2015年10月27日 15時00分 公開
特集/連載

サイバー攻撃者の標的は「Facebook」や「Twitter」、情報漏えいはこうして起きている厳重に守られた金と守りが手薄な銀、あなたはどっちを選ぶ?

「Facebook」や「Twitter」などのソーシャルメディアで、サイバー攻撃者が個人情報を簡単に取得し、だます手口が増えている。この危険性は、企業にとっても関係ない話ではない。

[Olivia L. Eckerson,TechTarget]
Facebookの公式Webページ

 サイバー攻撃者がソーシャルメディア攻撃への関心を強めている。ユーザーの悪い習慣が原因で、こうした攻撃は個人情報を簡単に掘り起こし、無防備な被害者をだますための手段として利用されてきた。

 ソーシャルメディアのリスクは一般的にはコンシューマーの問題だ。だが、専門家によれば、攻撃者がネット上の個人情報の収集を狙い、高度なフィッシング攻撃を仕掛ける中で、そのリスクは企業ユーザーにも及ぶようになった。米セキュリティコンサルティング企業KRAA Securityの最高経営責任者(CEO)のギャリー・バハドゥル氏によると、多くのサイバー犯罪集団は「Facebook」や「Twitter」などのソーシャルメディアで簡単に個人をだまし、悪質なリンクをクリックさせている。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...