2014年07月07日 22時00分 公開
特集/連載

“納得感”のある人事目標管理(MBO)を、クレオが支援システム発売NEWS

多くの企業が導入する人事目標管理(MBO)については、目標設定や結果の評価が合理的でないなどの問題も指摘される。クレオマーケティングの人事目標管理システムはMBOプロセスの可視化を実現する。

[TechTargetジャパン]

 クレオマーケティングはビジネスプロセス管理システム「BizPlatform」上で稼働する人事目標管理(MBO)のテンプレートを開発し、人事目標管理システムとして発売すると7月3日に発表した。人事目標管理システムの価格は600万円から(税別、導入支援費用別)で、今後3年で50件の販売を目指す。

 MBOは、企業の戦略や方針に応じて個人が目標を設定し、業務の進捗などを管理する仕組み。経営方針の浸透や社員の自律的な業務改善、上長とのコミュニケーション促進などを目的に多くの企業が導入している。ただ、目標設定や結果の評価が合理的でなかったり、上長との面談、コミュニケーションが形式化するなどの問題も指摘されている。

【お知らせ】業務アプリのクラウド活用に関するアンケート調査

情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象にお伺いします。

【特典】アンケート回答者の中から抽選で3名さまに「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント


ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...