期待にはまだ届かない人工知能(AI) それでもビジネスに導入するには使い方を誤れば判断ミスを増やす恐れ

人工知能(AI)技術は万能薬ではない。ビジネスにAI技術を利用するのであれば、その限界を知っておく必要がある。AIを有効活用するためのシステム構築のポイントについて説明する。

2019年03月07日 05時00分 公開
[Ed BurnsTechTarget]
photo

 人工知能(AI)技術への期待は非常に高い。人々はAIが文明を変えると予想している。GoogleのCEOサンダー・ピチャイ氏は、2018年の始め、AIが電気や火の発見よりも大きな影響を及ぼすことを期待していると話した。

 長い目で見れば、ピチャイ氏のAIへの予測は実現するかもしれない。しかし実際には、ビジネス運用へのAI技術の影響についての企業の期待は沈静化している。

 特にこの分野の専門家は、現在のAI技術の限界を意識するよう呼び掛けている。AI技術に頼り過ぎると、ビジネス上重大な問題につながる恐れがあるという。

 「現状データ分析へのAI活用について過剰に宣伝されているが、データの利用方法に注意しなければならない」と話すのは、Liberty Mutual Insuranceで企業戦略および研究部門のマネージングディレクターを務めるディクシャ・ジョシー氏だ。

機械学習はビジネスの指針にならない

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...