2019年04月23日 05時00分 公開
特集/連載

特徴と限界を見極めるヒントVDIパフォーマンス監視ツールを比較 「ControlUp」「eG」「Goliath」の違いは

VDIのパフォーマンス監視ツールを選択する際は、各ツールに固有の機能と限界を理解する必要がある。「ControlUp Real-Time」「eG Enterprise」「Goliath Performance Monitor」の3つを取り上げ、特徴を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
画像

 仮想デスクトップインフラ(VDI)は年月を重ねるにつれてますます複雑化している。配備したVDI全体の状態とパフォーマンスを評価する唯一の方法は、エンドポイント、ハイパーバイザー、仮想デスクトップなどを全て監視することだ。

 VDIのパフォーマンス監視ツールは長年にわたって使われてきた。こうしたツールは一般的に、さまざまなVDIコンポーネントの重要なパフォーマンス指標を監視して、エンドユーザーの状態をIT部門にフィードバックする。

 IT管理者が配備済みのVDIをエンドツーエンドで監視するためのツールには多くの選択肢がある。ベンダーによってVDIパフォーマンス監視ツールには大きな違いがあるため、IT担当者は複数のツールを評価して、どのツールが組織にとって最適かを判断する必要がある。本稿は3つの監視ツールを例に挙げ、それぞれの特徴を紹介する。

  • ControlUp Real-Time
  • eG Enterprise
  • Goliath Performance Monitor

ControlUp Real-Time

 ControlUp Technologies(以下、ControlUp)が販売する「ControlUp Real-Time」のインタフェースは、サーバリソースをCPU使用率、メモリ消費量、ディスク転送速度などの指標で色分けし、パフォーマンスチャートやスプレッドシートの形式で表示する。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

平成の消費に影響を与えたものは「スマホ」「ネット通販」「PC」――博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」
博報堂生活総合研究所が実施した「消費1万人調査」より、「平成の消費観・消費行動に影響...

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...