医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は特選プレミアムコンテンツガイド

米国では医療機関を狙うサイバー攻撃が1日に4000件も発生しているという。もはやサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。重要なデータを保護するために必要な要素を専門家が解説する。

2017年03月03日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は

 もはや、医療機関を狙うサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。米国では2016年初頭に、医療機関への攻撃は1日に約4000件発生していたという。

 医療機関のIT担当者は、他のサイバーセキュリティ脅威や攻撃と同様に、最善を尽くしてランサムウェア攻撃の発生を阻止しなければならない。だが、それと同じくらい重要なのは、医療機関がランサムウェア攻撃に遭った後に何ができるかを計画することだ。

 しかし、それでも攻撃を阻止できない場合はある。そのため、医療機関はランサムウェア攻撃を受けた後に、身代金を払わなくてもデータにアクセスできるよう準備をしておかなければならない。この際、鍵となるのは頻繁かつ継続的にデータのバックアップを取ることだ。

 本稿では、ランサムウェア攻撃の防御と、医療データを保護するためのアプローチを専門家が解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...