2019年11月28日 05時00分 公開
特集/連載

「クラウド移行」と「現状維持」 オンプレミス支持者が選ぶべきはどっち?クラウド移行の是非を問う【後編】

これまでオンプレミスで製品を提供してきたベンダーの間で、クラウド事業にかじを切る動きが目立ち始めている。「クラウドかオンプレミスか」を判断するには、この点も考慮に入れる必要がある。

[Brian Kirsch,TechTarget]

関連キーワード

IaaS | パブリッククラウド


画像

 クラウド分野に注力しているベンダーは少なくない。ベンダーがオンプレミスから離れる動きは、クラウド移行を望まないIT管理者にとっては危険信号になる。ベンダーがクラウドのユーザー企業を重視すれば、その結果としてオンプレミス分野は手薄になり、オンプレミス製品に新たな機能やサービスが追加される頻度が減少する可能性があるからだ。

 特に監視ツールには注意する必要がある。監視ツールを提供するベンダーがクラウド重視の姿勢を強めるにつれて、例えばオンプレミスのサーバOS「Windows Server」をサポートする監視ツールが減少し、最適な監視ツールを見つけられなくなる可能性がある。実際、かつて利用できたログ収集ツールが利用できなくなっているケースが発生しているのだ。現状、新たに登場する監視ツールのほぼ全てがSaaS(Software as a Service)形式になっている。そして、この動きは始まりにすぎない。

ベンダーがクラウドにシフトする中、企業が取るべき選択は

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

ファイザーCEOが語る企業文化 コロナ禍から世界を救う製薬会社が重視する4つのコアバリュー
新型コロナウイルスワクチンの開発で一躍脚光を浴びることとなったファイザー。不可能を...

news012.jpg

「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年5月)
2021年5月も国内マーケティングオートメーション(MA)市場は順調に成長しています。「Sa...

news035.jpg

日本のエンターテインメント&メディアビジネスが「サブスク」の時代に生きる道とは?
メディアの時代からコンテンツの時代へ。コロナ後のエンターテインメント&メディア業界...