2018年10月12日 05時00分 公開
特集/連載

障害者向けAIアプリ開発を促進する「AI for Accessibility」の可能性開発者には好感触

Microsoftが2500万ドルを投じたこのプロジェクトは開発者の支持を得て、障害のある人々の役に立つアプリケーションの構築に乗り出すソフトウェアメーカーを後押しするだろう。

[Darryl K. Taft,TechTarget]

 ソフトウェアの開発者は、Microsoftが後押しする人工知能(AI)テクノロジーの道徳的な利用と責任あるコンピューティングの推進に好意的な反応を示している。

 「AI for Accessibility」は全世界10億人以上の障害者向けにAIアプリケーションの開発を促進する5年間のプログラムで、Microsoftはこれに2500万ドルを投じている。このプログラムは、Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」で実行される障害者向けの革新的なAIアプリケーションを作成する開発者への助成金や投資で構成される。

 開発者向け年次カンファレンス「Build 2018」の基調講演でMicrosoftのサティア・ナデラCEOは次のように語った。「優れたユーザーエクスペリエンスやUIと同様、優れたAIが必要だ。AIを一流のエンジニアリング分野に引き上げ、将来にとって適切な選択が行われるようにする必要がある」

生活を向上させるAIアプリケーション

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...