2016年12月04日 08時00分 公開
特集/連載

徹底入門:ノートPCに搭載するディスプレイのサイズと解像度「黄金比」の求め方後から変えられないから慎重に(1/3 ページ)

ディスプレイは、ほとんどあらゆるコンピュータにおいて中心的存在だ。本記事では、ノートPCの買い替えを検討する際に知っておくべきディスプレイの基本用語について解説する。

[Charles P Jefferies,TechTarget]

関連キーワード

IPS | ビジネスPC | モバイル端末


ディスプレイの選択で液晶駆動方式は重要な要素だ。IPS方式は精細で広い視野角を実現する(出典:パナソニック製品資料)

 どんなに高性能なCPUを搭載しようともどんなにシャシーを薄く軽くしたとしても、ユーザーが感じる使い勝手の良さに大きく影響するのはキーボードとディスプレイだ。デスクトップPCが主流の時代は、自分の好みや利用目的に合わせたディスプレイを選べた。合わないと思ったら変えることも簡単だった。

 しかし、ノートPC全盛となると本体と一体化したことでディスプレイの性能がその後の人生、とまでは言わないけれど、PCを使う時間(現代に生きる人々にとって、その時間は人生の多くの部分を占めるはずだ)を不愉快に過ごすことになるだろう。

 それだけに、購入するノートPCの選択においてディスプレイはCPUやストレージの容量、本体サイズと重さ、そして、最近重視するユーザーが増えているボディーデザインと同じ、もしくは、それ以上に検討を要する項目だ。

 ディスプレイの仕様を構成する項目は複数あるが、見ただけで分かるものと説明を読まないと気が付かないこと、そして、説明を読んだだけでは不十分で実物を見てようやく判明することがあるなど、その実像の把握は意外と難しい。

 そこで、この記事ではノートPCに搭載するディスプレイを評価するガイドラインとして、ディスプレイの仕様に関する基本情報を紹介する。なお、ここで提供する情報は主にユーザー視点で役に立つ内容に絞っているので、技術的な内容に興味を持った場合は、ディスプレイパネルを開発しているベンダーの技術解説を参照してみてほしい。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。