2017年10月29日 05時00分 公開
特集/連載

大型化だけではなくグラフィックスも強化「Surface Book 2」、Microsoftの今を詰め込んだ“全部盛りノート”の見逃せない点

前作Surface Bookから約2年、ついにSurface Book 2が発表された。15型ディスプレイとIntel第8世代プロセッサを搭載し、Windows Hello連動や高グラフィックスメモリなどMicrosoftの今が詰まった本製品を紹介する。

[Ed Hardy,TechTarget]

 Microsoft「Surface Book」の第2世代となる「Surface Book 2」が発表された。このデバイスは、Intelの最新型「Kaby Lake」Coreプロセッサを搭載し、タッチ画面は大型になっている。Surface Book 2は価格に見合う高級デバイスといえるだろう。

 Microsoftの「Surface Pro」とSurface Bookは、どちらもタブレットとノートPCを切り替えて使える2-in-1デバイスに分類されるが、両機種の強みは異なる。Surface Proモデルはタブレットだ。このタブレットにオプションのキーボードを取り付けるとノートPCに変わる。これに対してSurface BookモデルはノートPCだ。このノートPCからディスプレイを取り外してタブレットとして使用できる。

画像 15型と13.5型のSurface Book 2《クリックで拡大》

Surface Book 2の外観

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...