2021年10月24日 08時30分 公開
特集/連載

女子に人気のSTEM科目は「コンピュータ」「数学」「物理」ではなく“あの科目”コンピューティングと女子の関係【中編】

2021年夏の英国GCE A Level試験では、コンピューティングを含むSTEM科目の受験者数に男女間の差異が見られた。男子や女子は、それぞれどのような科目を主に選択したのか。

[Clare McDonald,TechTarget]

関連キーワード

EdTech | 教育 | 教育IT | プログラミング


 2021年夏は前年同期と比べて、英国の大学入学資格「Advanced Level General Certification of Education」(GCE A Level)の試験科目である「コンピューティング」を受験する女子の割合が増えた。コンピューティングはプログラミングや情報リテラシーなど、コンピュータの動作原理や活用方法に関する幅広い知識を教える科目だ。

 それでもコンピューティングが、女子よりも男子に人気がある科目であることは変わらない。

STEM人気に男女差 女子は「コンピューティング」よりも“あの科目”に関心

 GCE A Levelの試験で、コンピューティングを受験する学習者数が、2021年夏には男女ともに前年同期比で増加した。2021年夏は、英国で合計1万3829人の学習者がGCE A Levelのコンピューティングを受験した。受験者数は2020年夏の1万2428人よりも増えた。

 2021年夏にコンピューティングを受験した女子の数は、男子よりもはるかに少ない。2021年夏にGCE A Levelのコンピューティングを受験した男子は1万1798人だったのに対して、女子はわずか2031人だった。コンピューティングを受験する女子の数自体は、2020年夏の1797人から増えている。それでも男子の受験者数には遠く及ばない。

 男子と比べて女子のコンピューティング受験者数が少ないのは、数学や物理など他のSTEM(科学、技術、工学、数学)科目と同様の傾向だ。例えば他のSTEM科目のうち、2021年夏には数学の受験者数が男子は5万9674人、女子は3万8016人だった。物理は男子が3万1290人だったのに対して、女子は9451人にとどまった。

 全体的には女子のSTEM科目受験が十分に進んでいるとは言えないものの、例外はある。2021年夏における化学と生物の受験の受験者は、男子(それぞれ2万7254人、2万5416人)よりも女子(それぞれ3万2724人、4万4639人)の方が多かった。


 STEM科目の受験者数に、なぜ男女間ギャップが生じるのか。後編はその理由と、ギャップ解消に向けた取り組みを紹介すする。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

半熟チーズケーキ、半熟カステラの次に来るのは? クックパッド「食トレンド予測2022」
キーワードは「新感覚」。2022年に流行の兆しが見えてきた食・料理は?

news115.jpg

レクサスが欧州で展開した「視聴者の顔色」を見てパーソナライズする広告について
トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが欧州で展開した「Feel Your Best」キャンペーンは...

news068.jpg

Criteoが考えるサードパーティーCookie廃止後のデジタル広告
サードパーティーCookie廃止は広告プラットフォーム事業者にとって大きな転換点となる。...