「スマートフォン」を買ってから後悔しない選び方の鉄則スマートフォン、ノートPC、プリンタを賢く選ぶ【前編】

従業員が毎日使うスマートフォンの性能は生産性に直結する。時代の変化に伴い、従業員それぞれの働き方に適したスマートフォンの選定プロセスは複雑化しているものの、「不動の鉄則」はある。それは何か。

2020年12月10日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

ビジネスPC | モバイルデバイス


 ノートPCやスマートフォンといったデバイスを業務で使うことは、今日のビジネスパーソンにとって当たり前になった。企業の生産性は、どのようなデバイスを選ぶかによって上がりも下がりもする。

 考慮すべきフォームファクター(形状や大きさ)や機能は多岐にわたる。そのためIT部門は、デバイスを支給する際に、またはデバイスの購入を承認する前に、従業員のニーズを注意深く検討することが重要だ。こうしたデバイスの選択プロセスは複雑化している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴い、オフィスワーカーのテレワーク移行が進んでいるからだ。

スマートフォン選び「不動の鉄則」

 今や一部のスマートフォンは1000ドル以上の価格帯のものもあり、選定プロセスはコストを考慮する必要がある。従業員が電話やメール、最小限のWebアプリケーションの利用といった用途にしかスマートフォンを使わないのであれば、手ごろな価格のスマートフォンで効果的に仕事できるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...