日本オラクル、ワークショップ形式のSOA導入コンサルティングを開始NEWS

約2〜4週間かけてSOA導入の進め方をガイドするコンサルティングサービス「SOA Insight」の提供を開始。日本オラクルのSOA専任部門が企業における経営・ビジネスプロセス・ITの課題を分析する。

2008年08月07日 17時12分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本オラクルは8月7日、SOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ)導入のための新コンサルティングサービス「SOA Insight」の提供を開始した。

 SOA Insightは、セッション形式の会議(ワークショップ)を中心に、約2〜4週間かけてSOA導入の進め方をガイドするコンサルティングサービス。コンサルティング能力、アーキテクチャ策定能力、システム実装経験を備えた同社の4〜8人の専門家が、企業におけるSOAプロジェクトの課題を洞察(インサイト)し、経営・ビジネスプロセス・ITの課題を分析、情報システム改善のフォーカス領域を特定するというもの。具体的なサービス内容は以下の通り。

  • 成熟度アセスメント:企業のSOA成熟度の評価とゴール設定
  • プロジェクト優先順位策定:SOA導入に適した案件の選別と情報分析
  • 効果試算:ビジネスバリューの試算とSOAの効果試算
  • ベストプラクティス:業界の最優事例の成功要因を分析、適用
  • ロードマップ策定:SOA構築に向けたロードマップ策定

 さらにワークショップ以外にも、実際に導入サービスが決定している企業に実現方式をガイドする「SOA クイック・アセスメント」サービスや、SOA構築のための企業内組織立ち上げを支援する「PMO立上げ支援」サービス、ユーザー企業の経営層にSOA活用のメリットを解説する「SOAアドバイザリー」サービスも同時に提供する。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...