2019年11月28日 05時00分 公開
特集/連載

「クラウド移行」と「現状維持」 オンプレミス支持者が選ぶべきはどっち?クラウド移行の是非を問う【後編】

これまでオンプレミスで製品を提供してきたベンダーの間で、クラウド事業にかじを切る動きが目立ち始めている。「クラウドかオンプレミスか」を判断するには、この点も考慮に入れる必要がある。

[Brian Kirsch,TechTarget]

関連キーワード

IaaS | パブリッククラウド


画像

 クラウド分野に注力しているベンダーは少なくない。ベンダーがオンプレミスから離れる動きは、クラウド移行を望まないIT管理者にとっては危険信号になる。ベンダーがクラウドのユーザー企業を重視すれば、その結果としてオンプレミス分野は手薄になり、オンプレミス製品に新たな機能やサービスが追加される頻度が減少する可能性があるからだ。

 特に監視ツールには注意する必要がある。監視ツールを提供するベンダーがクラウド重視の姿勢を強めるにつれて、例えばオンプレミスのサーバOS「Windows Server」をサポートする監視ツールが減少し、最適な監視ツールを見つけられなくなる可能性がある。実際、かつて利用できたログ収集ツールが利用できなくなっているケースが発生しているのだ。現状、新たに登場する監視ツールのほぼ全てがSaaS(Software as a Service)形式になっている。そして、この動きは始まりにすぎない。

ベンダーがクラウドにシフトする中、企業が取るべき選択は

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...