2019年01月09日 05時00分 公開
特集/連載

人事担当者が語る、成功する採用戦略優秀な人材を獲得する 採用マーケティングを高める6つのポイント

求職者が主導する売り手市場では、最高の人材の獲得は困難を極める。人材獲得競争に勝つための、採用マーケティング戦略の6つのポイントを説明する。

[Pam Baker,TechTarget]

関連キーワード

経営 | マーケティング | 人事


photo

 現在の雇用市場は応募者主導の売り手市場だ。そのため空席が出た職務を埋めるのは不可能に思えるかもしれない。

 新しい時代には新たな手法が求められる。現在のHR(人事)部門は、効果が高いマーケティングキャンペーンを展開している観光ビジネスの広告代理店のように振る舞う必要がある。採用活動では、旅行先が自社に変わるだけだ。こうした応募者を引き付ける手法を本稿では「採用マーケティング」と呼ぶ。HR部門の責任者や採用チームにはこの採用マーケティングが必須になる。

 「採用担当者は、いまだに求人掲示板に欠員募集をやみくもに掲載し、適格な候補者が応募してくるのを期待している。しかし『求人広告を掲載して応募者が来るのを祈る』スタイルの採用手法は信頼できない」と話すのは、Allegis Groupで企業戦略とマーケティングのエクゼクティブ・ディレクターを務めるレイチェル・ハリスラッセル氏だ。

 採用マーケティング戦略は、積極性が極めて高い採用戦略だ。

 「採用マーケティング戦略とは、自社の文化を目に見える形にし、最高の人材を引き付ける手法だ」というのは、セルフサービスSEOツールのプロバイダーMarketGooのCEOウエンセス・ガルシア氏だ。

 自社に合わせた採用マーケティング戦略を立てる方法はたくさんある。本稿では、この戦略の基礎を築く重要な手順を6つ紹介する。

1.自社が才能を発揮できる場所であると売り込む

 観光事業のマーケティングの例に戻ろう。カリフォルニアに行きたい旅行者とアイスランドに行きたい旅行者に同じキャンペーンを実施しても、魅力を感じてもらえないだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...