2013年11月14日 16時00分 公開
特集/連載

McDonald'sの次世代店舗は最新技術が満載、3Dプリンタやタブレットを活用店頭3Dプリンタでハッピーセットの“おもちゃ”制作も?

米McDonald'sでは、顧客エンゲージメントの向上を狙い、さまざまなテクノロジーを模索している。デジタル技術に精通した「破壊的な顧客」は、同社にどのような変化をもたらすのだろうか。

[Caroline Baldwin,Computer Weekly]

 ファストフードチェーン大手の米McDonald'sは、インタラクティブ技術を店舗に取り入れ、顧客エンゲージメントの向上を狙っている。キオスク端末を使ったセルフサービスシステムやタブレット端末、3Dプリンタなどのテクノロジーを模索中だ。

「破壊的な顧客」への対応

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...