2022年01月13日 05時00分 公開
特集/連載

「テープ」が大容量化でHDDを置き去りに? 10年で数十倍増も実現か見直される「テープ」の存在【後編】

日々さまざまなデータを扱う中で、企業が保管するデータは増える一方だ。こうした中でデータ保管用のストレージとして進化を続ける「テープ」の注目点を紹介する。

[遠藤文康,TechTargetジャパン]

関連キーワード

LTO | ストレージ


 「テープ」は過去の技術として捉えられがちだが、実は最新のテープは注目に値する進化を遂げている。法人向けストレージの現代のデファクトスタンダードになっているのは、第1世代が2000年に登場した「LTO」(リニアテープオープン)。Hewlett Packard Enterprise(HPE)、IBM、Quantumが構成する業界団体「LTO Program Technology Provider Companies」(以下、TPCs)が規格を策定しており、2020年に登場した「LTO-9」が最新版だ。

 2010年に登場した「LTO-5」以降の規格はファイルシステム技術「LTFS」(リニアテープファイルシステム)を採用。LTFSは「Windows」「Linux」などの主要OSからデータをファイル形式で操作したり、ファイル単位でデータを移動させたりできるので、コールドデータ(利用頻度が極めて低いデータ)のアーカイブ用途としてより活用しやすくなっている。コールドデータ向きであるテープの特性については前編「『テープ』復活は確実か? 認めざるを得ない“実は古くない”ストレージの利点」で紹介している。

 これから注目すべき動向の一つは大容量化だ。テープカートリッジを製造する富士フイルムの記録メディア事業部長、武富博信氏は「平均して年率30%ほどの大容量化が見込める」と話す。LTO-9の容量(非圧縮時)が1巻当たり18TB(圧縮時は45TB)であることを前提にすると、2030年ごろには1巻で数百TBが実現することになる。それほどの大容量化がなぜ可能なのだろうか。

テープの大容量化のペースはHDD以上 なぜそれが可能なのか

 テープと同様にアーカイブ用に使われることもあるHDDの大容量化も年々進んでいる。2021年にSeagate Technology、Western DigitalなどHDDベンダーが容量20TBの製品を発表した。ベンダー各社のロードマップによれば、2020年代後半には50TBのHDDが登場する見込みだ。

 LTOは、第1世代「LTO-1」の容量(非圧縮時)100GBに始まり、新世代が出るたびに容量をほぼ倍増させてきた。TPCsは「LTO-12」までのロードマップを公表しており、LTO-12の容量(非圧縮時)は144TB(圧縮時360TB)となる。2、3年のペースで新規格が出ている事実を前提にすると、LTO-12製品が出るのは2030年手前ごろだと想定でき、容量増加のペースはHDDを上回ることになる。

 幅12.65ミリのプラスチックフィルムに磁性体を塗布し、そこにデータの記録領域であるトラックを並べたものがLTOテープの基本構造となっている。これを前提にして、武富氏はテープの容量を増大させる方法について「磁性体の微粒子化」「トラック数の増加」「テープの薄膜化(テープ長の長尺化)」の3つの掛け合わせだと説明する。

 富士フイルムはIBMと共同で、1巻当たり容量580TB(非圧縮時)を実現する新技術を2020年12月に発表した。富士フイルムのLTO-9のテープカートリッジは磁性体に「バリウムフェライト」(BaFe)を使用している。これに対して新技術は、磁性体としてより磁気特性が高く微粒子化も可能な「ストロンチウムフェライト」(SrFe)を使用することで、大幅な容量増大につなげている。LTOのどの世代でこの新技術を使用するかは決まっていないものの、既に量産化のめどは立っているという。

 同様に、ソニーグループ(LTOテープの開発、製造、販売はソニーストレージメディアソリューションズ)も2017年8月に約330TBの容量(非圧縮時)を実現する技術を発表した。同社によれば、この新技術の実用化に向けた取り組みを継続中だ。

LTOテープの「データ転送速度」は高速

 容量以外にもテープの注目すべき進化はある。LTO-9のデータ読み書きそのものに影響する「データ転送速度」は400MB/秒(非圧縮時)となっている。Seagate Technologiesが2021年に出荷を開始した容量20TBのHDD製品のデータ転送速度は最大285MB/秒なので、これと比べればデータ転送速度はLTOテープの方が速い。

 ただしテープは“遅い”技術だと一般的に考えられている。これはテープドライブとテープカートリッジが分離した仕組みであることから、データへのアクセス速度(データ読み書きの準備が整うまでの時間)がSSDやHDDよりも遅くなるためだ。テープはあくまでも、コールドデータをより安価に保管することに適したストレージ。SSDやHDDから古くなったデータを切り出してテープにアーカイブすることが有効な使い方だと言える。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...