基礎から分かる、企業システムに求められるバックアップ5カ条製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第2回】(2/2 ページ)

2017年03月22日 09時00分 公開
[渥美秀彦伊藤忠テクノソリューションズ]
前のページへ 1|2       

4.バックアップデータの格納先

 続いてバックアップしたデータの格納先について説明する。バックアップデータの保存先はバックアップ取得元とは異なる環境(影響を受けない環境)へ保存することが大前提となる。バックアップしたデータを取得元のサーバに保存すると、そのサーバが壊れてしまった場合にバックアップデータもロストしてしまう可能性が高いからだ。これではせっかくバックアップしたデータが有事の際に利用できなくなってしまい、バックアップを取得した意味がなくなる。

 バックアップの格納先はさまざまだが、今日のITシステム環境においては次の格納先が主力になっている。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。