2008年08月19日 19時04分 公開
ニュース

HMVがSybase IQを導入、店舗/ECの横断分析でサービス向上を実現NEWS

別々に構築していた店舗とECサイトの販売管理システムのデータを統合。「Sybase IQ」の導入で明細データ分析時間を短縮し、効果的なサービス提供のための意思決定の迅速化を実現した。

[TechTargetジャパン]

 サイベースは8月19日、HMVジャパンが情報系分析用高速クエリエンジン「Sybase IQ」を採用したことを発表した。

 HMVジャパンは、それまで個別に構築していた店舗とECサイトの販売管理システムのデータを統合し、明細データの横断分析による効果的な販売戦略立案を行うためのデータウェアハウス(DWH)システムを2007年に構築。このシステム内での明細DWHとしてSybase IQ採用した。

 従来システムでは、販売管理を行う基幹系システムのデータをリポートの目的別にあらかじめ集計し、そのデータを汎用データベースを使ったDWHに格納していた。だが、ユーザーからは「さまざまな切り口で顧客分析やセグメント分析を行うために、明細データを自由に分析したい」という要望が挙がっていた。そこでHMVジャパンはSybase IQを検索専用データベースとして導入し、そこから明細データを分析できる仕組みを構築。ECサイトのリコメンデーションシステムとして利用している。

 導入効果については、明細データの抽出スピードやデータ分析時間の短縮、短期間でのマーケティング施策の効果検証によるコスト削減および効果的な顧客サービスが可能になった点を挙げている。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

ハヤカワ五味氏×本田哲也氏 社員全員PRマインドを作る方法を語る
「最新版 戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」出版記念イベントから、著者である本田...

news016.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年9月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテス...

news160.jpg

テレビCMの本当の広告効果とは? フジテレビジョンとサイカが共同研究
サイカが保有する75社109ブランド249事例を統計処理した分析データを解析することで、こ...