2013年07月25日 08時00分 公開
特集/連載

「在庫の数値が間違いだらけなので何とかして」といわれたら“むちゃ振り上司”にこういわれたら【第5回】

在庫管理は「モノ」と「データ」を適切に管理するのがポイント。在庫管理をスムーズに進め、正確な在庫データを把握するにはどのようにすべきなのだろうか? 間違えやすい点と改善の方法を解説する。

[原 幹,クレタ・アソシエイツ]

 製造業など、在庫を抱える業種では在庫の金額情報と数量情報を正確に管理することが至上命題とされる。これらが不正確だと、会社の財務数値にも大きな影響が出てしまう。在庫管理をスムーズに進め、正確な在庫データを把握するにはどのようにすべきなのだろうか? 上司に「在庫の数値が間違いだらけなので何とかして」といわれた場合の対応を説明する。

在庫管理における「モノ」と「データ」

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...