2018年12月17日 05時00分 公開
特集/連載

WorkdayがAdaptive Insights買収で実現を目指す「人事と財務のデータ統合」まずは「外部の支援ありき」の統合から

WorkdayがAdaptive Insightsを買収した。これにより、人事と財務のデータを1つのモデルに組み合わせることができる。この統合には今のところ外部の支援が必要かもしれない。だが、いずれはその点も改善されるだろう。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

Workday | 経営 | 人事


画像 人事と財務のデータ統合で何が生まれる?

 クラウド型人事(HR)システムを提供するWorkdayはAdaptive Insightsを15億5000万ドルで買収した。Workdayは早速この買収を生かし、HRと財務のデータを1つに組み合わせる機能を提供している。この新機能は、2018年10月初旬に「Workday Rising」カンファレンスで発表された

 Adaptive Insightsは、予算の管理や予測分析、計画立案を支援する「企業業績管理システム」を開発している。Workdayを使うユーザーはHRと予算管理を合わせたモデルを作成できるようになる。

 だが、2つのプラットフォーム間でのデータ統合を目指すWorkdayの計画は進行途上にある。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...