IDCフロンティア、NECやMSと共同開発したクラウド型システム開発基盤NEWS

NECのIAサーバやマイクロソフトの仮想化技術を活用したシステム開発基盤をオンデマンドサービスとして利用できる。

2009年06月24日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 IDCフロンティアは6月23日、NECやマイクロソフトと共同開発したクラウド型システム開発基盤「NOAHプラットフォームサービス」を発表した。6月30日から提供を開始する。

 NOAHプラットフォームサービスは、IDCフロンティアがNECマイクロソフトの2社から技術提供を受けて開発したオンデマンドサービス。顧客企業は、NECのハイエンドIAサーバ「Express5800/スケーラブルHAサーバー」とマイクロソフトの仮想化技術「Hyper-V」を基盤としたITリソースを、インターネット回線を介して利用できる。IDCフロンティアは、システム開発に必要なサーバやストレージなどのITリソース、ラックスペースといった設備を提供する。

photo サービス構成図

 同サービスから標準で提供されるITリソースは、CPU、メモリ、ディスク、仮想マシンからのインターネット接続環境、共用ファイアウォールなど。また、オプションとしてOSラインセンス(Windows Server 2008 Enterprise Edition)、DBライセンス(Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition/Enterprise Edition)などの管理にも対応する。

 さらに、システム運用サービスとして、24時間365日の電子メールおよび電話でのサポートや、障害情報などを閲覧できる「カスタマーポータルサイト」、仮想マシン管理コンソールなどの利用が可能。

 サービスの提供価格は最小構成で2万5300円(税別・ライセンス料別途)から。利用期間は1カ月単位で契約できるため、キャンペーンサイトなどの短期利用にも適しているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...