HMVがSybase IQを導入、店舗/ECの横断分析でサービス向上を実現NEWS

別々に構築していた店舗とECサイトの販売管理システムのデータを統合。「Sybase IQ」の導入で明細データ分析時間を短縮し、効果的なサービス提供のための意思決定の迅速化を実現した。

2008年08月19日 19時04分 公開
[TechTargetジャパン]

 サイベースは8月19日、HMVジャパンが情報系分析用高速クエリエンジン「Sybase IQ」を採用したことを発表した。

 HMVジャパンは、それまで個別に構築していた店舗とECサイトの販売管理システムのデータを統合し、明細データの横断分析による効果的な販売戦略立案を行うためのデータウェアハウス(DWH)システムを2007年に構築。このシステム内での明細DWHとしてSybase IQ採用した。

 従来システムでは、販売管理を行う基幹系システムのデータをリポートの目的別にあらかじめ集計し、そのデータを汎用データベースを使ったDWHに格納していた。だが、ユーザーからは「さまざまな切り口で顧客分析やセグメント分析を行うために、明細データを自由に分析したい」という要望が挙がっていた。そこでHMVジャパンはSybase IQを検索専用データベースとして導入し、そこから明細データを分析できる仕組みを構築。ECサイトのリコメンデーションシステムとして利用している。

 導入効果については、明細データの抽出スピードやデータ分析時間の短縮、短期間でのマーケティング施策の効果検証によるコスト削減および効果的な顧客サービスが可能になった点を挙げている。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...