2018年08月13日 05時00分 公開
特集/連載

ディスクベースのバックアップ最新動向 想像を超える2つの新機能とはインスタントリカバリーと仮想ラボ作成

昨今ディスクベースのバックアップ製品には、リカバリーを高速かつ容易にする新しい機能が追加されるようになった。IT部門は、仮想マシンのインスタントリカバリーと仮想ラボの機能を活用すべきだ。

[Brien Posey,TechTarget]

 ディスクベースのバックアップはもともと、バックアップに必要な時間を短縮する方法として設計された。ところが近年の進化の結果、以前は想像もできなかった機能が追加されるようになった。

 静的バックアップまたは圧縮バックアップの実行には相当の時間が必要で、増加し続けるデータのバックアップに持続的に対処することには適していない。また、夜間のテープバックアップは、24時間ごとにリカバリーポイントが作成されるため、リカバリーが必要になった場合、直近のリカバリーポイントの作成以降に蓄積された全てのデータ(最大1日分のデータ)が失われる可能性がある。ディスクベースのバックアップはリアルタイムでデータを保護するため、これらの両方の課題を克服する。

仮想ラボ作成機能とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...