオフィスサービス」の一メニューとして5月中旬の提供を予定している。

関連ホワイトペーパー

不正アクセス | 認証 | SaaS | SSL | VPN


ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...