2014年12月24日 08時00分 公開
特集/連載

保存寿命50年の光ディスクを使ったストレージ、パナソニックがデータセンター向けに発表「サーバ&ストレージ」ニュースフラッシュ

ストレージの事前検証に役立つ負荷テスト装置、EMCジャパンの新社長就任、日本HPのミッションクリティカル向けサーバ製品など、サーバ、ストレージに関連する最新のニュースをお届けします。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 サーバ、ストレージの新製品や導入事例を紹介する「サーバ&ストレージ」ニュースフラッシュ。ストレージの事前検証に役立つ負荷テスト装置、EMCジャパンの新社長就任、日本ヒューレッド・パッカード(HP)のミッションクリティカル向けサーバ製品など、さまざまなニュースがありました。

ストレージ性能の事前検証システムを販売、東陽テクニカ

 東陽テクニカが米Load DynamiX(旧SwiftTest)のストレージ性能検証システム「Load DynamiX」の国内販売と、同システムを活用した検証サービス「プロフェッショナルサービス」の提供を開始した。

photo Load DynamiX

 Load DynamiXは、負荷発生装置「Load DynamiX Performance Validation Appliance」(以下、Load DynamiXアプライアンス)、テスト設計/性能解析ソフトウェア「Load DynamiX Enterprise」で構成する。メール、データベース、VDI(デスクトップ仮想環境)、共有ストレージ環境などにおけるアプリケーション実行時の負荷を疑似的に発生させて、そのテスト結果を収集、解析。導入を検討しているストレージの事前検証に役立つ。

 Load DynamiXアプライアンスは搭載ポートの種類や数に応じて4機種を用意する。アプライアンス1台当たりの最大性能は360万IOPS(データサイズ4Kバイト時)。

  • 「1Gシリーズ」(1GbE<注>:最大8ポート)
  • 「10Gシリーズ」(10GbE:最大8ポート)
  • 「FCシリーズ」(4、6、16Gb FC<注>:最大8ポート)
  • 「Unifiedシリーズ」(10GbE:4ポート、FC:4ポート)

注 GbE:ギガビットイーサネット、FC:ファイバーチャネル

 FC対応版ではFC、SCSI、イーサネットポートではiSCSI、NFS、CIFS/SMB、HTTP/HTTPSなどのプロトコルでストレージと接続可能。加えて、クラウド基盤構築ソフト「OpenStack」の「Swift」、「Amazon S3」といったクラウドストレージのインタフェースを用意し、クラウド管理インタフェースの「CDMI」も利用できる。海外ではWebホスティングプロバイダーの米Go Daddy、米医療機関であるNew York-Presbyterian Hospitalなどが導入している。Load DynamiXアプライアンスは670万円(税別、以下同)。Load DynamiX Enterpriseのソフトウェアライセンスが320万円から(利用プロトコル数によって変動)。また、東陽テクニカが検証を請け負うプロフェッショナルサービス(標準テスト期間は10日)は、250万円から(発表:東陽テクニカ<2014年12月8日>)。

EMCジャパンの新社長に大塚俊彦氏が就任

photo EMCジャパンの大塚新社長

 2014年12月8日付でEMCジャパンの代表取締役社長に大塚俊彦氏が就任した。同氏は日本IBM、シスコシステムズ、日本オラクルで要職を務めてきた。同月10日の就任会見で、大塚氏は「モバイル、クラウド、ビッグデータ、ソーシャルといった『第3のプラットフォーム』をリードする企業として、今後EMCジャパンを“REDEFINE(新定義)”していく」と抱負を語った。以下の5点を方針として掲げた。

  • 顧客とのリレーションシップ
  • パートナー企業との協業
  • Best Place to Work(職場の働きやすさ向上)
  • グローバリゼーション
  • EMCブランドの価値向上

 また、「EMCの製品・サービスのポートフォリオは幅広いが、顧客やパートナーから見ると分かりづらい点がある。それらの特徴や優位性、当社ならではの価値をもっと分かりやすく伝えていきたい」と抱負を述べた。なお、前社長の山野 修氏は同日付でエグゼクティブアドバイザーに就任した。

ミッションクリティカル環境向けx86サーバを発表、日本HP

 日本ヒューレット・パッカード(HP)がミッションクリティカル環境向けサーバ「HP Integrity Superdome X」を発表。

photo HP Integrity Superdome X

 HP Integrity Superdome Xは、「Intel Xeon プロセッサー E7v2」製品群を最大16CPU(240コア)搭載でき、メモリは12Tバイトまで拡張可能。全てのCPUを同社独自のチップセット「XNC2」に接続することで、データ転送におけるCPU間のオーバーヘッドを解消する。また、独自の物理パーティション技術「nParsハード・パーティショニング・テクノロジー」を採用。一般的なソフトウェアパーティショニングと比べ、信頼性を示す平均故障間隔(稼働時間の平均)を20倍にした(Javaアプリケーションのベンチマークテスト「SPECjbb2013」を使用したHP DL980 G7との同社内比較)。

 また、現行の同社製x86サーバ「HP DL980 G7」(8ソケット)の最大9倍のパフォーマンスを持つという。さらに、メモリやプロセッサーのエラー訂正機能、メモリの耐障害性機能、PCIe(PCI Express)エラー回避機能などのRAS機能を備える。HP Integrity Superdome Xの販売価格は、2397万1000円(最小構成:税別)から(発表:日本HP<2014年12月9日>)。

サービスプロバイダー向けのクラウドバックアップサービスを提供

 アクロニス・ジャパンが、サービスプロバイダー向けのクラウドバックアップサービス「Acronis Backup as a Service」を提供開始した。このサービスは、以下3つのモデルで提供される(Service Provider Hostedの提供時期は未定)。

  • Acronis Hosted:アクロニスが日本国内のデータセンターを使用し、管理コンソールとバックアップ先のストレージを含めた全てのプラットフォームを提供する
  • Hybrid:管理コンソールをアクロニスが提供し、サービスプロバイダーが自社管理のストレージを提供する
  • Service Provider Hosted:サービスプロバイダーが管理するプラットフォームに管理コンソールや「Acronis Storage」を含めたアクロニス提供のシステム、ソフトウェアを提供する

 Acronis Backup as a Serviceではシステム全体のイメージバックアップ、ファイルバックアップ機能を持ち、データの復元はベアメタル/ファイル単位など選択できる。サービスプロバイダー向けにはグループ管理コンソール、エンドユーザー企業の管理者向けにはバックアップ管理コンソールを用意。ユーザー企業の利用料金は利用データ容量に応じた従量課金方式を取るが、エンドユーザー企業への提供価格はサービスプロバイダーが自由に設定することができるという(発表:アクロニス・ジャパン<2014年12月9日>)。

SCSKとNEC、協業によるVTL装置の販売を開始

 SCSKがメインフレーム向け仮想テープ装置(VTL)「HSVT3」の販売を開始した。HSVT3は、NECの重複排除ストレージ「iStorage HSシリーズ」と米Optica Technologiesが開発した仮想テープ装置コントローラー「zVT」を組み合わせた製品。IBMの「IBM 3490」や日立製作所の「H6488」などのテープ装置をエミュレーションし、バックアップデータをディスクストレージに保存する。

 HSVT3ではコントローラー、ストレージとも増設可能なスケールアウト型アーキテクチャを採用。コントローラー1台当たり最大256台までディスクを搭載でき、最大2.8P(ペタ)バイトまでストレージ容量を拡張可能だ。また、可変長ブロック方式の重複排除機能によってデータ容量を20分の1まで圧縮できる。さらに分散冗長化技術「Distributed Resilient Data」によってデータを分割して複数のHDDに分散配置することで、信頼性・耐障害性を高めている。

 SCSKによると、iStorage HSシリーズを採用することで、オープン系システムのバックアップ環境としても利用でき、レプリケーション機能によって遠隔レプリケーションによるDR(ディザスタリカバリ)対策も可能だという(発表:SCSK、NEC<2014年12月10日>)。

ミッドレンジ向けストレージ新製品を発表、日本HP

 日本HPがSAN(Storage Area Network)製品群「HP 3PAR StoreServ」のミッドレンジ向け新製品4機種を発表した。「HP 3PAR StoreServ 7200c」「同7400c」「同7440c」「同7450c」で、いずれも機種名の末尾に「Converged(統合)」を意味する「c」が付く。7440cは、オールフラッシュ用ストレージで最大ストレージ容量3.5ペタ(P)バイト、90万IOPSの性能を持つ。

photo HP 3PAR StoreServ

 HP 3PAR StoreServは、ストレージOSに搭載予定のソフトウェア「HP 3PAR File Persona」が搭載できる(2015年春提供予定)。HP 3PAR File Personaではブロック、オブジェクト、ファイルなど異なるプロトコルのストレージへのアクセスを1台で制御する。

 また、同時にデータ保護ソフトウェア「HP StoreOnce Recovery Manager Central(RMC)」を発表。3PAR StoreServと重複排除アプライアンス「HP StoreOnce Backup」との連係を容易にする。3PAR StoreServのスナップショット機能と連係し、HP StoreOnce Backupに直接データを移動する「Express Protect」機能を搭載する(発表:日本HP<2014年12月16日>)。

データセンターの長期保存向け光ディスクストレージ、パナソニック

 パナソニックは、光ディスクストレージ「データアーカイバー LB-DH8シリーズ」(以下、データアーカイバー)を発表した。2015年2月に受注を開始する(オープン価格)。

photo データアーカイバー(出典:パナソニック)

 データアーカイバーは、データ保存用光ディスクを格納する「データアーカイバーマガジン」と、マガジン移送装置「ボトムモジュール」、マガジン録再装置「ベースモジュール」、マガジン装着装置「拡張モジュール」の3種類のモジュール、マガジン管理ソフトウェアで構成する。ベースモジュールには1本当たり1.2Tバイトのデータ保存が可能なデータアーカイバーマガジンを76基搭載でき、1モジュール当たりの最大データ容量は91.2Tバイト。19インチの標準ラック当たりで7モジュールを収納でき、最大638.4Tバイトまでデータを保存可能。最大216Mバイト/秒のデータ転送性能を持つ。

 また、50年の保存寿命(パナソニック実施の試験結果)を持つ光ディスクを採用することで、定期的なデータ移し替えのコストが不要。さらに室温保管が可能なため、空調電力コストを抑えることでデータセンターでのデータ長期保存に掛かるトータルコストの削減にも役立つという。パナソニックは、新設や増床が相次ぐデータセンターでのデータ長期保存ニーズに応えられると説明する。価格はオープン(発表:パナソニック<2014年12月18日>)。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...