2017年11月02日 09時00分 公開
特集/連載

真のDRAM代替メモリとは 未来のITインフラで起こるメモリ技術の革新ハードウェアの転換期

未来のデータセンターにおけるDRAMの代替を探る動きが進んでいる。業界専門家によると、データセンターハードウェアには今後、数多くの革新がもたらされる見通しだ。

[Robert Gates,TechTarget]

関連キーワード

DRAM | 垂直統合


 現在の技術革新はソフトウェアが主役であり、ハードウェアの進歩はソフトウェアに覆い隠されている。だが未来のデータセンターでは、20年以上もデータセンターの根幹だったDRAM(dynamic random access memory)においてハードウェアの転換が起きる。将来に目を向けると、効率性の向上、永続性、コスト削減につながる多様な選択肢が存在する。

 そうしたイノベーションの幾つかについて、TechTarget ではDell Technologiesのグローバル技術戦略担当副社長ダニー・コッブ氏に話を聞いた。同氏はEMCの最高技術責任者(CTO)やDigital Equipmentのテクノロジストといった役職を歴任し、長年にわたる大きな変化を目の当たりにしてきた。今後のデータセンター計画についてITプロフェッショナルの注目を集める多様なインフラ技術について、同氏が解説した。

――コッブ氏はデータセンターにおけるシングルレベルセルからマルチレベルセルへのメモリ進化について講演してきた。未来のデータセンターではどんな技術が必須となるのか。

ダニー・コッブ氏 人工知能(AI)と機械学習技術を使ってインフラをリアルタイムで最適化する概念がある。われわれは、そうした新しいコンピューティングモデル(グラフィックス処理ユニット、テンソル処理ユニット、FPGA=field-programmable gate arrayなど)を、基本的にファブリック上で利用できるサービスと捉える動きに積極的にかかわっている。データセンターで利用できるリソースに照らして、機械学習やAI技術を使ってワークロードのスケジュールを立てる。3〜4年前まではどんなワークロードも、仮想化された均質なx86の均質な列の連続の上で実行されていた。それは均質なコンピューティングの世界だった。

 これに対して新しい世界が異種コンピューティングだ。それはオフロードエンジンであり、加速されたAIであり、データセンターにおいて動的にプログラミングされるFPGAでもある。インフラそのものがより多くの知識を取り込み、プラットフォームの進化に伴って、われわれはそのスタイルのインフラの進歩と、そのスタイルのコンピューティングおよびワークロードの進歩を目の当たりにする。

――クラウドコンピューティングに対するオンプレミスの答えは、分離と組み立て可能インフラにあるように思える。データセンターの未来はどうなるのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...