2013年08月15日 08時00分 公開
特集/連載

ユーザー企業1000人調査、「最も使っているOSは?」IT投資、サーバ、仮想化技術の利用動向を聞いた

企業の景気回復の動きはまだ鈍いものの、必要と思われる分野のIT投資には前年よりも意欲的――企業のIT責任者やIT管理者、ITコンサルタントなど1155人にIT投資の見通しを聞いた。

[Diana Hwang,TechTarget]

 クラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、モバイルコンピューティングなどのトレンドを支える新しい技術とアプリケーションは、コンピュータに対する需要を促進している。これらの需要は、IT部門のデータセンター戦略と購入判断にも影響を与えている。

 米TechTargetでは、これらの技術に照準を合わせて「Data Center & Reader's Choice 2013」調査を行い、読者の向こう1年間の関心事と戦略を探った。

 この調査は2013年春に実施したもので、企業のIT責任者やIT管理者、ITコンサルタントなど1155人の読者から回答を得た。

IT予算

 回答者の多くは「景気回復の動きが鈍いために、企業は今後も支出に慎重になるだろう」と予想している。しかし必要と思われる分野へのIT投資には意欲的であることも調査で明らかになった。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...