2020年12月10日 05時00分 公開
特集/連載

「スマートフォン」を買ってから後悔しない選び方の鉄則スマートフォン、ノートPC、プリンタを賢く選ぶ【前編】

従業員が毎日使うスマートフォンの性能は生産性に直結する。時代の変化に伴い、従業員それぞれの働き方に適したスマートフォンの選定プロセスは複雑化しているものの、「不動の鉄則」はある。それは何か。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

ビジネスPC | モバイルデバイス


 ノートPCやスマートフォンといったデバイスを業務で使うことは、今日のビジネスパーソンにとって当たり前になった。企業の生産性は、どのようなデバイスを選ぶかによって上がりも下がりもする。

 考慮すべきフォームファクター(形状や大きさ)や機能は多岐にわたる。そのためIT部門は、デバイスを支給する際に、またはデバイスの購入を承認する前に、従業員のニーズを注意深く検討することが重要だ。こうしたデバイスの選択プロセスは複雑化している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴い、オフィスワーカーのテレワーク移行が進んでいるからだ。

スマートフォン選び「不動の鉄則」

 今や一部のスマートフォンは1000ドル以上の価格帯のものもあり、選定プロセスはコストを考慮する必要がある。従業員が電話やメール、最小限のWebアプリケーションの利用といった用途にしかスマートフォンを使わないのであれば、手ごろな価格のスマートフォンで効果的に仕事できるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...