2019年02月14日 05時00分 公開
特集/連載

レガシーデータへの対処がポイントビジネス変革プロジェクトを成功させる 「短期的解決策」と「長期的解決策」

ビジネス変革には強固なデータ基盤が必要だ。本稿では、データ品質に関する問題の短期的解決策と、データ品質向上に向けた長期的アプローチの基礎を専門家が紹介する。

[Dan Morris,TechTarget]
画像 データを見つめれば答えが見えてくる?

 データ基盤の整っていない企業のCIO(最高情報責任者)が大掛かりなビジネス改善を実施することは、果たして可能だろうか。

 答えは明らかに「できない」だ。しかも、IT部門の抱える問題の大半と同様に解決が難しい。

 現在、ビジネス変革プロジェクトを進めているCIOが手を焼いているのは恐らくレガシーシステムだろう。こうしたシステムは、かつて最先端と見なされていた。そして、以前CIOが従うことを求められていたデータ管理のレガシーな手法は、当時ベストプラクティスと考えられていた。

 こうしたベストプラクティスの多くは、その場しのぎの手法にすぎなかったことが時間によって証明されている。その証拠に、企業にはレガシーアプリケーションとそれに関連するデータベースが非常に多く存在しており、大掛かりなビジネス変革の足かせになっている。ほぼ全ての企業では質の悪いデータが問題になっている。ビジネスユーザーはレポートに含まれるデータの質や完全性、流通について信頼できない状態だ。

 このように企業データへの信頼性が低い状況で、ビジネスマネジャーやスタッフがビジネス変革プロジェクトを立ち上げ、信頼できる結果を導き出すにはどうすればよいだろう。

信頼できる結果を出すには

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。