2018年04月26日 09時00分 公開
特集/連載

人事部門が企業の戦略的なパートナーに「企業のビジネスを先導するのは人事」を裏付ける4つのトレンド (1/2)

採用がますます売り手市場になるにつれて、人事向けの技術の展望は急激に変化し、人事担当者はその役割を根本から変えざるを得なくなっている。

[Pam Baker,TechTarget]
画像 従業員エクスペリエンスの鍵は人事が握っている

 人事業界に変革が起ころうとしている。それは、景気の改善や労働力人口の変化、技術の進歩がもたらすかつてないディスラプション(創造に向けた破壊)だ。

 業界動向を調査する専門家(industry watchers)が、人事の業務を企業で最も“熱い”仕事に変える4つのトレンドについて語る。

人事プロフェッショナルの未来は戦略次第

 人事担当者は、これまで従業員を必要に応じて雇用、維持、解雇するために必要な多種多様な仕事を担当するゼネラリストであった。現在では、新たな技術を利用できる機会が大幅に増え、人事担当者は自社の競争力を高めるサポートの役割を担っている。

 「技術はもはや人事部門の障害とはならない」とコンサルティング会社であるInformation Services Groupのパートナー兼アナリストのデブ・カード氏は語る。彼女は、技術は障害にはならず、むしろ技術がセルフサービス(ここではアカウント処理などを人事ではなく従業員が自ら実施できる仕組みのこと)やロボットによるプロセスの自動化によって、付加価値のない仕事の自動化をますます担うようになるという。このため、人事部の統括者や統括者が率いるチームはそれらの仕事から解放され、企業の戦略的なパートナーになれると指摘した。

 「こうなると、SaaS(Software as a Service)への移行によって人事担当者はニーズに、素早く対応できるようになり、IT担当者への依存度が下がる」(同氏)

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。