2013年09月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

運用担当者のスキル不足が招くコスト高クラウド導入でもコストが下がらないユーザーに共通する“管理職の誤解”

自社のシステムをクラウドに移行しても、コストが安くならないばかりか高くなるケースがある。その原因として挙げられるのがIT管理者のスキル不足だ。クラウドで高額請求されないために心得ておくべきこととは?

[Beth Pariseau,TechTarget]

 事業者間で料金値下げ競争の始まっているクラウドコンピューティングだが、クラウドの費用は思わぬところにも発生する。クラウドの利用料金が高額になる要因として最も多くみられるのは、システム運用担当者の経験不足かもしれない。

 問題の一部は、CIOを含めた管理職が、ITスタッフはクラウドにも容易に対応できるスキルを持っていると思いがちな点にある。クラウドのコンサルタントは、この思い込みが高額請求という結果を招くことがあると警告している。

 「仮想化のスキルがパブリッククラウドプライベートクラウドにも当てはまるかどうかの保証はないのに、楽観的に考える管理職が多いのではないか」と、米ITコンサルティング会社Cascadeoの共同創設者の1人、ジャレッド・レイマー氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...