2020年08月05日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドバックアップ「BaaS」選びを失敗させる“あの問題”とは「BaaS」の利点と課題【後編】

「BaaS」はバックアップのコストや作業負荷を軽減してくれる。だが選び方によっては想定外の問題に直面する可能性がある。BaaSの選定時に注意すべき点とは。

[John Edwards,TechTarget]

関連キーワード

Office 365 | バックアップ | ストレージ


 IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)といったクラウドサービスに業務システムを移行する動きが拡大している。「クラウドサービスはデータのバックアップ手段が自動的にバンドルされていると考えがちだ」と、コンサルティング企業EisnerAmperのラーフル・マハナ氏は述べる。

 あらゆるクラウドサービスに、十分なバックアップ機能が付いているわけではない。クラウドサービスに対する誤解は大惨事につながりかねない。「ベンダーが用意している契約条件を細部まで読み、ユーザー企業自らがリスクに対処することが重要になる」とマハナ氏は助言する。バックアップ機能の不足を補う手段として役立つのが、バックアップをサービスとして利用する「BaaS」(Backup as a Service)だ。導入や運用の負荷を抑えてバックアップを導入できるBaaS。ただし利用や選定の際には、注意すべき問題が幾つかある。

BaaS選びで見落としてはいけない問題

 「as a Service」型のサービスを利用する際の問題点は「ベンダーへの依存だ」と、ソフトウェアのレビューを手掛けるSelect Software ReviewsでCEO(最高経営責任者)を務めるフィル・ストラズーラ氏は指摘する。BaaSの場合、ベンダーが倒産すると、バックアップデータを別のデータセンターに迅速に移行しにくくなる恐れがある。「BaaSは機密データをクラウドサービスに保存することになるため、セキュリティの問題も忘れてはならない」。ITコンサルティングを手掛けるInfosysのアナント・アドヤ氏はそう指摘する。

 BaaSベンダーは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大する中で新規顧客が増えると期待している。ただしBaaSを導入する企業は、BaaSベンダーとの契約に慎重かつ用心深く向き合う必要がある。調査会社Info-Tech Research Groupのカルミ・レビー氏は「ベンダーが選ぶベストプラクティスに従う必要がある」と助言する。それを怠ると「データ損失やデータ漏えいの余計なリスクを背負う可能性がある」とレビー氏は言う。

 レビー氏はBaaSベンダーを選定中の企業に対して、ユーザー企業を満足させているベンダーを探すことを提案する。「ベンダーに対してユーザー企業からの推薦状を要求する。そのユーザー企業に良かった点とそうでない点を詳しく聞くべきだ」(同氏)

 BaaSにはさまざまなメリットがあるが、複雑化が進むストレージの運用管理の問題を解決する特効薬になると考えてはいけない。BaaSはストレージのニーズ全てに対処できるわけではない。バックアップの根本的な問題を魔法のように解決するものではないのだ。バックアップの分野でBaaSへの投資を検討する際は、この点に留意する必要がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...