2018年09月09日 05時00分 公開
特集/連載

ダイヤルアウトとシングルサインオンが可能に「Amazon Chime」アプリが機能拡充、AWSのコラボツールへの本気度は?

クラウドを利用したオンライン会議アプリ「Amazon Chime」がダイヤルアウトとシングルサインオンの機能を追加した。しかし、競合する「Cisco Webex」や「Zoom」にはまだ後れを取っている。

[Jonathan Dame,TechTarget]
Amazon Chime(出典:Amazon Web Services)《クリックで拡大》

 Amazon Web Services(AWS)はオンライン会議アプリ「Amazon Chime」の機能を徐々に充実させ、企業の関心を集めようとしている。

2018年8月にはダイヤルアウト機能を追加し、会議が始まるときに電話番号で着信を受けて参加できるようになった。これでどこにいても簡単に会議に参加できる。

 同じく2018年8月に、Amazon Chimeとシングルサインオンベンダー大手Oktaのソフトウェアの統合も発表した。Oktaの機能は企業で使う各種アプリのユーザー名とパスワード情報を集約するため、ユーザーは1組のサインオン資格情報を覚えるだけで済む。

 2018年7月には、Amazon Chimeのビデオ会議を「Google Chrome」で実施できるようにした。メッセージング機能やビデオ会議以外の会議機能のほとんどはどの主要ブラウザでもサポートしているが、Amazon Chimeのビデオ会議をサポートするインターネットクライアントはChromeだけだ(デスクトップアプリをインストールすることもできる)。

 Nemertes Researchのアナリスト、アーウィン・レイザー氏は「こうした変更は、AmazonがZoomやBlueJeans、GoToMeeting、Cisco Webexなどに対抗するための段階的機能強化だ」と見ている。

 現時点ではブラウザ内ビデオ会議機能のサポートは全てのオンライン会議システムに期待されており、シングルサインオン機能は多くの大企業にとって不可欠の機能だ、と同氏は指摘する。

コラボレーション市場のシェア拡大を狙うが

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...