2021年09月21日 05時00分 公開
特集/連載

“不快なZoom”“嫌なTeams”をなくす「パーソナルWeb会議デバイス」の選び方パーソナルWeb会議デバイス、どう選ぶか

Web会議デバイスを会議室にだけ導入するのは、テレワーカーのニーズを無視している。検討すべきは、個別の従業員が扱う「パーソナルWeb会議デバイス」の導入だ。どのような点を評価して選ぶべきなのか。

[Irwin Lazar,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が始まって以来、「Zoom」や「Microsoft Teams」をはじめとするWeb会議ツールは従業員の共同作業のために、なくてはならないものとなった。企業の間では、オフィスへの回帰や、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」への移行を計画する動きがある。ITリーダーは従業員がどこにいても、優れたWeb会議体験を提供しなければならない。

 Cisco Systems 、DTEN 、Logitech 、Neatframe 、Poly(Plantronics) などのWeb会議用デバイスベンダー各社は、個別の従業員が利用する「パーソナルWeb会議デバイス」を提供している。オフィスワーカーとテレワーカーの両方のニーズに応えるためだ。その中にはスタンドアロンカメラやオーディオ内蔵ビデオバー(ビデオカメラ、マイク、スピーカーを搭載したデバイス)、オールインワンデバイス(ディスプレイ、ビデオカメラ、マイク、スピーカーを搭載したデバイス)などが含まれる。こうしたパーソナルWeb会議デバイスは概して、ノイズキャンセル機能や周囲光に応じた自動ビデオ調整機能、リモートデバイス管理機能といった比較的高度な機能を備える。

プレミアムコンテンツ(無料PDFブックレット)

Zoomだけじゃない、コロナ対策に役立つITツールとは?《クリックで無料ダウンロード》

新型コロナウイルス感染防止策として、組織の間でテレワークを取り入れる動きが広がっている。そこで役立つITツールにはどのようなものがあるのか。テレワークを進める上での課題とは。

ダウンロードはこちら

失敗しない「パーソナルWeb会議デバイス」の選定ポイント

  パーソナルWeb会議デバイスを評価するとき、IT部門は次の点を考慮するとよい。

1.従業員がどのくらい頻繁にWeb会議をするか

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...