2014年08月21日 15時00分 公開
特集/連載

Nikeはクラウド展開も“JUST DO IT”、驚きの最先端計画とは?世界18カ所のデータセンターを仮想化統合

Nikeでは、世界各地に展開するデータセンターをつなぐ次世代のデータセンタークラウドとネットワークインフラを新たに構築している。ITの俊敏性と柔軟性を高め、同社の成長を支える仕組みとは。

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]

 大手スポーツ用品メーカーの米Nikeは、ビジネスと顧客のニーズの変化に応えるために、スケーラビリティの高い次世代のデータセンタークラウドとリテールネットワークインフラを新たに構築している。

 同社では、この新たなインフラを用いて、世界各地に展開する複数のデータセンターを仮想化する計画だ。一方で、新しいネットワークは、アプリケーションのパフォーマンスを改善し、ITの柔軟性を強化するとしている。

勝ち抜くために必要な「先進的で俊敏性の高いテクノロジー」

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。