2019年02月14日 05時00分 公開
特集/連載

レガシーデータへの対処がポイントビジネス変革プロジェクトを成功させる 「短期的解決策」と「長期的解決策」

ビジネス変革には強固なデータ基盤が必要だ。本稿では、データ品質に関する問題の短期的解決策と、データ品質向上に向けた長期的アプローチの基礎を専門家が紹介する。

[Dan Morris,TechTarget]
画像 データを見つめれば答えが見えてくる?

 データ基盤の整っていない企業のCIO(最高情報責任者)が大掛かりなビジネス改善を実施することは、果たして可能だろうか。

 答えは明らかに「できない」だ。しかも、IT部門の抱える問題の大半と同様に解決が難しい。

 現在、ビジネス変革プロジェクトを進めているCIOが手を焼いているのは恐らくレガシーシステムだろう。こうしたシステムは、かつて最先端と見なされていた。そして、以前CIOが従うことを求められていたデータ管理のレガシーな手法は、当時ベストプラクティスと考えられていた。

 こうしたベストプラクティスの多くは、その場しのぎの手法にすぎなかったことが時間によって証明されている。その証拠に、企業にはレガシーアプリケーションとそれに関連するデータベースが非常に多く存在しており、大掛かりなビジネス変革の足かせになっている。ほぼ全ての企業では質の悪いデータが問題になっている。ビジネスユーザーはレポートに含まれるデータの質や完全性、流通について信頼できない状態だ。

 このように企業データへの信頼性が低い状況で、ビジネスマネジャーやスタッフがビジネス変革プロジェクトを立ち上げ、信頼できる結果を導き出すにはどうすればよいだろう。

信頼できる結果を出すには

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...