2008年07月11日 20時40分 UPDATE
ニュース

NEWSOBCとビズソフト、SaaS型採用支援システムの新バージョン

「採用奉行 中途採用編」の最新版を販売。求人媒体別の費用対効果リポートや募集職種別の選考状況確認リポート出力機能を追加したほか、面接スケジュールの視認性を向上している。

[TechTargetジャパン]

 オービックビジネスコンサルタント(OBC)とOBCグループのビズソフトは、SaaS(Software as a Service)型採用支援システム「採用奉行 中途採用編」の最新版、Ver.1.2を8月6日より提供開始する。

 採用奉行 中途採用編は、応募者の選考結果や内定状況などを一元管理することで、採用活動における人事担当者にとって必要な情報のリアルタイム把握、適切な意思決定を支援する採用管理ソフト。

 今回のバージョンアップでは、求人媒体別の費用対効果リポートや募集職種別の選考状況確認リポートの出力機能が追加され、一定期間中の応募人数、選考対象者数、合否結果や応募者のランクなどを集計して採用活動を分析することが可能となった。また、自社独自の採用管理項目を自由に設定・管理できる機能が追加されるなど、きめ細かい運用管理を可能にしている。

 面接スケジュール確認画面では、応募者の面接日時、出欠状況や面接評価入力の有無を一覧表示するなど利便性が向上。面接前の準備や面接後のステータス入力の確認できるだめ、選考に関するミスや漏れを防ぐことができる。

 価格は69万3000円(初期導入費31万5000円+月額使用料6万3000円×6カ月)で、更新契約費用は3カ月で18万9000円、6カ月で36万5400円、12カ月で70万5600円(価格はすべて税込み)。

関連ホワイトペーパー

SaaS | ERP | 内部統制 | 基幹システム


ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。