2013年09月24日 08時00分 公開
特集/連載

クラウド導入でもコストが下がらないユーザーに共通する“管理職の誤解”運用担当者のスキル不足が招くコスト高

自社のシステムをクラウドに移行しても、コストが安くならないばかりか高くなるケースがある。その原因として挙げられるのがIT管理者のスキル不足だ。クラウドで高額請求されないために心得ておくべきこととは?

[Beth Pariseau,TechTarget]

 事業者間で料金値下げ競争の始まっているクラウドコンピューティングだが、クラウドの費用は思わぬところにも発生する。クラウドの利用料金が高額になる要因として最も多くみられるのは、システム運用担当者の経験不足かもしれない。

 問題の一部は、CIOを含めた管理職が、ITスタッフはクラウドにも容易に対応できるスキルを持っていると思いがちな点にある。クラウドのコンサルタントは、この思い込みが高額請求という結果を招くことがあると警告している。

 「仮想化のスキルがパブリッククラウドプライベートクラウドにも当てはまるかどうかの保証はないのに、楽観的に考える管理職が多いのではないか」と、米ITコンサルティング会社Cascadeoの共同創設者の1人、ジャレッド・レイマー氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...