2011年07月13日 09時00分 公開
特集/連載

データ管理を自動最適化するストレージ「Dell Compellent」エンタープライズディスクストレージ製品紹介:デル

ストレージにおけるデータ階層化が注目を集めている。その背景には、近年多くの企業が抱えるデータ管理の課題がある。そうした課題を解決するストレージとして、デルが2011年に提供開始した製品を紹介する。

[吉村哲樹]

 デルストレージ製品といえば、少し前まではEqualLogicを中心とした小・中規模向けのiSCSI製品をイメージする読者も多かっただろう。しかし2010年、同社は大規模向けハイエンドストレージ製品の強化へとかじを切った。

 米Dellは2010年2月にクラスタファイルシステム技術を持つExanetを、同年7月にはデータ圧縮と重複排除の分野で技術を持つOcarina Networksを買収し、製品ポートフォリオを着々と強化してきた。こうした買収戦略のハイライトともいえるのが、2010年12月のCompellent Technologies(以下、Compellent)の買収だ(関連記事:「RAID後」の世界──ワイドストライピング/イレージャーコーディング)。

 Compellentはデータ自動階層化技術の開発にいち早く取り組み、米国を中心に3000社以上の導入実績を持つストレージベンダーだ。Dellによる買収後、Compellentの製品は「Dell Compellent」シリーズとして提供されている。日本市場でも2011年6月にエンタープライズ向けストレージシステム「Dell Compellent Storage Center SAN」が提供開始された。

photo Dell Compellent Storage Center

データ管理の効率化を高次元で自動化するストレージ

 Dell Compellentの特徴の1つは、データの自動階層化技術である(関連記事:情報ライフサイクル管理(ILM)を支える階層型ストレージ)。データの階層化は以前から提唱されており、既に多くのハイエンド向け製品で対応機能が実装されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...